佐久の山
(茂来山・四方原山・榊山)

四方原山 ヨモハラヤマ 標 高 1631m 一等三角点高度順84位

山 域

佐久

 
一等三角点の山頂と春霞に煙る西上州の山々

登 山 記 録
登山月日 2005年4月6日
登山経路 古谷ダム上流乙女渓谷キャンプ場11:35〜村界コース分岐12:10〜四方原山13:55/14:10〜村界コース分岐14:05〜登山口15:25
行動時間 登り2時間20分 下り1時間20分 合計3時間55分(休憩時間を含む)
天  候
メンバー 単独

情  報

アクセス R299古谷ダム上に乙女渓谷キャンプ場あり、キャンプ場上部に登山口ある。
トレイル 30分ほどでつく村界尾根分岐で水場コースを選ぶがこの時期は登山道は残雪の下。
水場・トイレ 登山口以外には無い。
その他 北相木村白岩から林道を詰めれば、短縮コースある。

山行記

2005年は正月に八ヶ岳の硫黄岳を登った後、スキー三昧に明け暮れた。
4月に入り、残雪の山を眺めてもスキーよりは山登りの意欲が涌いてきたのである。
R299の十石峠への道を古谷ダムに車を進める。ダム上流には冬季閉鎖のバリケードがしてあった。しかし開通は4月7日10時とあり明日の開通予定だ。バリケードも申し訳程度のものであって難なく突破出来た。わずかに車を走らせると乙女渓谷キャンプ場につく。四方原山への案内看板を見て林道に入ると5分もしないうちに登山口につく。登山口標識には「四方原山山頂まで3.5キロ」の案内があり、少し時間がかかるかなと覚悟する。途中からは残雪歩きとなることを予想して、スパッツをつけそれなりの支度をする。
カラマツ林の中のトレイルは踏み跡も薄くあまり歩かれていないようだ。一汗かくと、村界コースと水場コースの分岐に出る。水場コースには赤布も下げられているのでそちらの道に入る。しばらくすると赤布もなくなりトレイルも残雪の下に消えてしまう。迷うことは無いとはいえ、雪も緩んで膝までもぐる。悪戦苦闘の末稜線に登り村界コースに入る。後は赤布を追って進む。
山頂までわずかとなったところで北相木村白岩からの登山道を合わせる。この登山道はすぐ下まで伸びた林道からであった。ここらは30分もなく登れる登山口である。今まで苦労して個々にたどり着いたことが嫌になるほどであった。更に残雪の中を進めば山頂とは思えない広場に一等三角点標石が埋められていた。
簡単な山と思って登った気分は2005年初登りの四方原山はそれなりの思い出の山となったのである。


茂來山 モライサン 標 高 1718m 信州百名山 山 域 佐久穂町
登 山 記 録
登山月日 2017年12月3日
登山経路 槙沢登山口9:10〜稜線9:50/10:00〜茂來山10:50/11:55〜登山口12:50
行動時間 登り 1時間40分 下り 55分 合計 3時間40分 (休憩時間1時間5分・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 水沼さん・rommyさん
情   報
アクセス R299から舗装された林道を進み最後2キロはダート
トレイル よく踏まれた快適トレイルも稜線には岩場もある
水場・トイレ 沢水取れるが飲用は? toiletは登山口にもない
その他 栃の木の巨木はこちらのコースではない
山行記



山友水沼さんとrommyさんを案内しての15年ぶりの再登山である。15年前に登った茂來山であるが、少しは記憶が残っていた。
今回も槙沢コースを登り落葉した雑木林の登山道は明るい日差しが差し込んでいた。沢沿いの林道跡を過ぎると急登が続いていて、尾根に登りあげると大きな栗の古木があった。栗の木の下で水分補給した。尾根道は岩場もあって急登が続いていたがそれほど長い距離ではなかったが、登山口からは1時間半以上もかかって山頂に登り着いた。15年前には1時間15分で登っているので、加齢と脚力の衰えを実感させられた。山頂に着くと地元の古老が後に続いていてほとんど同時の登頂となり、眼前の八ヶ岳や浅間山など360度の展望の山座同定をしてくれた。少し風が強いので山頂から下った草地に腰を下ろして昼食を摂りながら山談義に花が咲いた。


信州百名山 茂来山 モライサン 標 高 1718m

山 域

佐久町
登 山 記 録
登山月日 2002年5月26日
登山経路 槇沢登山口10:25〜茂来山頂11:40/12:25〜登山口13:20
行動時間 登り1時間15分 下り55分 合計2時間55分(休憩時間含む)
天  候
メンバー 単独

情  報

アクセス R299の佐久町槇沢登山口
トレイル 問題なし
水場・トイレ なし
その他  
山行記


茂来山頂・左浅間山

R299の佐久町槇沢登山口に車を止める。「昨年9月熊に遭遇して怪我をする事故があったので登山を自粛して・・・・」と言う看板板があったが先行者の後も見られるのでラジオのボリュームを少し上げて出発する。
しばらくは鬱蒼とした樹林の中を進み、本当に熊が出てきたらどうしようかと、ステッキで熊の喉をつくイメージしながら進む。
大きなシナノキ?の茂る尾根道に出ると明るいトレイルとなり、巨石・岩稜を越えるようになるが、ここも汗をかく間もないほどの1時間15分で山頂に到着した。浩宮殿下が昭和58年に登頂したと言う記念碑が建つ頂上は里山そのものであるが、八ヶ岳・浅間山・荒船山が眼前で見晴らしは360度すばらしいものがある。
軽食を取った後、怪しい雲行きの中急いで往路を下ったが、案の定登山口に着くころには雷雨が降り始め、後続の静岡からの20名くらいの団体さんの不運を嘆くのであった。

 


榊山 サカキヤマ 標 高 1258m 信州ふるさと120

山 域

佐久市田口

登 山 記 録
登山月日 2012年10月16日  再登山 2016年11月17日
登山経路

林道登山口10:35〜「日本で一番海から遠い地点」11:25〜榊山11:45〜登山口12:35

行動時間 登り 1時間10分 下り 50分 合計 2時間 (休憩時間を含む)
天  候 晴     (再登)晴
メンバー 単独   (再登)吉川さん

情  報

アクセス 田口峠まで3キロ地点まで舗装道路の県道
トレイル 「・・・遠い地点」まではしっかりした登山道も榊山へは踏み跡と赤布を追う
水場・トイレ 沢水取れるがトイレは無い
その他 「日本で一番海から遠い地点」探訪するもの多い

山行記

 
「左の耳」三角点と「榊山」山頂


日本で一番海から遠い地点」の標識と到達認定証

佐久市臼田の田口から群馬県に抜ける県道を田口峠方面に進み、雨川砂防ダムを過ぎると県道脇に「日本で一番海から遠い地点」の看板が現れる。そして県道分岐には大きな看板があるので道を間違えることは無い。林道ゲートは閉鎖されているが、看板には「林道を1.3キロ・登山道を1キロ」の案内看板がある。

林道に入り20分で登山口につき、せせらぎを聞きながら沢筋の登山道を行くと林道入口から50分ほどで「日本で一番海から遠い地点」に着いた。特に感慨などは無い。榊山へはここから踏み跡と赤布を追って行く。途中で手作りの木札が「左の耳」と言う三角点経由で榊山山頂まで案内していた。「・・・遠い地点」からはわずかな時間で旧臼田町のふるさとの山・榊山に到着した。

下山後佐久市役所臼田支所に寄って、「日本で一番海岸線から遠い地点」到達認定書の交付を受けた。

再登山
2016年11月17日
「行動時間」
林道ゲート12:50〜「・・・遠い地点」13:45〜榊山14:10〜林道ゲート15:10
メンバー 吉川さん

 

山行の記録に戻る