アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター
 開設2000.12.05 更新2019.09.10


自然と人情ふれあいの山々
「遥かなる山の呼び声」

しい自然とのふれあい、温かい人との出会いを楽しみに 日本全国山行脚をしています

 
槍ヶ岳←中崎尾根の奥丸山から→穂高岳  SEP.07

WeatherEye

遥かなる山の呼び声 '15〜'19思い出の写真集 雷鳥 私の山友  
profile 山行の記録 running skiing links 掲示板 千山会 千曲川滔々
最近の行動記録
9月8日
乗鞍岳
大黒岳・魔王岳
乗鞍岳畳平を囲む大国岳と魔王岳を散策してきた。
最高峰剣ヶ峰の乗鞍岳であるが峰の数は20数座あり、自然保護のために登山できる峰は7峰しかない。登り残した2000m超峰の大黒岳と魔王岳を踏んだ。skylineからの遊歩道を観光客に混じって2時間ほどの散策を愉しんだ。これにて一応登頂できる乗鞍岳の8峰(剣ヶ峰・蚕玉岳・朝日岳・摩利支天・富士見岳・大黒岳・魔王岳・十石山)(積雪期に大日岳・不動岳登頂済み)の登頂は果たした。残した峰は積雪期にいくつか登りたいと思っている。
9月7日
北Alps
奥丸山
槍ヶ岳・西鎌尾根から新穂高に派生する中崎尾根の奥丸山に登ってきた。
奥丸山、右俣谷を隔てて槍・穂高岳連峰が、左俣谷を隔てて弓折岳・抜戸岳〜笠ヶ岳の稜線が対峙する絶好の展望台で、ピーカンの好天の下、大パノラマを満喫してきた。夏風邪ひいて体力減退も激しく山頂直下では動悸もして足も30歩も進む事が出来なくなり、下山時は足を攣ることもあった。槍・穂高連峰や笠ヶ岳の稜線を眺めながら「もう自分には稜線漫歩を楽しむ事が出来ないのだろう」という思いもあった。
9月6日
安房峠
安房山
R158安房峠から急登と藪漕ぎを凌いで安房山に登った。
安房tunnelが開通するまでは飛騨と信州を結ぶ街道の要所であった安房峠出はあるが今は「峠の茶屋」も廃止され、通る車も少なく寂しさが残る峠道であった。県境から安房tunnelの排気塔施設の先に延びる登山道は、以前はしっかりとした道があったと思わせられたが、今は藪化が激しく赤布を追いながら山頂に立った。藪の三角点の先には国土交通省の立派な電波中継所が立っていて驚いた。下山時道を外して笹薮の中で30分程格闘した。
8月14日
伊那山地
大西山
お盆山行2日目は大鹿村の大西山に登った。
昭和36年伊那谷豪雨で山体崩壊を起こし42人の犠牲者を出した悲劇の山である。登山口からは急斜面の山体にジグザグ切った登山道が続き標高差1000mを3時間少々かかって登り着いた。体調不安と体力低下もあってムスコの後を追う事が出来なかった。最後は動悸・眩暈もして、汗びっしょりかいて何とか登頂できたが年齢を意識させられる大西山ではあった。
8月13日
南Alps
鳥倉山
カモシカ永井「親子二人連れ登山隊」お盆山行は鳥倉山に登った。
塩見岳登山の予定であったが夏風邪で体調に不安があり、台風10号の接近もあって山行前日に塩見小屋の予約をcancelし登頂を断念した。それでも付近まで行きたいと云うムスコの要望に沿い、鳥倉林道から鳥ヶ池キャンプ場に入って幕営し、鳥倉山を周回する遊歩道を歩いた。塩見岳登山は来年に期待である。
8月7日
上信の山
湯ノ丸山
角間山

地蔵峠から湯ノ丸山〜角間山に登って地蔵峠に戻る周回コースを歩いた。
夏風邪ひいて2週間ほど休養し、完全回復まではいかなかったが、お盆山行の足慣らしに地蔵峠に向かった。ゲレンデスキーや山スキーで何度も登っている湯ノ丸山であるがグリーンシーズンは2回目で、真夏の登山は初めてである。長期休養による体力低下もあって、息を切らしながらの登山であったがイワインチンやマツムシソウなどに癒されながら、角間山まで回って地蔵峠に戻る周回コースを楽しんだ。
今後の行動予定



9月中旬
群馬県境トレイル
野反湖〜白砂山〜上ノ倉山往復縦走

9月下旬
奥秩父主脈縦走
大弛峠〜甲武信ヶ岳〜雁坂嶺〜笠取山までの縦走


10月初旬
紅葉三昧の東北山行
山形・宮城・秋田の里山巡り

10月中旬
黒部川下の廊下
長年の念願叶うか