渋民山・芦田坂山
渋田見山 シブタミヤマ 標 高 1557m - 山 域 筑摩山地
登 山 記 録
登山月日 2015年5月27日
登山経路 内の沢山林道途中10:45〜林道跡尾根取りつき11:20〜西ピーク12:05/12:50〜渋田見山13:15/13:30〜西ピーク14:00/14:10〜(道迷いロス約30分)〜林道〜駐車場所16:15
行動時間 合計5時間30分 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス 「練馬区少年の家」の先に林道が延びている未舗装ながらそれ程荒れていない
トレイル 林道から先には登山道はないが尾根に顕著な踏み跡がある
水場・トイレ 水は沢水取れる トイレ自販機は少年の家施設で
その他 ワラビが群生していた
山行記

適当に登りついた西隣のピークから稜線を30分ほど歩いて


山頂直下の熊などのヌタバ・三等三角点の渋田見山

旧武石村の巣栗渓谷近くに「練馬区少年自然の家」の施設がある。少年の家から先に延びる林道に入り、しばらく別荘地内を走ると「巣栗渓谷遊歩道入口」の看板があり、その先に未舗装の林道が続いていた。未舗装ながらも路面状態は良く2キロほど入って林道が二股に分かれる手前の路肩に駐車した。林道終点まで歩いたが、「一升瓶を逆さまに吊るした登山口」は見落としたのか探すことはできなかった。水道の取水設備と思われる施設がある小沢を渡ると林道は実生の雑木が茂り廃道となっていた。林道跡を10分ほど進むと右側から尾根が張り出していて、尾根に取りつく地肌むき出しの崖には踏み跡があって、これを追うことにした。尾根に出ると登山道とは言えないが顕著な踏み跡があった。尾根は緩く続いていたが、やがて急登となり山頂稜線に登りついた。山頂稜線を右に取り、渋田見山と思しき最高点に着いたが山頂標識も三角点も見当たらなかった。スマホで位置確認すると渋田見山の西側にあるピークに着いたようである。渋田見山方面を樹間越しに見れば渋田見山よりこちらのピークの方が高いようだ。この峰で昼食をとり、付近に群生して生えるワラビを採って1時間ほどの休憩である。西ピーク〜膝丈の笹薮の中に顕著な踏み跡が続く稜線を下って行く。最低鞍部には水たまりもあるヌタバがあり、少し登り返すと三等三角点の渋田見山であった。樹林に囲まれていて展望はなかったがとても良い雰囲気の山頂である。山頂をカメラに収めた後、「一升瓶逆さま・・・登山口」からの踏み跡を慎重に探しながら稜線を戻ったが西ピークまでそれらしき踏み跡を見つけることはできなかった。西ピーク付近で再びワラビを採り、登った尾根を下ったが、途中で山頂稜線を行きすぎて往復20分ほどロスしたが、林道跡に下り立った。


渋田見山山頂


芦田坂山 アシダサカヤマ 標 高 1084m 山 域 笠取峠
登 山 記 録
登山月日 2019年4月24日
登山経路 笠取峠・学者村の裏山散策
行動時間 登り 下り 合計 5分 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス 学者村別荘地内の舗装道路の終点
トレイル 砂利道から3分
水場・トイレ
その他 三等三角点峰
山行記

三等三角点の芦田坂山

笠取峠にある別荘地学者村の最高点にある山で、学者村の舗装道路の終点から砂利道を300mほど走って、カラマツ林の下笹に隠れがちの三角点があった。



中山道笠取峠・学者村別荘地

山行の記録に戻る