skiing

2010年以降の記 2014年までの記 2015年以降の記録

2009年skiing記録

 

月日
(天候)

スキー場

コメント

2009年
3月29日
(晴)
志賀高原
シニア全日券
(¥4000)
暖冬・少雪の今シーズンを締めくくる最後のスキーを志賀高原で楽しんだ。お彼岸過ぎからの戻り寒気と2日前から降り続いた新雪が20センチくらい積もり、トップシーズン並みのゲレンデコンデションとなった。高天原〜一ノ瀬〜焼額山〜奥志賀とゲレンデを移動しながら最後のスキーを満喫することが出来た。やはりスキーのメッカ志賀高原を実感できたのである。今シーズンも大いにゲレンデ山スキーを大いに楽しめて満足のシーズンではあった。

2009年
3月8日
(曇)
根子岳山スキー 今年も長野県山岳協会の雪山交流会に出かけた。須坂青年の家での懇親会は「チームこば」のメンバーも8名ほど出席し楽しいものであった。翌日は高曇りの中、菅平グリーンクロスゴルフ場を横切って直接、根子岳山頂までハイクアップした。山頂で雪上ランチを楽しんだ後、がりがりに凍ったツアーコースを滑降した。まだまだビギナーの域を出ない滑りではあるが先ずは山スキーを楽しめたというものである。

2009年
2月28日
(晴)
菅平高原スキー場
シニア1日券
(\2,500)
今年2回目の菅平高原スキー場であるが、快晴無風の中、ムスコと二人で楽しんだ。息子は難しいコースの行楽に励み上達が目に見えてきた。私はコースを離れて牧場の中に繰り出して、オフビステのコース征服に精を出した。

2009年
2月22日
(晴)
戸隠大ダルミ
山スキー
根子岳で何回か山スキーを体験したが、スキー場を離れての本格的な山スキーを楽しんだ。3時間ほどのハイクアップの後、雪上ランチを楽しみ、樹林帯の中、ツリーランを楽しんだ?私にはまだまだ山スキーというほどのものではないが、これからも経験を積んでゆけば何とかなるのではと思わせられた。頑張ろうと思う。

 

2009年
2月14日
〜15日
(晴)
乗鞍高原スキー場
シニア1日券
(¥3000×2)
前日の大雨でコンデションが心配されたが、ゲレンデトップの標高が2000mを越える為にそれほどひどい雪質ではなかった。最上部のカモシカコースで重点的に滑った。
2日目も朝の冷え込みでコンデションは回復し、快適に滑ることが出来た。午後から私は一人乗鞍岳山スキーのツアーコースに出て1時間半ほどハイクアップしてみた。山スキーヤー以外にもスノーシューやソリで雪山を楽しむものが結構いた。

2009年
2月5日
(晴)
根子岳山スキー
奥ダボスリフト1回
(\500)
先週に引き続いて又根子岳までハイクアップした。先日噴火した浅間山の噴煙が良く見えた。
先週末に降った大雨の影響で、一部芝や笹が見えていたがその後に降った薄い雪が何とかコンデションを保っていてくれた。

2009年
1月29日
(晴)
根子岳山スキー
奥ダボスリフト1回
(\500)
今年揃えた山スキーで始めて根子岳山頂までハイクアップした。割合と締まった雪で、2回ほど思い切り叩きつけられたが快適に滑降できた。
今シーズンは時間があったらココに来て、山スキーのトレーニングを積もうと思う。

2009年
1月18日
(晴)
聖パノラマスキー場
オープン割引
(¥500)
雪不足でオープンできなかったスキー場も漸くオープンにこぎつけることができましたが、積雪30センチではメーンゲレンデは滑走不能でした。来シーズンで幕を閉じるスキー場ですが、色々と思いで深いスキー場なので感慨深いものが有ります。

2009年
1月11日
(晴)
菅平高原スキー場
シニア1日券
(\2,500)
ゲレンデの練習と山スキーによるシール登高の試しを兼ねて菅平高原スキー場に来た。朝までの新雪でゲレンデは絶好のパウダー状態になっていた。表太郎・裏太郎・表ダボスなどで滑った後、裏ダボスに回り、ゲレンデトップからシールをつけて根子岳避難小屋付近までハイクアップした。シール登高も慣れれば快適になると思う。滑降は自己流ながらも転倒せずに、ゲレンデトップに下りることが出来た。

2009年
1月9日
(曇)
湯の丸高原スキー場
シニア割引デイ
(¥1,000)
金曜日はシニア特別割引デイとなった湯の丸高原に出かけた。大勢のシニアが詰め掛けているのだろうかと期待して出かけたのであるが生憎の天候のせいもありゲレンデは閑散としていた。その中で山スキーの練習で積極的にオフビステに突っ込んでみた。

2008年
12月29日
(晴)

戸隠スキー場
シニア1日券
(\2,500)

少雪傾向でしたが何とか降雪があり今シーズンも戸隠スキー場で初滑りを楽しんだ。すばらしい好天の下、北アルプスや頚城山塊の山々の絶景を見ながらの滑走は正にスキーの醍醐味を味わうことが出来た。山スキーの初下ろしでもあった。

  月 日
(天候)
スキー場 コメント
2008年
3月22日
白馬岩岳
シニア春スキー
(¥2000)
2008年の滑り納めは白馬岩岳スキー場に出かけました。すばらしい天候の下、白馬三山が眼前に見えて感激です。私はマラソンの疲れもあって甘利滑ることが出来ませんでしたが、ムスコは難しいモーグルコースに果敢に挑戦していました。へっぴり腰でもゲレンデを滑るには問題なくなりました。来年は山スキーに挑戦しようと本気で思っています。
2008年
3月8日
志賀高原
シニア全日券
(¥4000)
スキーのメッカ志賀高原に初めて踏み入ることが出来ました。高天ヶ原〜一ノ瀬〜焼額山〜奥志賀と欲張って滑ることが出来ました。さすが志賀高原という思いを強くしました。すばらしい天気の下でよかったです。
2008年
3月2日
根子岳
奥ダボスリフト1回
(\400)
山仲間のこばさんからお誘いを受けて前日は長野県須坂青年の家に泊まりました。長野県山岳協会の雪山交流会です。こばさんから山スキー一式をお借りし、初めてシール登行で根子岳に登り、小根子岳からゆっくりと山スキーを楽しみました。来年は本格的に山スキーを始めようと思っています。
2008年
2月23日
妙高杉ノ原
リフト割引券
(¥2000)
割引券消化のため再び妙高杉ノ原に来ました。朝から天候悪く午後からは殆どホワイトアウト状態になりました。しかし降雪のお陰でパウダーなゲレンデに変わり、ムスコと二人で今日もリフト最後まで楽しみました。
2008年
2月14日
根子岳
奥ダボスリフト1回
(\400)
山スキーへの思い断ちがたく、今年は早めの根子岳登山&スキーを楽しんだ。昨夜までの積雪30センチを避難小屋から上はノートレースであったがスノーシューで快適に山頂を踏んだ。スキーのイメージを膨らませて出かけたので昨年よりは良い滑りが出来たと思うが、山スキーには程遠いものではあった。
2008年
2月9日
〜10日
妙高杉ノ原スキー場
民宿こまどり荘
宿泊(¥6,500)
リフト1日割引券
(¥2,000)
今シーズンの1泊スキーは妙高に来た。三田原ゾーンの最上部は三田原山直下までリフトが伸びていて驚きであった。そこから山麓駅まではロング滑降が楽しめるが足が持たない。広大なゲレンデの割りにリフト本数が少ない為にリフト&ゴンドラの待ち時間があり、ロスタイムも多かった。これは連休による為とも思われる。
2008年
2月2日
ヤナバスキー場
全日券
(\1,000)
リフト全日券1000円という新企画で注目されています。リフト2本だけの小さなスキー場だが初心者には程よいゲレンデで結構賑わっていた。ゲレンデ上部は上級のモーグルコースになっていて、山スキーの練習に果敢に突っ込んでみるが、やはりまだ私には厚い壁ではあった。

2008年
1月12日
雨/雪
菅平高原スキー場
シニア1日券
(\2,500)
寒の最中と言うのに菅平高原も雨が降っていた。しばらく様子を見ていたが9時半頃から雨も上がったのでゲレンデに出てみる。ゲレンデはアイスバーンになっていて最悪のコンデションであった。11時頃からパウダーな雪が降り出して見る見る間にコンデションは良好になった。3連休を楽しむ都会からのスキーヤーには良い思い出となってくれたものと思う。今日もリフト終了ラストまで滑った。ゲレンデを後にする頃は根子岳も全景を見せてくれた。

 

2007年
12月23日
戸隠スキー場
シニア1日券
(\2,500)
2008年のスキー初すべりも戸隠スキー場に来た。2週間前にホノルルマラソンを走り南国を楽しんだ後であったので少し不思議な感じがした。まだシーズンイン直後で積雪量も少し足りない感じではあったが、われらビギナー級には十分である。10ヶ月振りのムスコはランニングで体を鍛えていたせいかしっかりとした滑りをしていて驚きである。ムスコと二人滑りはじめもリフト終了時間一杯まで滑り、満足のシーズンインだ.

2007年skiing記録

  月 日
(天候)
スキー場 コメント

2007年
3月15日
根子岳
奥ダボスリフト1回
(\400)
昨年山スキーを始めて体験した根子岳に行って見る。3日ほど前に降った雪がパウダー状態で絶好のコンデションであったがオフビステンを滑るのは初めてであって、ボーゲンでも滑り降りることが出来なかった。来期は山スキーに参戦も夢物語となりそうである。

2007年
3月3日
タングラム斑尾
リフト招待券
暖冬の影響で雪があるか心配されたのであるが、今日がシーズン最後の週末という感じですべることが出来た。所々に芝が露出していて今年は猛無理だなと思わせられた。ゲレンデスキーは今年最後のものと思う。その分眼前に輝く妙高山が素晴らしかった。

2007年
2月17日
〜18日
17日晴
18日霧
栂池高原
シニアリフト2日券付
(一泊¥12,200)
2007年の親子一泊スキーは栂池高原スキー場にした。広大なゲレンデはたくさんのコースとロング滑降コースがあり、それぞれのレベルに応じて楽しむことが出来る。初日は天候にも恵まれて白銀の白馬三山を見ながらスキーの本当の醍醐味を味わうことが出来た。二日目は一転霧の為ホワイトアウト状態になり残念ではあった。しかし今年も64歳の歳を忘れて滑りまくることが出来て大満足であった。

2007年
1月27日
(小雪・曇)

サンアルピナ
鹿島槍
シニア1日券
(\2,600)

雪不足が心配される中でしたが北アルプス山麓はその心配もなく楽しくすべることが出来た。鹿島槍は姿を見せなかったが小雪が舞う中ここでも若者に負けないくらい滑りまくった。そんなに上手くはならないが楽しいことが一番である。

2007年
1月13日
(晴)

戸隠スキー場
シニア1日券
(\2,600)

2007年の初すべりも戸隠スキー場であった。雪不足が心配されたが1週間前に降った雪で何とか全コース滑走可能であった。しかし休日にもかかわらずスキーヤーが少なく寂しいゲレンデであった。兄の指導の下、少しすべると勘も戻り、ムスコと二人メノウコースなどを中心に最後まで楽しむことが出来た。

2006年skiing記録

  月 日
(天候)
スキー場 コメント

2006年
4月1日
(晴)

戸隠スキー場
シニア1日券
(\3,000)

今シーズン最後となるスキーを楽しんだ。昨年ここから始めたスキーも2シーズンたつと親子ともどもずいぶんと上達したもので、好んで上級ゲレンデを滑るようになった。私はもう戸隠のゲレンデはほとんど滑り降りることができるようになり、満足のシーズンであった。来年は山スキーかテレマークに変えて楽しみを倍加させたいものと思うのであった。

2006年
3月21日
(曇)

戸隠スキー場
シニア5.5時間券
(\2,600)

師匠である兄と1年ぶりに滑った。足で滑るのでなく腰で滑るようにというアドバイスを受け、それを意識して練習した結果怖さが先立った急斜面も楽々こなせるようになり、格段の進歩を遂げた。やはり自己流ではいつまでたっても上達はおぼつかないことを思い知らされ良い1日であった。

2006年
3月11日
(晴)

サンアルピナ
白馬さのさか
オリンピックスポーツで
招待券

タングラムに続きオリンピックスポーツでもらった招待券で白馬さのさかで滑った。午前中は天気も良く汗ばむ陽気の中だった。雪質も悪くなりスキーシーズンもそろそろ終わりかなと思わせるコンデションであった。ムスコと二人上達したことを確認できてうれしかった。

2006年
3月07日
(快晴)

菅平スキー場
奥ダボスリフト2回
(\800)

天気もよいので初めての山スキーを試したくなり、奥ダボスから根子岳を目指す。大した傾斜もなくヘリポートまでは1時間半で登れた。山頂を踏んだ後、一気の滑降を楽しむことができた。これは病み付きになりそうである。

2006年
2月25日
(快晴)

斑尾タングラム
オリンピックスポーツで無料券

篠ノ井のオリンピックスポーツで無料リフト券をもらったので出かけた。すばらしい天気に恵まれて妙高山や黒姫山を眺めながら1日楽しく滑ることができた。息子も本当にうまくなり大満足の1日であった。

2006年
2月20日
(曇)

聖山パノラマ
12回回数券
(\1,500)

自宅から一番近いスキー場に出かけ、平日のせいか閑散としたゲレンデで黙々と練習をした。中級コースは問題なく滑れることが確認できた。午後からは雪も降り出したので早々と引き上げて近くの別荘地を散策した。



2006年
2月11日
〜12日
(晴/雪)

 

野沢温泉
シニア2日券
(\6,000)

1日目はすばらしい天気に恵まれて千曲川の対岸に広がる関田山脈を眺めながら「パラダイスゲレンデ」で滑った。3時頃から最高所の毛無山にある「やまびこゲレンデ」を滑った。

民宿大沢荘の泊まり心地もよく、芋を洗うが如きの「新田の湯」に浸かり地酒水尾を傾けながらゆっくりと休むことができた。

2日目は雪模様となり5メートルを越す豪雪の「やまびこゲレンデ」は吹雪状態であった。吹雪の中を若者の混じって滑りまくり今日もまたリフト運転のラストコールがあるまで滑った。

2006年
1月22日
(晴/小雪)

サンアルピナ
鹿島槍
シニア1日券
(\2,500)

朝から青空が広がり鹿島槍ヶ岳の雄姿も雲の切れ間から覗かれる絶好のコンデションの中であった。バラエティに富んだゲレンデがいくつもありあり楽しむことが出来た。リフト最高地点から下る林道コースでも結構な傾斜が有りよい練習になった。中級コースのゲレンデで何回も転びながら夕暮れまで滑りまくった。60歳を過ぎた自分がこんなに夢中になれることが不思議である。

2006年
1月8日
(曇)

八方尾根
シニア1日券
(\3,600)

待望の八方尾根スキー場であったが生憎の天気でもうひとつの楽しみである白銀の白馬連峰を望むことが出来ずに残念であった。しかし、広大なゲレンデと変化のあるコースでたっぷりと滑ることが出来て大満足でくぁった。又県外からのスキーヤーが多く地元信州人としてはこれも嬉しい限りであった。

 

2005年
12月24日
(晴)

 

菅平
シニア1日券
(¥2,500)

スキーを始めて2シーズン目となった。12月15日頃から降り始めた雪でこの冬はたっぷりと雪があり、スキーヤーには嬉しいシーズンとなりそうである。息子と二人で菅平高原で初滑りを楽しんだ。午前中は怪しい天気であったが午後からはすっきりと晴れて好コンデションの中、リフト営業終了まで滑った。

2005年skiing記録

  月 日
(天候)
スキー場

コメント

3月31日
(曇)
黒姫スノーパーク
特別割引
(¥500)
今年から始めたスキーの集大成として黒姫スノーパークに出かけた。朝のうちは黒姫山や妙高山が朝日に輝いていたが、徐々に天候悪化し午後からは小雪が舞いだすコンデションとなった。しかしこれもまたすばらしい風情と納得し思いっきり今年の滑り納めをした。

3月22日
(曇)
菅平
シニア1日券
(¥2,500)
天候が危ぶまれたが、時間が有ったので菅平スキー場へ出かけた。さすがスキーパラダイスだけのことはあって、広大なゲレンデにはいつも圧倒される。残雪もたっぷりで、シーズンも終わりかけの中、斜度のきついゲレンデを中心に練習を重ねた。華麗なとはいえないが強引な滑りで何とかこなし、又自信をつけた。

3月13日
(晴)
戸隠越水
シニア1日券
半額デー

(\1,500)
黒姫スノーパークに行こうと支度をしていたら、戸隠がホームの兄貴から誘いがあり急遽変更し今年3回目の戸隠スキー場に向った。昨夜の新雪が10センチほど積もりパウダーなゲレンデを楽しむことが出来た。午後からは本格的なゲレンデ練習をつみ、何とか中級コースのゲレンデを滑り降りることが出来た。昨日のマラソントレーニングの疲れもあり、少し早めに切り上げたが上々の気分で山を下った。
今年最後の滑りは、今月末奥志賀を予定している。
2月20日
(晴)
しらかば2in1
シニア1日券
(\2,800)
北信地方の天候が悪そうであったので、白樺湖まで車を走らせて。しらかば2in1で終日滑りまくった。雪が締まってきてスピードを抑えることが難しかったが、最後には納得できるすべりが出来るようになった。
眼前の蓼科山・車山が眩しいくらいに光っていた。

2月06日
(晴)

戸隠越水
シニア1日券半額デー
(\1,500)
少し風があったが絶好の天気の中、戸隠スキー場で1日中滑りまくった。ムスコにも厳しい練習を課して、夕方には二人とも瑪瑙山からの中級コースを難なく滑り降りられるようになった。大喜びするムスコを見て大満足であった。
1月30日
(晴)
聖山パノラマ
12回回数券
+6回

(\2,250)
ムスコと二人で今日も特訓をしてきた。天気も良くて、雪焼けで顔がひりひりしている。初級者コースを楽しみながら滑れるようになって満足だ。
1月26日
(曇)
聖山パノラマ
12回回数券
(\1,500)
今年1月長野市に編入合併した旧更級郡大岡村にあるスキー場で秘密の特訓をしました。少しコツがつかめるようになり、最初は怖くて緊張した初心者コースも最後は何とか滑れるようになった。
1月16日
(曇)
戸隠越水
5.5時間券
(\2,300)
小雪が舞う絶好のコンデションの中、ムスコと二人デビューしました。兄がコーチをしてくれました。こんなすばらしいことを今までしてこなかったことを少し、後悔しています。