アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター
 開設2000.12.05 更新2020.02.25


自然と人情ふれあいの山々


しい自然とのふれあい、温かい人との出会いを楽しみに 日本全国山行脚をしています

  
山中湖パノラマ台からの富士山 FEB.03

WeatherEye

遥かなる山の呼び声 '15〜'19思い出の写真集 雷鳥 私の山友  
profile 山行の記録 running skiing links 掲示板 千山会 千曲川滔々
最近の行動記録
2月24日
安曇野市
角蔵山・古城山
雷山
安曇野市の角蔵山に登り稜線上を岩原城跡の古城山まで歩いた。
林道住吉神社党登拝道の急坂を稜線に登った。角蔵山は背丈を超える笹薮の中で、展望が開けない山頂であった。稜線を戻って住吉神社〜岩原城跡の古城山に回ると後方に常念岳・横通岳が広がり、眼下に安曇野を一望できる絶好のロケーションであった。堀切跡などもしっかり残る岩原城跡は山城ファン必見の城跡ではあった。
下山後は明科の雑木林を適当に歩いて雷山にも登った。
2月21日
中信高原
美ヶ原
浅間岳
カモシカ永井、「日本の山2020山登頂」祈念と山で美ヶ原高原を散策した。
山本小屋迄の車道は一部雪道もあったが問題なく走ることが出来た。雪上車で踏み固められた台上の遊歩道を様々な思いを抱きながら王ヶ頭ホテルまで歩いた。ホテル前の美ヶ原高原の看板をバックに記念の写真を撮った後王ヶ頭を踏み北Alpsの峰々をカメラに収めた後は遊歩道を戻った。「小さな男の大きなロマン」の一つを達成した。
美ヶ原からの帰り道武石余里から登山道の無い浅間岳を直登した。
2月17日〜18日
上田市周辺
十観山
夫神岳
安曇野市
上ノ山
遠来の山友を案内して青木村の十観山と上田市の夫神岳に登った。
八王子のHさん・勝沼のOさんお二人が小さな山登りを楽しみゆっくりと温泉につかりたいという要望にお応えして、17日は松本駅で合流しR143を走って青木村の十観山に登り、大法寺の国宝三重塔を拝観した。18日は別所温泉から夫神岳に登った。下山後は安楽寺と前山寺を拝観した。
松本駅から帰宅途中に豊科カントリーの付近の上ノ山に登った。
2月16日
千曲市の里山
一重山
小坂山
千曲市の未踏の里山一重山と小坂山に登った。
一重山は屋代駅に車を停めて駅裏の満照寺から有明霊園に登山道入口が有った。わずかな時間で山頂に着き北側の登山口まで屋代城跡を歩いた。小坂山は桑原から太田原に向かう道の途中から小坂城跡への登山道が有った。松林を小坂山山頂に登り下山途中に小坂城跡に寄ってみた。山中には今も立派な堀切跡が見られた。
2月13日
長野市の里山
大峰山
葛山
愛宕山

善光寺の裏山ともいえる3山に登った。
大峰山はバードライン七曲りから大峰斎場に走り山頂直下に延びる車道を歩いた。葛山は大峰山からの遊歩道が延びていたが笹峰集落まで車を移動し葛山城跡への遊歩道を歩いた。愛宕山はバードラインの大座法師池の手前1キロほどのヘアピンカーブの脇にある山で、バードラインの駐車帯から藪山を20分ほどで往復した。
2月10日
上田市里山
虚空蔵山
殿城山
東山
上田市の未登頂の里山3山に登った。
今年の登山は長野県の里山歩きである。虚空蔵山は上田市に2山あるが太郎山山塊の虚空蔵山はよく知られているが神科の虚空蔵山はリンゴ畑の山であった。烏帽子岳前衛の殿城山は上田市民の森から一部林道を歩いて山頂に立った。東山は須川湖のある小牧山のトレッキングコースの西端の山で塩田から見て東山であることが分かった。
2月7日
Skiing
ノ丸スキー場
今季の初滑りは湯ノ丸スキー場に出かけた。
雪不足が続きまだオープンできないスキー場もある中、やはりシーズンに何度かは楽しみたいスキーである。山友の増田さんも出かけることを知って急遽私も行くことにした。金曜日はシニアディーでリフト一日券千円で遊ばせてくれる湯ノ丸スキー場には感謝である。第2ゲレンデから第6ゲレンデ迄を待ったりと楽しんだ。湯ノ丸高原、高地トレーニング用の水泳プールも完成し通年で賑わいがあることを期待したいものである。
2月2日
伊豆半島
天城山・遠笠山
大室山十国峠
日本百名山天城山に再登山し、遠笠山・伊東の大室山と十国峠に登った。
天城山は21年前と同じく雪山登山となった。「馬酔木のトンネル」には思い出が蘇った。天城山の隣の遠笠山は山頂まで続く車道の雪道を踏んだ。
伊東温泉の大室山はカヤトの山でリフトに乗って山上に立ち、舗装された遊歩道の御鉢を一回りした。伊豆半島最後の山は十国峠で、山名は日金山と云う山であるが、ここもケーブルカーに乗って山頂を踏んだ。
1月31日
伊豆諸島・利島
宮塚山
大島から大型客船さるびあ丸で利島に渡り、利島港から宮塚山に登った。
利島港からは集落を抜けて利島一周道路に入り南登山口に歩いた。南登山口からはツバキ林の中快適トレイルを歩いて宮塚山山頂に着いた。山頂は竹藪の中で展望が無かった。下山は展望台を経由して東登山口に下り、今が見ごろのツバキ林を眺めながら利島一周道路を利島港に下山した。大島への客船が欠航で一日足止めを食ったが民宿で体を休めることが出来たのは幸いであった。
1月30日
伊豆大島
三原山
令和2年初の遠征山行で伊豆大島の三原山に登った。
稲取港から岡田港へジェット船で渡り岡田港からは路線バスで三原山頂口に向かった。火口縁までの舗装された道路を歩き火口縁の外周道路を一周して山頂口に戻った。表砂漠・裏砂漠・溶岩流などの見どころ満載の三原山であったが、相模湾を隔てて海上に浮かぶ富士山に目を引かれた。
1月27日
長野市若穂
堀切山
長野市若穂保科の堀切山に登った。
松代町の桑根井から桑根井林道・立石沢を詰め、カラマツ林・赤松林を直登して菅平方面に通じる林道に出た。林道を500mほど歩いて再び踏み跡薄い灌木藪の尾根を歩いて堀切山に着いた。樹林の中の山頂で展望はなかったが、ワイルドで楽しむことが出来た堀切山ではあった。少雪の今年、山に積雪が期待できるようになり、冬季の里山歩きも今回が一区切りかなと思う。
1月26日
筑摩山地
大根場
筑北村坂井の大根場(オオコンバ)というユニーク山名の山に登った。
駒形集落の文殊堂から先に延びる林道を終点まで歩いて、沢沿いの雑木林を直登して尾根に登りついた。尾根を少し歩いて大根場に着いた。登山の対象の山ではないので見るべきものほとんどない寂しい山頂であった。下山は尾根を忠実に下って林道に下りた。
今後の行動予定


3月
近場の未登頂の里山歩き

3月下旬
南信州に走っての天竜村・根羽村などの山で春を先取り

冬季はゲレンデスキーや無理のない山でたまにバックカントリースキーも楽しむ