アクセスカウンター アクセスカウンター アクセスカウンター
 開設2000.12.05 更新2022.11.25


自然と人情ふれあいの山々


しい自然とのふれあい、温かい人との出会いを楽しみに 日本全国山行脚をしています

  
白草山から見る御嶽  NOV.11

WeatherEye

遥かなる山の呼び声 '15〜'21思い出の写真集 雷鳥 私の山友  
profile 山行の記録 running skiing links 千曲川滔々 (blog)
最近の行動記録
11月21日
小谷村
鎌倉山
小谷村最北端にある鎌倉山に登った。
糸魚川市根知谷奥の「しろいけの森」から千國街道(塩の道)を白池・角間池に歩いて戸倉山登山道分岐から、鎌倉山から派生する小尾根に取り付き、雪椿や根曲竹・枝が横に張った小灌木を掻き分けて鎌倉山山頂に立った。思ったほどの藪山ではなく、1時間ほどの藪漕ぎであった。途中には落葉した美しいブナの森を堪能することも出来た。これにて今年の信州里山山行を終了で、その内藪山は20数山を登ることが出来た。
11月12日
中央Alps
赤林山
中央Alpsの木曽側前衛の赤林山に登った。
キビオ峠から朝焼けの御嶽を遥拝の後、木曽駒ヶ岳福島登山道Aコースを赤林山への鞍部まで歩いた。鞍部から標高差200mほどの赤林山へは倒木とシラビソの幼木帯を突破して山頂に着いた。下山はGPS頼りに別の尾根を下ったが、途中から尾根を間違えて危険地帯に迷い込み岩場の基部などのトラバースの連続で肝を冷やしながら正規登山道に下った。
11月11日
裏木曽山脈
白草山
箱岩山
裏木曽山脈の白草山と箱岩山に登った。
下呂市乗政からの広域林道から白草山林道を歩き、登山道入口からは樹林の中を行き、笹原を切り開いた快稜線上の適トレイルを歩いて、白草山に登った。山頂からは噴煙上げる御嶽山を遥拝で来た。木曽側から見る台形の御嶽とは違った三角錐の御嶽であった。白草山の兄弟峰ともいえる箱岩山にも足を延ばした。久しぶりに藪漕ぎのない快適登山を楽しむことが出来た。
11月10日
裏木曽山脈
高樽山
王滝村と岐阜県境の裏木曽山脈の高樽山に登った。
中津川市付知峡から11キロの林道を長野県王滝村境の真弓峠に歩いて林業用の歩道を稜線に登った。稜線上は背丈を超える深い笹薮で山頂手前約200mほどで登頂を諦めて撤退した。王滝村と岐阜県境の稜線は岐阜県側では裏木曽山脈と呼ばれていることを初めて知った。下山後は紅葉真っ盛りの付知峡を見ることも出来た。
11月05日
北信の里山
鏡台山
山人の会、秋の里山歩きは千曲市・坂城町境の鏡台山に登った。
半年ぶりの三人の里山歩きである。倉科登山口に車を1台デポし、沢山峠に走って、急登の続く鏡台山に登った。鏡台山からは北峰に周り倉科登山口に下山予定であったが、途中から登山道を外れ、地形図に記載の道をGPSと地形図頼りにルーファイを楽しみながら森の中を下った。下山後は白鳥園で汗を流し、これからの山歩きの計画を話し合った。
10月28日
東信の里山
矢ヶ崎山
霊仙峰
鹿伏山
軽井沢町の矢ヶ崎山、佐久市の霊仙峰、美ヶ原の鹿伏山に登った。
矢ヶ崎山 碓氷峠から県境トレイルを歩いて岩峰の山頂に立った。山頂からは浅間山や・鼻曲山などの四囲の山々の展望が開けていた。
霊仙峰 田口峠から落葉に隠されがちながらもそれなりの登山道があり、小さなポコを3ツ越えて山頂踏んだ。下山は沢筋を道路に直接下った。
鹿伏山 美ヶ原牧場が今季閉場になったのを知り、美ヶ原高原美術館の道の駅から牛伏山に登り牧場内を歩いて三角点に着いた。
今後の行動予定

12月中旬
「山人の会」で忘年登山
雪のない東信の里山で