アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター
 開設2000.12.05 更新2020.0128


自然と人情ふれあいの山々


しい自然とのふれあい、温かい人との出会いを楽しみに 日本全国山行脚をしています

  
本栖湖周辺烏帽子岳からの富士山 DEC.14

WeatherEye

遥かなる山の呼び声 '15〜'19思い出の写真集 雷鳥 私の山友  
profile 山行の記録 running skiing links 掲示板 千山会 千曲川滔々
1月27日
長野市若穂
堀切山
長野市若穂保科の堀切山に登った。
松代町の桑根井から桑根井林道・立石沢を詰め、カラマツ林・赤松林を直登して菅平方面に通じる林道に出た。林道を500mほど歩いて再び踏み跡薄い灌木藪の尾根を歩いて堀切山に着いた。樹林の中の山頂で展望はなかったが、ワイルドで楽しむことが出来た堀切山ではあった。少雪の今年、山に積雪が期待できるようになり、冬季の里山歩きも今回が一区切りかなと思う。
1月26日
筑摩山地
大根場
筑北村坂井の大根場(オオコンバ)というユニーク山名の山に登った。
駒形集落の文殊堂から先に延びる林道を終点まで歩いて、沢沿いの雑木林を直登して尾根に登りついた。尾根を少し歩いて大根場に着いた。登山の対象の山ではないので見るべきものほとんどない寂しい山頂であった。下山は尾根を忠実に下って林道に下りた。
1月21日
犀川縁の里山
和田之城山・天狗山
八坂城山・金戸山
犀川べり里山巡りは信州新町の和田之城山と天狗山に登り、八坂村の雷電城跡の城山と生坂村の金戸山に登った。
土の山もわずかな時間で山頂踏める山であったが、旧更級郡にあった信級村・日原村の山には郷愁を覚えた。八坂村の城山は登山口探しに八坂村の山中を走った。生坂村の金戸山も山城跡の山で百体観音像の石仏群が有り近くに住みながら知らない歴史があることを知った。
1月16日
長野市信州新町
飯綱山・飯縄山・五百山
長野市篠ノ井
茶臼山
近郊の未登頂の里山巡りは信州新町の飯綱山・飯縄山・ご百山に登り、帰宅途中は篠ノ井の茶臼山動物園の山茶臼山に登った。
信州新町の飯縄山などは山中深く延びる狭い舗装道路を走って山頂付近まで車が入れてわずかな時間で山頂を踏むことが出来たが、山頂よりも山中に走る道路に驚きの連続であった。私が住む近くにこんな場所があるということを目からうろこ状態であった。この付近にいくつかある飯縄山の飯縄権現信仰を知ることもできた。
1月15日
長野市松代町
舞鶴山〜のろし山
薬師山〜妻女山
寒中でも冷え込みもなく山に雪が無いので松代の里山探訪に出かけた。
今年は国土地理院地図に載る長野県内の山を出来るだけ多く登ろうと計画している。暖冬の今年は寒中でも付近の山に雪が無いので里山歩きが楽しめそうである。白鳥神社から舞鶴山・のろしやまを登り、千曲市土口の古大穴神社からは薬師山・妻女山を歩いてきた。小さな里山であるが自分が住んでいる近くに歴史の山があることを知った。地域再発見である。
1月9日
筑摩山地
傘山
刈谷原城山

水沼さん・増田さんとの「山人の会」初登りは傘山と刈谷原城山に登った。
松本市四賀の傘山は小胡桃集落から、登山道がはっきりとしないのでカラマツ林・赤松林を直登して山頂に立った。あまり登る人もないと思われる地味な山頂であった。
北國西街道の刈谷原峠から鷹巣城跡の刈谷原城山は短時間で登れる山であったがこちらもあまり訪れる者がいないと思われる地味な山頂であった。
1月4日
筑摩山地
富士山

2020年の登り初めは上田市の富士山に登った。
縁起の良い山名の富士山は今年の登り初めのために残しておいた。鹿教湯温泉近くの大塩温泉諏訪神社から塩田方面につながら古道を市峠まで歩いて最後は急坂を直登して富士山山頂に立った。日本一の富士山と同じ山名ではあるが標高1000m程の低山であり里山風情漂う山頂であって、三角点標識に手書きの「富士山」と云う山名が記されていた。下山は別の尾根の激坂を下った。
今後の行動予定


1月下旬
伊豆大島三原山・利島宮塚山&伊豆半島の山

冬季はゲレンデスキーや近場の里山登山を楽しみ

無理のない山でたまにバックカントリースキーも楽しむ