北志賀高原・カヤの平周辺の山
(高標山・城蔵山・木島山・大次郎山)
高標山 コウヒョウサン 標 高 1747m 信州の里山 山 域 北志賀
登 山 記 録
登山月日 2022年6月24日
登山経路 カヤノ平北志賀林道入口7:15〜登山口7:30〜稜線分岐8:30〜高標山9:00/9:15〜林道入口10:40
行動時間 登り 1時間45分 下り 1時間25分 合計 3時間25分 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス カヤノ平迄は快適山岳道路 林道入口までも舗装道路
トレイル 林道を10分ほどで山頂まで快適トレイル
水場・toilet カヤノ平キャンプ場管理等にtoilet自販機ある
その他 信州ふるさと120山完登の山
山行記


林道入口・登山道入口


快適トレイルを行き祠の立つ高標山





高標山は「山渓日本の山1000」に数えられている山で、「日本の山1000」の集大成の山と思っていたのであるが、「日本の山1000」全山登頂は無理になった今、残しておくほどの山ではないと思い登頂することにした。
梅雨明けを思わせられる陽気の中、早朝カヤノ平に車を付け、キャンプ場の管理棟に車を止めて朝食をとっていると、キャンプ場の関係者や根曲筍採りの車が続々と続いていた。
高標山への登山口はカヤノ平の一角にある、北志賀林道入口からである。2台の車が停まっていて、1台は筍採りの支度をしているところであった。
軽荷を背負って林道に入り、10分ほどで登山道入口に着いた。標識には「高標山」の下にローマ字で「KOHYOZAN」となっていた。「たかっぴょうやま」とばかり思っていたので意外であった。登山道は緩く快適トレイルが続いていた。根曲筍採取の声が響く中ゆっくりと登って行く。1時間ほど歩いて左側からの道を合わせて、少し下り勾配のトレイルに変わった。ツバメオモトやゴゼンタチバナなどの春の花々の咲く道を行くと、山頂付近では数名の筍採りが大声上げて採取していた。最後は少し急登になって石祠が立つ高標山山頂に着いた。後方に岩菅山などの志賀高原の山々、眼前に中の市街地などを観ることが出来た。
「日本の山1000」987山目であり、「信州ふるさと120」山の完登の山でもあった。


城蔵山 ジョウクラヤマ 標 高 1665m 信州の里山 山 域 北志賀
登 山 記 録
登山月日  
登山経路  
行動時間 登り 下り 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候  
メンバー  
情   報
アクセス  
トレイル  
水場・toilet  
その他  
山行記




木島山 キジマヤマ 標 高 1571m 信州の里山 山 域 北志賀
登 山 記 録
登山月日 2021年11月3日
登山経路 奥志賀公園線8:35〜木島山9:40/9:50〜公園線10:35
行動時間 登り 1時間5分 下り 45分 合計 2時間 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス 奥志賀公園線は快適山岳道路
トレイル 登山道・踏み跡・赤布無しの笹薮
水場・toilet 水場toilet共に近くには無い
その他 笹薮は割合薄くそれほど問題なく歩ける
山行記


木島山山頂


比較的歩き易い笹薮





奥志賀公園線の木島平村・栄村の境界標識が立つ場所の、木島平村側に100mほど入った地点が木島山への入山地点であって、道路脇には駐車スペースもあった。
入山口付近は笹薮が濃く何処を登ろうかと迷うほどだったが10mほど笹薮を突破すると膝丈の笹薮に変わっていた。尾根形状は広く特定できるほどの尾根ではなかったが、ブナ林の中に入って高度を上げていった。山頂近くになると勾配も緩み、笹薮も背丈ほどになって少々煩くなったがそれほど長い距離ではなかった。最高点と思われる付近でGPSを頼りに三角点を探すと大きな樹木の脇に発見することが出来た。踏み跡も赤布もない木島山で三角点脇の樹木にも赤テープなども巻かれていなく、まさに自然以外何もない木島山ではあった。


大次郎山 ダイジロウヤマ 標 高 1662m 信州の里山 山 域 北志賀
登 山 記 録
登山月日 2021年11月3日
登山経路 奥志賀公園線竣工記念石碑前11:30〜大次郎山12:40/13:05〜記念石碑前14:10
行動時間 登り 1時間10分 下り 1時間5分 合計 2時間40分 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候 霧雨
メンバー 単独
情   報
アクセス 奥志賀公園線
トレイル 急峻な崖を駆け上がり 根曲がり竹・笹薮地獄の完全藪山
水場・toilet 沢水取れる toiletは無い
その他 三角点は発見できず
山行記






奥志賀公園線の竣工記念石碑が立つ地点が大次郎山への入山地点で石碑の脇には駐車スペースがあった。
大次郎山から張り出した尾根は道路脇は密藪でとても進入できそうになかった。道路上を野沢温泉側に入山場所を探したが、擁壁が続いていてそれと思しき場所はなかった。石碑側に戻って擁壁が途切れた地点に小さな沢が下っていて、側溝の集水桝に合わさる場所が有った。上方を見上げるとカヤトの枯れ草が有りその上に大次郎山に近い山頂稜線が見えた。その高度差は70〜80mほどで、ここを駆け上がろうと決断した。もちろん踏み跡や赤布などもない。
水の流れる小沢沿いに高度を上げて行くとやがて小沢の源頭に着き、その上方は被さるような崖であった。しかし崖には笹や小灌木が生えていてそれらに掴まれば稜線上に登れるだろうと思いアタックを覚悟した。30mほどの高度差を足場を固め笹に掴まりながら高度を上げて行き、崖の中段の大木の根で一息入れながら何とか稜線に登りついた。稜線から先は緩い勾配の中笹薮が根曲がり竹の密藪に変わっていて前進もままならなかった。15分ほど根曲がり竹を掻き分けて最高点付近に着いた。GPSを見ながら三角点を探したが20分以上も探したが発見できなかった。
最高点付近の樹木をカメラに収めて、下りは崖を避けて南島尾根を公園線に下ったが、根曲がり丈地獄は公園線まで続いていた。

山行の記録に戻る