アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター
 開設2000.12.05 更新2020.07.01


自然と人情ふれあいの山々


しい自然とのふれあい、温かい人との出会いを楽しみに 日本全国山行脚をしています

  
激藪の隙間を突いて北志賀高原の臂出山へ JUN.30

WeatherEye

遥かなる山の呼び声 '15〜'20思い出の写真集 雷鳥 私の山友  
profile 山行の記録 running skiing links 千曲川滔々 (blog)
最近の行動記録
6月30日
北志賀
臂出山
中野市・山ノ内町
鴨ヶ嶽・箱山
竜王マウンティンパークの奥に延びる林道から臂出山に登った。
早朝早駆け速攻でアタックした。入山口からはいきなりの藪漕ぎであったが1時間ほど激藪の隙間を突いて稜線に出ると、どこからか確かな登山道が山頂に続いていた。
中野市・山ノ内町堺の高梨氏の城跡鴨ヶ嶽城址には箱山峠から登り、その支城である箱山には山の内稲荷神社から雨中の登山となった。
6月29日
志賀高原
旭山・坊寺山
志賀高原前衛
三沢山
腰痛回復途上であるが梅雨の晴れ間狙いで志賀高原に向かった。
一沼から白樺美林の旭山に登り、石ノ湯からは登山道崩壊で入山禁止措置の取られた坊寺山に登った。久しぶりの志賀高原の素晴らしさを満喫できた。奥志賀牧場の丸山を目指したが県道471は奥志賀高原から先災害復旧工事で通行止めであった。已む無く目標を三沢山に変えて、山ノ内町菅集落の奥、菅ノ入林道から登山道崩落・倒木で荒れた沢筋遡上し最後はしっかりした登山道を歩いて三沢山に登った。
6月21日
松本市の里山
一条ヶ峰・伊深城山
大正山・袴越山

筑北村の里山
丸山
腰痛リハビリ山行第三弾は松本市と筑北村の里山に登った。
松本市岡田にある一条ヶ峰と伊深城山に登った後、美鈴湖付近の番場池〜大正山に登った。いずれも1時間もあれば山頂往復できる小さな山である。美ヶ原林道からツツジ満開の袴越山もまた短時間で登れた。その後美ヶ原台上の焼山目指したが牧場内におある山頂は立ち入り禁止で断念した。帰路青木峠付近の丸山には空峠近くから藪漕ぎして登った。腰痛が続く中小さな山とは言え一日5山の荒稼ぎには満足である。
6月16日
一等三角点
(点名・猫岳)
根子岳


一等三角点根子岳(点名猫岳)と花の名山根子岳に登った。
峰ノ原高原の根子岳登山口を11時と云う遅い出発となったが、白樺林の癒しのトレイル・放牧された牛をを見ながら牧柵沿いを歩いて冬季は山スキーで何度も滑ったレンゲツツジ満開の笹原の快適トレイルを小根子岳の一等三角点に登った。さらにこの時期花の名山と知られる根子は岳に初めて登った。往復4時間20000歩を超える登山を楽しめ腰痛回復がうれしかった。まだ本調子にはほど遠いが、これからも少しずつ難易度を上げて登山を楽しむつもりだ。
6月15日
小川村の里山
高戸谷山・蕎麦粒山

白馬村の里山
矢崎山・一夜山
腰痛リハビリ登山第二弾は小川村と白馬村の里山4山に登った。
古道「高戸谷道」を走って桐山番所跡から快適トレイルを歩いて高戸谷山に登り、小川村再奥集落の李平からは藪山を稜線に登って薄い踏み跡追って蕎麦粒山に登った。
小川村からR406を白馬村に走ってHAKUBA47スキー場の管理道路脇の矢崎山三角点を踏み、白馬五竜スキー場に廻ってスキー場の駐車場から飯森城跡の一夜山遊歩道を三角点まで往復した。
6月10日
佐久市の里山
熊倉峰・凧の峰
寄石山・明厳山

腰痛少し和らいだので佐久市の小さな里山巡りを楽しんだ。
梅雨明け前にはリハビリ登山と思っていたが、長引く腰痛と外出自粛で40日ぶりの登山となった。まだ万全の体調でなく、途中敗退を覚悟して出かけたが、4山ともに1時間もあれば往復できる小さな里山であったが、久しぶりに森林セラピー・フィトンチッドを浴びてストレスを発散することが出来た。梅雨入りしたが体調を見極めながら一月分の遅れを取り戻したいものと思っている。
6月04日
筑摩山地
聖山
35日ぶりの山頂は車で山頂まで行ける聖山に立った。
5月は新型コロナウイルス感染拡大防止の外出自粛要請の他に2年ぶりに腰痛再発してしまい、結局1日も外出できずもちろん登山も出来なかった。一月も登山を自粛していてストレスが溜まる一方であった。このところ腰の痛みも少し和らいできたので、付近の森に入って森林セラピーを浴びようと聖高原から山岳道路を走って聖山山頂に向かった。後立山連峰は霞んでいたが久しぶりの山の空気を吸って少しはストレス発散できた。
今後の行動予定

 

腰痛回復途上であるが近場の里山登山を楽しむ。