アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター
 開設2000.12.05 更新2019.03.10


自然と人情ふれあいの山々

しい自然とのふれあい、温かい人との出会いを楽しみに 日本全国山行脚をしています

 
小谷村真木集落 FEB.25

WeatherEye

遥かなる山の呼び声 '15〜'18思い出の写真集 雷鳥 私の山友  
profile 山行の記録 running skiing links 掲示板 千山会 千曲川滔々
最近の行動記録
3月12日
筑摩山地
冠着山
76歳の体力測定で八王子尾根を冠着山に登った。
大正橋の袂更科神社の八王子山登山口から標高差900m累積標高差約1200mの冠着山を目指した。最後は「児抱岩」(ぼこだき岩)からロープ場を登り切って山頂に直登した。数年前は2時間40分で登ったが、今回は3時間半もかかってしまった。下山はcamp場の坊城平から舗装道路の林道を下り市道・県道と歩いて登山口に戻った。7時間の行程であったが舗装道路歩きのせいか筋肉痛が出て、体力低下を思い知らされた。
3月9日
Skiing
HAKUB47 
白馬五竜スキー場
リフト無料券を頂いたので、HAKUB47・白馬五竜スキー場へ出かけた。
五龍岳など後立山連峰の絶好の展望台であることを知っていたので好天の日を待っていたが、まさに絶好のスキー日和であった。「HAKUBA47」からリフトを乗り継ぎゲレンデトップの地蔵の頭に登ると絶景が開けていた。絶景を満喫した後は五龍スキー場の初級コースのパノラマコースと五竜第一の一枚バーンのグランプリコースを3本ほど滑った。ランチ休憩の後は再びゲレンデトップから五竜ゲレンデを滑り、HAKUBA47の中級コースをゆっくりと滑降した。絶景と大滑降が楽しめた白馬五竜スキー場であった。 
3月5日
筑摩山地
長野市信更町
虚空蔵山
長野市信更町高野の明高神社から虚空蔵山に登った。
明高神社裏から獣除けのフェンス際を歩いてアカマツとクヌギなどの雑木林を直登して山頂に着いた。何の変哲もない虚空蔵山であるが、一応三角点のある山頂であった。山頂付近まで続く道路わきには小さな田んぼもあってまさに里山風情の残る更級の里を実感できる虚空蔵山ではあった。
3月2日
埴科トレイル
五里ヶ峰
春の陽気に誘われて我が家から一番近い五里ヶ峰に登った。
3月に入って一気に春がやってきた。冬季には朝日が昇る五里ヶ峰である。今まで何回も登っている山で、坂城神社から葛尾城経由であったり、後方の峠からの短縮コースを登ることが多かった。今回は千曲市南端、坂城町境の磯部からの登山道を登った。登山道は稜線まで葛尾城跡への遊歩道としてよく整備されていた。これからは、健康維持のためこの登山道を五里ヶ峰に何回も登ることにしようと思った。
2月25日
小谷村
真木共働学舎
小谷村の真木集落にある真木共働学舎に行ってきた。
車の通わない山道を1時間半歩いたところに真木共働学舎はある。生きることの根源的な意味を考える「共に働く学び舎」として創設され、今の社会に肉体的・精神的な生きづらさを抱える人も、そうでない人も、だれもが固有に持つそれぞれの能力を尊重しあい暮らしている。春・夏・秋・冬…40年。くり返されるその営みは、誰にもある生きものとしての人間の時間を思い起こさせる
ドキュメンタリー映画「アラヤシキの住人たちの舞台である。
2月19日
ぐんま百名山
栗生山
荒神山
関東山行3日目は桐生市に戻って黒保根地区の2山に登った。
栗生神社からスギ林の急登を凌いで栗生山に登り、わたらせ渓谷鉄道水沼駅の後方の荒神山には山頂まで続く車道があったが倒木で通行不可であったので2キロほど舗装道路を歩いて山頂に着いた。
早春の関東山行3日間で9山の荒稼ぎをしたが、思い出に残る山はというものはなかった。往復800キロを超える一般道の運転が疲れた。
2月18日
房総半島
鹿野山
房の大山
清澄山

関東山行2日目は房総半島に残した「標高1003山」の3山を踏んだ。
鹿野山は神野寺から国土地理院の測地観測所のある西峰の一等三角点を踏んだ後、最高点の白鳥峰も登った。房総半島の先端東京湾入口にある大山はスダj椎の生える房総半島に良く見る特徴的な山であった。洲崎を回って鴨川市の日蓮宗大本山の清澄寺の妙見山の山頂も踏む事が出来た。
2月17日
ぐんま百名山
石尊山
吾妻山・茶臼山
大田金山

早春の関東山行初日は「ぐんま百名山」の小さな山を登った。
安中市の石尊山に登り、赤穂四十七義士石像を見た後、桐生市に走り登山対象とは思えないハイキングコースの整備された吾妻山と茶臼山に登った後は太田市の金山城址公園の金山三角点を踏んだ。どの山も短時間で登れてとても登山を楽しむという趣は無かったが、地元の人に守られてとてもよく整備された山ではあった。
今後の行動予定


積雪期はゲレンデスキーや無理のない山で山スキーを楽しむ

3月中旬
「ぐんま百名山」阿能川岳

4月初旬
北海道遠征
ピリカヌプリ・知床岳など