野反湖周辺の山

日本二百名山 白砂山 シラスナヤマ 標 高 2140m

山 域

上信
登 山 記 録
登山月日 2002年5月5日
登山経路 野反湖7:15〜堂岩山9:50/10:00〜白砂山11:15/12:35 〜八間山分岐13:40〜八間山15:25〜野反湖17:15
行動時間 登り4時間 下り(八間山経由)4時間40分 合計10時間(休憩時間含む)
天  候 曇後晴
メンバー 単独

情  報

アクセス 登山口の野反湖に行くにはR141の長野原から入るしか道はないのである
トレイル 白砂山は残雪の中も良く踏まれていて迷うことはない 八間山からの下りは不鮮明で道を間違えやすい忠実にテープを拾うこと
水場・トイレ 水場はないが融雪時は? トイレなし
その他  
山行記


白砂山(八間山への稜線から)

白砂山の山域区分は難しい。上信の山と言っても長野県側からは、志賀高原に登らなければその山容を見ることが出来ない。登山口の野反湖に行くにはR141の長野原から入るしか道はないのであるが、野反湖まで入れば、標高は1600mを超えて白砂山の登山口である。やはりこの山は上州の山の区分になるであろうか。
下界は今年初めて、30度を越す真夏日が予想される中、7時前に野反湖に到着したが、この山上湖には霧雨が舞い、肌寒い。朝食をとる間には山特有の雨が激しく降りだし、出発を少し見送る。間違いなく雨が上がることが雲行きで判断できるので、雨着をつけて新品の重登山靴の靴ならしを兼ねて出発する。今日はこの重登山靴に色々左右される登山であったのだ。
ノゾキ沢の丸木橋を渡って、地蔵峠までくると残雪が豊富に現れる。緩やかな登山道を踏みあとを確実に拾いながら黙々と進む。小休止を2回挟み、2時間半かけて堂岩山らしきに到着した。樹間の中、ガスが掛かり更に雪上のトレースを拾いながらの登山は、「一体何処を歩いてきたのだろうか」と思い出せない。
堂岩山を過ぎるあたりから時々ガスも晴れて、目指す白砂山が垣間見られるようになると一安心だ。途中苗場山から山中2泊を要して縦走してきたという男女4人組みには脱帽である。更に残雪や痩せおねを1時間少しあえぐと、まだ完全にガスが晴れない中、先着の4人が休憩中の頂上に飛び出した。
汗を拭い、水を飲んでいる間に情況がどんどん好転し、15分もすると志賀高原の盟主岩菅山や佐武流山が姿を現して思わず感性が上がり写真の撮り合いとなった。この幸運に食事を取りながら1時間20分もの山頂スティをきめこんだ。この間の山頂滞留者は先着の4人、入代わりに上がってきた2パーティ4人と、私を含め9人だけであった。人気の山もまだこの時期静かな山が楽しめたと言うものである。
下山は2時間近い稜線漫歩を楽しみながら八間山に回った。
八間山からの下りは、雪上のトレースを一気に追ったが「奈落の沢に突っ込んでいやしないだろうか?」と言う心配した通り、ノゾキ沢の上流に道を間違えていた。戻るのも面倒と、藪を漕ぎ、高巻きと徒渉を繰り返しながら、ノゾキ沢を1時間近くかけて丸木橋に着いた時は5時を回っていて、全く疲労困憊であった。まさしく今日は森の住人カモシカの心境である。しかし「こういう無謀が遭難の始まりなんだな」と自問自答し反省することを忘れなかった。
重登山靴の靴慣らしと、いいながら薄手の靴下であった無知さゆえ、靴の中で足が泳ぎ足は痛い、ペースは上がらない散々な目にあったが。しかし藪漕ぎ・徒渉時には、しっかりした防水が利いていて、足を濡らすこともなく、帰りついたことも反省と共に収穫であった。


左佐武流山・右後苗場山


三壁山 ミツカベヤマ 標 高 2079m 山 域 上信
本高山 ホンタカヤマ 標 高 1975m 2000m超峰 山 域
高沢山 タカサワヤマ 標 高 1906m 山 域
エビ山 エビヤマ 標 高 1744m ぐんま百名山 山 域
登 山 記 録
登山月日 2017年6月30日
登山経路 野反湖キャンプ場(5:45)〜三壁山(6:35)〜カモシカ平分岐(7:05)〜カモシカ平(7:20)〜大高山(9:10/9:35)〜カモシカ平(10:25)〜高沢山(10:50)〜エビ山(11:40/11:55)〜キャンプ場(12:45)
行動時間 大高山まで 登り 3時間25分 下り 3時間10分 合計 7時間  (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候 雨/曇
メンバー 単独
情   報
アクセス 野反湖まで快適山岳道路R405が続く
トレイル カモシカ平から先笹藪被るところもあるが 野反湖を囲む登山道はよく整備されている
水場・トイレ 水場はキャンプ場とミツカベヤマ途中とカモシカ平にある toileは登山口のキャンプ場以外はない
その他 野反湖は1500mを超える避暑地
山行記


最初の峰三壁山・カモシカ平分岐


笹とヨシ原のカモシカ平


縦走路の突起大高山


大高山山頂
15年ぶりの野反湖湖畔であるが記憶はほとんど消えていて、標高1500mを超える大きなダム湖の野反湖に感動である。
前夜は野反湖キャンプ場の駐車場で車中泊した。未明に降り出した雨は夜明けには本降りとなってしまって、早朝早掛け登山を考えていたので気を揉みながら雨の止むのを待った。雨が小降りになったので6時前にはゴム長靴履き雨合羽着て、雨傘差してキャンプ場から三壁山登山道に入った。
野反湖畔周回登山道としてよく整備されていて緩く登って行く。途中水場で一息入れて三壁山には登山口から50分で登り着いた。すでに標高2000m近い稜線である。稜線を高沢山直下のカモシカ分岐には30分で着いた。笹原のカモシカ平に下って腰丈の笹が被さる道を登りかえして行く。雨露が合羽を滲みて下半身が濡れてきたが、この時期濡れてもそれほどは気にならないのである。笹原を抜けて樹林帯に入って樹木の根元に腰を下ろしておにぎりを頬張った。
樹林帯の中も笹が被さる道が続いていたが傾斜も緩く快適に歩ける。標高1965mピークに着くとカモシカ平との中間点で残りは1キロほどである。雨の上がった稜線を」ゆっくりと歩いて大高山に着いた。雨上がりの大高山ではあったがまだガスで展望は開けていなかった。先週は子の稜線の先のダン沢ノ頭まで赤石山から来ているので行ってみたい誘惑もある。山頂で軽食取りながら30分ほど休憩し、雨合羽を脱ぎ虫よけのアームカバーを付けて往路をカモシカ分岐に戻った。
カモシカ分岐から高沢山に登りエビ山に下った。野反湖畔の一番低いエビ山がぐんま百名山に数えrされているのには首を傾げた。雨が完全に上がったエビ山で一息入れて、眼下に野反湖を見ながらキャンプ場に下った。湖畔の遊歩道をゆっくりと歩いて駐車場に戻った。このコースは目標の山頂とその中間点に案内標識が立っていて安心して歩けるコースである。


高沢山・エビ山


高間山 タカマヤマ 標 高 1342m ぐんま百名山 山 域 吾妻
登 山 記 録
登山月日 2017年6月22日
登山経路 高間峠13:40〜高間山13:05/13:10〜高間峠14:30
行動時間 登り 25分 下り 20分 合計 50分 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー Yさんを案内
情   報
アクセス 高間峠まで舗装道路が続く
トレイル 山頂まで少々急登の一本道
水場・トイレ 登山口にもない
その他 高間開拓地の先の山
山行記


間山山頂と高間峠

草津温泉バスターミナルで合流し長野原まで下って旧六合村方面への道に入り高間集落を目指した。限界集落ともいえる高間開拓地に着き、農作業の古老に高間峠への道を尋ねたが、暮坂峠へに進んでしまった。別荘地と思える場所で住人に丁寧な案内をうけ高間集落に戻る。電動車椅子に乗る長老に高間峠への道を尋ねるとすぐ先であることを教えてくれた。30分ほどの登山口探しであった。
高間峠には王城山・高間山登山口のV字型の案内標識が立っていた。1名を車に残してYさんと二人カメラだけ持って高間山登山道に入る。雑木林の中少々草叢が被さるところもあったが一気の急登を凌いで登山口からは20分ほどで山頂に立つことができた。


池ノ塔山 イケノトウヤマ 標 高 2217m 2000m超峰 山 域 上信
坊主山 ボウズヤマ 標 高 2120m 山 域
逢ノ峰 アイノミネ 標 高 2110m 山 域
登 山 記 録
登山月日 2017年6月22日
登山経路 逢ノ峰   草津白根山駐車場4:35〜逢ノ峰4:50〜駐車場5:05
池ノ塔山 R292日本国道最高所5:40〜雨量観測所〜藪山敗退6:20
坊主山  R292草津白根山後方駐車場6:40〜遊歩道〜坊主山〜駐車場7:10
行動時間 登り 下り 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス 志賀草津ラインR292から
トレイル 池ノ塔山は完全藪山 坊主山はR292から遊歩道が延びる 
逢ノ峰は草津白根山ビジターセンターから遊歩道
水場・トイレ 無し
その他 池ノ塔以外は簡単に山頂踏める2000超峰
山行記


逢ノ峰山頂に立つ東屋

【逢ノ峰】
夜明け前に草津温泉を出て、草津白根山のビジターセンターの駐車場に車を停めた。逢ノ峰への遊歩道入り口には柵がしてあって進入禁止のようであるが委細構わず遊歩道に入る木製階段なども設置されていて緩く登って行くが山頂近くにんると遊歩道には笹が被さるところもあった。数年草地白根山の入山が規制されているのでこの山も登山するものはないのだろうと思った。霧に巻かれきゅふう吹きすさぶ中東屋の立つ逢ノ峰山頂に着いた。手作りの山頂標識が樹木に下げられていて、付近を三角点を探したが見当たらなかった。

【池ノ塔山】
R292を渋峠ヒュッテに着く群馬県側の300mほど手前に駐車スペースがあって「日本国道最高地点」碑が立っていて、晴れれば眼下に芳ヶ平湿原を見ることができるという案内看板があった。地図を見るとここらあたりから100mほど真上が池ノ塔山である。笹原に作業道のような道が切り開かれていたので中に入ると50mほど先に雨量観測所の施設が立っていた。その先は完全藪山であった。駐車場所に戻り国道わきに他に入山できる道はないか10分ほど探したが見当たらない。再び雨量観測所への道に入って観測所から後方の藪山に突っ込んで15分ほどもがいたが屈強なハイマツが現れてとても前に進むことができなかった。池ノ塔山まで標高差50mほどの地点で敗退して駐車場所に戻った。残雪季であれば難なく登れることが分かったので来季再アタックを考えている。


藪山の池ノ塔山


国道日本最高所・坊主山

【坊主山】
R292を渋峠から山田峠に下って行くと中央分水嶺に標識が立つ辺りで目の前にこんもりと見える山が坊主山である。
山田峠の先の草津白根山を後方から観る地点の駐車場所に車を停めた。万座山方面に続くであろうと思う遊歩道が整備されていたので、難なく坊主山を踏めると思ったが遊歩道は一旦高みに上がった後坊主山の山腹を巻いて高度を下げて行く。10分ほど下がったが山頂に続く道でないことを察して最高点まで登りかえした。最高点付近から道が分かれていて膝丈の笹原に細い遊歩道が延びていて坊主山山頂と思しき平坦な山頂に着いた。標識も三角点もないので山頂と思しき付近を5分ほど散策して駐車場に戻った。駐車場に戻ると霧が晴れて登った山が坊主山であることが特定できた。万座スキー場のリフトトップ付近~坊主山をカメラに収めた。


万座スキー場の坊主山と山頂

【芳ヶ平湿原】
逢ノ峰・池ノ塔山・坊主山ノ2000m超峰3山に登った後、草津温泉で山友との町粟佐時間にはまだ十分時間があるので、白根山ビジターセンターに車を置いて芳ヶ平湿原を訪ねた。朝のうちは霧に巻かれていたが8時を過ぎる頃にはすっかり晴れ渡っていた。
第一駐車場から第三駐車場を通り国道を歩いて芳ヶ平への道に入ったが、第一駐車場から白根山の山麓に柵沿いの遊歩道がつけられていた。遊歩道は車道兼用で広く緩く下って行く。残雪を踏むところもあったがここも白根山の糞か警戒レベルが上がって入山が規制されていたのだろうか一部は荒れたところもあった。駐車場から1時間ほどで芳ヶ平ヒュッテに着いた。管理人がジープで買い物に行くと云って歩いてきた道を走って行くところであり、ヒュッテは締まっていた。ヒュッテの後方に回ると小ぶりながらも見事ン湿原が広がっていた。草津白根山の赤茶けた山体を映した池塘には目をみはるばかりであったが、残念ながらスマホの電池切れとデジカメを車に置き忘れてきてしまい。カメラに写すことができなかった。整備されつぁも駆動を15分ほど歩いて芳ヶ平ヒュッテに戻り、往路の遊歩道を白根山ビジターセンターに戻った。
「行程」
白根山ビジターセンター8:30〜芳が平湿原9:20/9:45〜ビジターセンター10:45

山行の記録に戻る