アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター
 開設2000.12.05 更新2019.10.12


自然と人情ふれあいの山々
「遥かなる山の呼び声」

しい自然とのふれあい、温かい人との出会いを楽しみに 日本全国山行脚をしています

 
槍ヶ岳←中崎尾根の奥丸山から→穂高岳  SEP.07

WeatherEye

遥かなる山の呼び声 '15〜'19思い出の写真集 雷鳥 私の山友  
profile 山行の記録 running skiing links 掲示板 千山会 千曲川滔々
10月10日
出羽丘陵
大仏岳
出羽丘陵にある一等三角点峰の大仏岳を目指したが藪に阻まれ敗退した。
田沢湖畔で車中泊した後、仙北市上桧内の田沢スーパー林道に向かった。堀内集落終点の民家の主婦がしっかりと情報を教えてくれたが、3年前に歩いた記憶とは大違いであった。林道を2時間ほど歩いて大仏岳登山道入口に着いて藪山に突入した。赤布や踏み後を頼りに進んで3時間ほど藪山を彷徨したが敢え無く失意の敗退となった。
10月9日
男鹿半島
真山・本山
男鹿半島の真山・本山に登った。
真山神社からゆく整備された遊歩道を真山まで登り、「ナマハゲの通る道」を歩いて本山に向かった。途中から藪の被さる急坂の「キントリ坂」を本山に直登した。山頂は自衛隊のレーダー基地でフェンスで囲まれていて三角点を踏むことが出来なかった。
下山後は男鹿半島突端の入道埼に回ってみた。巨大な灯台の立つ入道埼強風吹き荒れる日本海には白波が立っていた。
10月8日
由利本荘市
東光山
男鹿半島
寒風山
由利本荘市の赤田の大仏の先にある東光山に登った。
雨のやむのを待って登山道に入り山頂には立派な避難小屋もある東光山を踏んで3時間の行動時間であった。
男鹿半島の寒風山に再訪した。
回転展望台のある寒風山であるが、強風吹き荒れる中観光客はほとんどいなかった。依然来たときは山頂の三角点をカメラに収めただけであるが、今回は周辺を車で散策した。
10月7日
鳴子温泉鬼首
荒雄岳
鳴子温泉鬼首にある荒雄岳に登った。
登山口探しに時間を取られたが地元の老婦人が親切に教えてくれた。八ツ森コースを登るように勧められたが、短時間で登れる片山コース登山口に車を付けた。移動中に側溝に前輪を落としてしまいJAFに救助要請して二時間のロスタイムであった。登山道は緩く切ってあってとても歩きやすく1時間ほどで山頂に着いた。
10月6日
吾妻連峰
栗子山
米沢市刈安の万世大路の栗子隧道から一等三角点の栗子山に登った。
一等三角点マニアのY女史と、明治天皇が「万世大路」と名付けた歴史の道を栗子隧道まで歩いて、藪の被さる煩い登山道を歩いて栗子山山頂に立った。山葡萄採取の地元の古老も知らない道で「やめとけ」と進入を止められたが、樹林の中の急登をしのぎ笹原の山頂稜線を進んで難なく山頂を踏めた。朝露の笹薮でびしょぬれ登山であった。
10月5日
吾妻連峰
西大巓・西吾妻山
磐梯吾妻スカイラインに福島山形県境の白府峠から西吾妻山まで往復した。
白府峠から稜線伝いに登り矢筈山を踏んで、巨石ゴーロの沢を進んで3時間で標高1003山の西大巓についた。西大巓からは1時間ほどで山頂湿原が草紅葉に染まる西吾妻山に着いた。10数年ぶりの西吾妻山であるが殆ど記憶にはなっかった。木道に腰を下ろして求刑した後は往路を下った。山形県の天元台や福島県のグランデコスキー場からの登山者が数名いたが白府峠からの登山者は私一人であった。
10月4日
下越の山
大平山
吉祥岳

村上市の大平山と吉祥岳に登り新潟百名山完登した。
南大平湖公園から緩い登山道を大平山に登り、大毎集落に走って吉祥岳に登った。量やまともに短時間で登れる山で、新潟百名山完登の感動にはほど遠い山ではあった。それでも新潟百名山完登を思い立ってから3年ほどで完登にこぎつけることが出来た。難山ぞろいの越後百山も含めて越後遠征はこれにて終了である。
9月20日
奥秩父
北奥千丈岳
奥千丈岳・国師ヶ岳

大弛峠から北奥千丈岳・奥千丈岳・国師ヶ岳を歩いた。
10数年ぶりの北奥千丈岳・国師ヶ岳再訪であるが、今回は北奥千丈岳から石楠花尾根を下って奥千丈岳まで往復した。石楠花尾根はあまり歩く登山者はないと思うが、シラビソ林の中しっかりした快適トレイルが続いていて、まさに癒しの道であった。一等三角点の国師ヶ岳も踏んだ後、「夢の庭園」を回って大弛峠に戻った。来年は大弛峠から甲武信ヶ岳まで縦走したいものだ。
雁坂峠 9月19日
奥秩父
水晶山
古礼山・燕山

奥秩父主脈稜線の雁坂峠から雁峠まで縦走した。
「道の駅みとみ」付近の雁坂峠広瀬登山口から雁坂峠に登り、笹原と苔むす快適トレイルの奥秩父主脈稜線の縦走路を歩き、稜線上の水晶山・古礼山・燕山の2000m超峰3山を踏んで雁峠に下った。笠取小屋付近の雁峠分岐まで足を延ばした後、雁峠から広瀬に下った。11時間を超えるロングラン登山であったが、久しぶりに奥秩父の山々を満喫できた。
9月18日
川上村
高登谷山三国山
野菜王国川上村の高登谷山と三国峠~三国山に登った。
高登谷高原の別荘地から緩い尾根を高登谷山に登り、北峰から南峰に回って別荘地に下る周回コースを歩いた。瑞牆山が目の前の山であるが、残念霧の中であった。
川上村秋山から舗装道を三国峠に走って群馬・埼玉・長野県境の三国山に霧雨の中登った。短時間で山頂踏めるが稜線上には岩稜帯もあった。
今後の行動予定



10月中旬
黒部川下の廊下
長年の念願叶うか

10月下旬
ぐんま百名山
武尊山・皇海山・迦葉山