喬木村の山
喬木山 タカギヤマ 標 高 1193m 南信の里山 山 域 伊那山地
登 山 記 録
登山月日 2021年3月30日
登山経路 矢筈ダムキャンプ場6:25〜喬木山8:05/8:15〜キャンプ場9:35
行動時間 登り 1時間40分 下り 1時間20分 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス 三遠南信道矢筈トンネルまで一般道
トレイル 登山道は無いが尾根上にそれなりの踏み跡ある
水場・トイレ キャンプ場と矢筈トンネル入口に公衆toiletあるが冬季閉鎖中であった キャンプ場の水道も出なかった
その他 取り付きが急登で落石起こすと道路に落ちる危険ある
山行記


岩稜もある尾根を越えて喬木山山頂



喬木山の入山口は三遠南信道の矢筈トンネルの手前矢筈ダムのキャンプ場からである。今はキャンプ場の営業は停止していると思われ管理棟の「矢筈ビュー」も廃屋状態であった。閉鎖されたtoilet脇に車を停めて国道の反対側に「木地屋の墓」と云う標識の立つ地点で山中に入った。数基の墓石を見て仮設建物の裏側に延びる踏み跡を追ったがすぐに落葉の下に消えていた。被さるような急坂の尾根に取り付き手足使って高度を上げて行く。落石を起こせば下の道路まで絵落下しそうなので慎重に歩いて岩場を乗り越えると一安心であった、更に急坂を凌いでスギ林のピークに着くと踏み跡が有った。スギ林のピークからは一旦30mほど高度を下げて再び急坂を凌いで登りついた尾根が喬木山に続いていた。尾根上は一部岩稜も現れたが危険を感じる保津の事もなく山頂に続いていた。小休憩の後往路を下ったが最後の急坂の尾根は落石防止のためか立入禁止のロープが張られていたのでスギ林の中を下った。


    標 高 日本の山1000 山 域  
登 山 記 録
登山月日  
登山経路  
行動時間 登り 下り 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候  
メンバー  
情   報
アクセス  
トレイル  
水場・トイレ  
その他  
山行記




    標 高 日本の山1000 山 域  
登 山 記 録
登山月日  
登山経路  
行動時間 登り 下り 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候  
メンバー  
情   報
アクセス  
トレイル  
水場・トイレ  
その他  
山行記




    標 高 日本の山1000 山 域  
登 山 記 録
登山月日  
登山経路  
行動時間 登り 下り 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候  
メンバー  
情   報
アクセス  
トレイル  
水場・トイレ  
その他  
山行記



山行の記録に戻る