アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター
 開設2000.12.05 更新2019.12.12


自然と人情ふれあいの山々


しい自然とのふれあい、温かい人との出会いを楽しみに 日本全国山行脚をしています

 
黒部川下の廊下十字峡と水平道の太鼓  OCT.17

WeatherEye

遥かなる山の呼び声 '15〜'19思い出の写真集 雷鳥 私の山友  
profile 山行の記録 running skiing links 掲示板 千山会 千曲川滔々
12月10日
高山村
柴子萩山
中倉山

高山村のユニーク山名の柴子萩山(シネハギヤマ)に登った。
柴子萩林道終点から藪を漕ぎ稜線を一登りで笹薮の柴子萩山に立った。ユニークな山名のわりに見どころも感動も薄い山頂であった。
山田温泉の後方にある中倉山に山田牧場から登った。
山田牧場から奥に延びる笠ヶ岳への道路は冬季規制中であったが車道を20分ほど歩き登山口からも20分ほどで新雪の中倉山を踏んだ。YAMABOKUスキー場にはまだ雪がなかった。
12月7日
安曇野市
1512m峰
松本市
芥子望主山
安曇野市の里山富士尾山を目指したが入山口が分からず北の沢林道を終点から送電鉄塔巡視路を富士尾山の後方1521m峰に登って新設踏んだ。1512m峰から尾根伝いに富士尾山に続く道はなかった。
松本市岡田にあるユニーク山名の芥子望主山に寄ってみた。キャンプ場や展望台などのあり、北Alpsから美ヶ原松本市内から安曇野の好展望台の山で、松本市民憩いの森であった。
12月3日
佐久市里山
平尾富士
閼伽流山
師走の里山歩きは佐久市の平尾富士と閼伽流山に登った。
平尾富士は佐久スキーガーデン南パラダの龍神池登山口から忍耐の小径を周回した。佐久市民の森として親しまれている止んであることが分かった。
難読でユニークな山名の閼伽流山は佐久市香坂の明泉寺から岩窟の下にある千手観音堂から仙人山に登り閼伽流山城跡などを周回した。
両山ともに2時間程の行動時間であったが、新鮮な感動を覚えながらの佐久市の里山ではあった。
11月28日
須坂市里山
坂田山・明覚山
須坂市の里山坂田山と後方の明覚山に登った。
須坂市坂田の天徳寺から後方に延びる登山道に入り、アカマツ林の快適トレイルを善光寺平の好展望台の坂田山に登った。坂田山からは雑木林の中、一部岩交じりの尾根を三等三角点のある明覚山とその後方にある祠のある雨引城址まで足を延ばした。三角点には山頂標識がなかったが雨引城址に手製の山頂プレートが掛けられてあった。明覚山の木々は葉っぱを落とし、冬待ちであった。
11月23日
北Alps前衛
雨引山・唐沢山
松川村馬羅尾高原から雨引山に登り、送電鉄塔から唐沢山に登った。
登山口からいくつかの小さなピークを踏みながら登る雨引山ではたっぷりと里山情緒を味わい眼下の安曇野を望むことが出来た。下山道に下り巨大送電鉄塔から、しばらく笹薮漕いで岩場の急登が続く唐沢山ではスリルを味わうことが出来た。「こんな山に登る人もいるのか」と思う思うほどであったが、赤布が山頂まで導いていた。北Alps前衛にはまだまだ楽しめる山があることを知った。
11月17日
辰野町
穴倉山
辰野町小横川の里山穴倉山に登った。
アカマツ林の茸山でシーズン中は入山禁止の山である。沢状の急坂を直登してアカマツの根元に童子石碑などを見ながら1時間半ほどで山頂に着いた。八大童子の石碑群のある場所が山頂であることを疑うこともなかったが、帰宅後山頂標識も三角点もなかったことを疑問に思いネットで確認すると、山頂は石碑群の少し先にあることが分かった。再登山するつもりはない。
11月16日
辰野町
大城山・鶴ヶ峰
辰野町の大城山と鶴ヶ峰は両山ともに山頂車横付けの山である。
伊那谷を見下ろす大城山に登り、近くにある北緯36度00分00秒・東経138度00分00秒の石碑が立つ「日本中心のゼロポイント」まで足を延ばした。鶴ヶ峰山頂駐車場で車中泊し翌朝展望台からご来光を見て付近にある「日本中心の碑」を訪ねてみた。地政学的に辰野町が日本の中心であることを知ることが出来た。
11月16日
塩尻市楢川
坊主岳
塩尻氏楢川の奈良井ダム湖畔から坊主岳に登った。
山友「山猫ま〜こさん」に誘われてま〜こさんの山友大谷さんと三人で私は3度目の坊主岳である。中間点までの小坊主までは快調であったが、山頂直下の笹原の急坂の直登は厳しいものがあった。大展望を期待した山頂であったが、残念ながら3度目の坊主岳は御嶽・乗鞍・駒ヶ岳の山頂は頭を雲に隠していた。もう一度は登らなければならない坊主岳ではある。
11月15日
塩尻市奈良井
高遠山
中山道奈良井宿の高遠山に登った。
中央アルプス茶臼岳とと北アルプス前衛の八森山を結ぶ中央分水嶺の尾根上にある高遠山であるが、登山道の無い藪山で登山対象の山ではない。中山道の旧道の途中から送電鉄塔巡視路に入り鉄塔から先は腰丈の笹薮を分けながら適当に山頂を目指した。笹薮の中のカラマツの幹に手製の山頂プレートがあり、笹に隠れるように三等三角点があった。
今後の行動予定


12月中旬
富士山周辺
年末恒例富士山観にミニトレッキング
&山梨県の山友との忘年登山

12月下旬
恒例地元の山友との忘年登山
近場の里山で忘年登山&白鳥園で忘年会