アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター
 開設2000.12.05 更新2019.11.11


自然と人情ふれあいの山々


しい自然とのふれあい、温かい人との出会いを楽しみに 日本全国山行脚をしています

 
黒部川下の廊下十字峡と水平道の太鼓  OCT.17

WeatherEye

遥かなる山の呼び声 '15〜'19思い出の写真集 雷鳥 私の山友  
profile 山行の記録 running skiing links 掲示板 千山会 千曲川滔々
11月10日
信州百名山
虫倉山
甲府市のA宮さんと八王子市のH林さんを虫倉山に案内した。
好天予報であったが不動滝登山口についてもぐずつき気味の天気で気を揉んだ。1時間50分ほどで山頂踏んで「一服むしくら」でランチ休憩中には一気に晴れて鹿島槍ヶ岳などの後立山連峰の展望が開けて、遠来の二人から歓声が上がった。案内した甲斐があったと思い、私も嬉しかった。山頂付近は落葉していたが登山口付近はまだ少しは紅葉が見られてのも良かった。
11月6日
関田山脈
黒岩山

信越トレイルSECTION3を歩いて、斑尾山〜天水山までの全区間完歩した。
涌井から富倉峠〜黒岩山〜桂池〜仏ヶ峰登山口までのSECTION3を歩き戸狩とん平の駐車場に下った。このコースには静かな山上湖の桂池などの見どころもあるが黒岩山までの前半は単調な林道歩きが続いた。中古池から先はアップダウンを繰り返しながら仏ヶ峰登山口の終点に続いていた。信越トレイル完歩の最後もとん平からR292まで自転車で下り車回収には有効であったが涌井までの車回収には1時間以上車道歩きであった。
11月5日
関田山脈
仏ヶ峰・鍋倉山

信越トレイルSECTION4を歩いてきた。
戸狩とん平の駐車場から仏ヶ峰〜小沢峠〜鍋倉山〜黒倉山〜関田峠のSECTION4は見どころに乏しい落葉した稜線歩きが続いたが、一部にはブナの美林も見られた。山スキーで何回か登っている鍋倉山には秋初めての登頂であったが、残雪期とは全く様相の違う山頂に新鮮な感動を覚えた。鍋倉山4シーズン登頂である。関田峠から戸狩温泉スキー場には自転車で快適に下ることが出来た。スキー場の管理道路を1時間ほど歩いて車回収した。
10月31日
日本百名山
武尊山
20年ぶりに日本百名山の武尊山を再登山した。
武尊神社から林道を30分ほど歩き、時計回りに武尊山〜剣ヶ峰山の鋭鋒を踏み木の根絡まる激坂を下った。前回は20年前ムスコと二人、表登山道ともいえる武尊スキー場から残雪踏みながらであったので新しい感動を味わうことが出来た。その時はまた雪の下であった一等三角点も姿を見せていた。翌日予定していた皇海山は登山口までの栗原川林道が通行止めのため中止したのは残念であった。
10月30日
群馬百名山
迦葉山
群馬百名山の迦葉山に登った。これにて群馬百名山は完登である。
迦葉山弥勒寺から「胎内くぐり」の大岩超えて、秋色濃い山頂には弥勒寺から1時間少々で登ることが出来た。地方の百名山は東北・関東・越後・信州・山梨に続いて六つ目の達成である。小さな里山も多く数えられる群馬百名山は他に比して感動はそれほどでもなかった。それでもまずはめでたい百名山達成ではある。
10月17日

10月18日
黒部川
下の廊下・水平歩道
黒部ダム〜下の廊下〜阿曽原温泉小屋〜水平道〜欅平を歩いた。
毎年開通するとは限らないうえ、開通してもせいぜい一ヶ月しか歩けない稀少ルートの下の廊下を歩くことが出来た。コース上には白竜峡・十字峡・S字峡など見どころ満載であるが絶壁に切られた歩道や長い梯子の上り下りなどスリル満点であった。9時間かけて阿曽原温泉小屋に着いたが疲労困憊で温泉に入ることが出来なかったのが残念であった。翌日はこちらもスリル満点の水平動を歩いて欅平に下った。
今後の行動予定


11月中旬
木曽路の山
坊主岳・高遠山など

11月下旬
安曇野の里山
雨引山など