上田市周辺の山U
(独鈷山・夫神岳・女神岳・大明神岳・飯縄山)

独鈷山 トッコサン 標 高 1224m 信州百名山

山 域

上田市
登 山 記 録
登山月日 2011年12月15日
登山経路 上田市西内・宮沢登山口11:30〜独鈷山山頂12:45/13:00〜登山口13:43
行動時間 登り 1時間15分 下り 45分 合計 2時間15分 (休憩時間を含む)
天  候
メンバー 単独

情  報

アクセス 宮沢登山口まで舗装道路 丸子側からR254霊泉寺温泉入口の手前を右折
トレイル 沢沿いを行、途中から急登になるが長い距離ではない。良く整備されている
水場・トイレ 沢水有るが飲用は? トイレは登山口にある
その他 塩田側から登るよりはこちらが表登山口か

山行記


山麓から見る独鈷山と登山道の祠


独鈷山山頂と山頂からの上田盆地

丸子側から松本方面に向かい、左側に霊泉寺温泉への道を分ける手前に「独鈷山登山口」の案内がある。集落を抜けて山麓に掛かると宮沢登山口の案内があり、サクラの記念植樹の公園の奥に登山口があった。登山口から暫らく林道を進み、やがて沢沿いに本格的な登山道が続いていた。緩い登山道が終り急坂の登山道になる。登山道の途中には干支に擬せられた木製の祠がよい道標となっていて、「鹿教湯温泉にリハビリに訪れるハイカーがハイキングを楽しんでいるのかな」とも思わせられる。急坂を登りきると稜線につき山頂は直ぐであった。反対側の上田盆地が眼下に広がり、浅間山方面の展望が開けていた。

 


夫神岳 オカミダケ 標 高 1250m 青木三山 山 域 別所温泉
女神岳 メガミダケ 標 高 926m 山 域
登 山 記 録
登山月日 2014年12月15日
登山経路 夫神岳別所温泉登山口10:10〜東屋・展望台〜夫神岳11:50/12:10〜登山口13:20
女神岳登山口13:40〜女神岳14:05〜登山口14:40〜野倉道祖神
行動時間 登り 下り 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候 曇・晴
メンバー 上田市の水沼さん
情   報
アクセス 別所温泉街の終点〜林道登山口まで舗装道路
トレイル 里山風情が残る良く踏まれたトレイル
水場・トイレ 登山口にもないので温泉街で
その他 東屋まで車で入れるが
山行記

新雪5センチの寒い夫神岳山頂

10年ぶりの別所温泉からの夫神岳登山であるが、前回とは相棒は変われど登山ルート計画は全く一緒である。
別所温泉街を抜け山中に入る道を進み、最後の民家が過ぎて最初の橋の地点に案内看板があり、夫神岳登山口があった。前回はもっと奥まで入れたようだが、今回は2日前に降った雪でその先に進めることは無理である。登山道に入るとうっすら雪道を踏む。松や雑木林の中の緩い道が続き、快適トレイルである。3回ほど林道を横切って立派な東屋が立つ展望台に着いた。上田市から来たの太郎山方面の展望が開けていたが、太郎山は雲に頭を隠していた。ここから少し傾斜が増して、更に雪で滑りやすくなった登山道を20分ほど歩いて3回目の夫神岳山頂に着いた。もっと良い天気を期待したのであるが、5センチほど積もった雪の山頂は風も強く長居は無用である。水沼さんと簡単に昼食をとった後往路を急いで下った。

夫神岳を下りた後は別所温泉から独鈷山に回る道を走って女神岳登山口に走った。女神岳は前2回とも夫神岳登山の後に登っている。鳥居のある登山口から一気の急坂を足を滑らせながら登る。前回よりはジグザグ切ったところも多くなり割合と登りやすくなっていた。山頂稜線に登りつきと石祠があり、稜線をわずかに東に進み土塁の跡の女神岳山頂に着いた。あまり展望が良くない山頂であるが、樹間越しに塩田平のため池がキラキラと輝いていた。

女神岳を下りた後は近くにある野倉の夫婦道祖神を見学した。

今年春九州山行の際、九重連山男池登山口でお会いした水沼さんとの2014年忘年登山である。
女神岳を下りた後は上田駅に戻り駅周辺の居酒屋でささやかな忘年会をした。今年もまた素敵な山友と会えたものである。


女神岳稜線と塩田平が望める山頂


野倉の夫婦道祖神


夫神岳 オカミダケ 標 高 1250m 青木三山

山 域

上田市周辺
女神岳 メガミダケ 標 高 926m

山 域

上田市周辺
登 山 記 録
登山月日 2012年1月8日
登山経路 夫神岳 夫神登山口8:40〜夫神岳山頂10:20/1035〜別所温泉登山口12:15
女神岳 野倉登山口12:40〜女神岳13:15/13:20〜登山口13:45
行動時間 登り 下り 合計 (休憩時間を含む)
天  候
メンバー 新ハイキング倶楽部の女性

情  報

アクセス 夫神岳は夫神・別所温泉登山口共に集落を詰めた舗装道路の林道途中にある
女神岳は山麓の市道に登山口ある
トレイル 夫神岳は両方共に良く踏まれていて雪道でも迷う事はない
女神岳は一気に直登する
水場・トイレ 両山友になし
その他 別所温泉側からのほうが登られている

山行記


夫神岳山頂で新ハイの皆さんと

田沢温泉で泊まり、夫神部落側からの登山口に車をつける。あまり入る人がいないのか、山中の道に入ると雪道となって少し荒れていた。林道の途中に車を停めて20分ほど歩くと本格的な登山道になった。車高の高い車ならここまで進入出来る。登山道は夫神岳を巻くように切られていて緩く登ってゆくが、「山頂まで600m」の標識が立つ辺りから一気に傾斜を増していた。メンバー夫々足が違うので離れ離れになりながら自分のペースで登りついた、山頂付近は結構な積雪があった。私は往路を下って車を回収し別所温泉側の登山口に車をつけて下山してきた女性グループを舞った。別所側の登山道は途中なんか以下林道をショートカットしながら結構な時間が掛かったようだ。

夫神岳を下りた後は、初詣客で賑わう別所温泉を抜けて女神岳登山口に回り、登山口付近の草叢に腰を下ろして昼食休憩を取った。昼食休憩の後、鳥居を潜って一気の上り坂を喘ぎ女神岳山頂を踏んだ。塩田平のため池が冬の日を浴びてキラキラと光っていた。


女神岳山頂と登山口


夫神岳
女神岳
オカミダケ
メガミダケ
標 高 1250m
926m
隠れ名山

山 域

信州上田
登 山 記 録
登山月日 2004年12月23日
登山経路 夫神岳登山口9:10〜夫神岳山頂10:20/10:40〜登山口11:20
女神岳登山口11:40〜女神岳山頂12:10/12:20〜登山口12:40
行動時間 登り 下り 合計(休憩時間を含む)
天  候
メンバー 根橋さん、糸賀さんと3人

情  報

アクセス 別所温泉の裏山森林組合の休養所まで
トレイル 落ち葉を踏んで
水場・トイレ 登山口にあるが冬季は閉鎖
その他 雨乞いの「岳の幟」で有名

山行記

 
山頂から北側の大林山方面を望む


よき山友と師走の一日を過ごしました

根橋さん・糸賀さんとの親睦登山ももうこれで4回目、3年目を迎えた。今回は糸賀さんが幹事役と言うことである。暮れも押し迫った23日別所温泉の雨乞い祭り「岳の幟」で知られる夫神岳に登ることになった。
8時半に上田駅に集合し、糸賀さんの車で別所温泉へ。師走と言っても今年は異常に高温の続く年であって、寒さは感じない。
ひなびた温泉街を抜けて山道に入り、森林組合の管理する休養施設まで進むと、夫神岳の登山口であった。
林道に車を進めようとするが、荒れたダートの道では車の底が擦ってしまう。あきらめて駐車場に車を止めて林道を歩き始める。
山頂まで歩いてもいくらも掛からないことは分かっているので林道歩きはウォーミングアップとしては程良い時間の30分であった。
小さな看板の立つ登山道に入る。
廻りはマツタケ山で、止め札がアカマツの幹に貼り付けられている。松の落ち葉の登山道はクッションが効いていて非常に快適である。子供の頃、竈の焚き付け用にサデ(松葉)さらいをした記憶がよみがえる。今はもうそんなことをする者はいないであろうと思う。
3回ほど林道を横切って四阿の建つ休憩所に到着した。ようやく展望が開けて、上田盆地の先に煙を上げる浅間山や上田市のシンボル烏帽子岳や太郎山がよく見えてきた。しばし休憩する。
ここから山頂までは15分の距離であったが最後は傾斜を増した登山道を歩いて山頂に飛び出した。北アルプスも見えるが今日はその山頂は雲に隠れている。特徴ある子壇嶺岳は目の前である。車を止めて歩き始めてT時間というお手軽登山であったが山友との親睦が深まる山頂であった。
記念の写真を撮ってゆっくり下る。
駐車場で車に乗ると物足りなさが残って、隣に佇む女神岳に回る。
ここは登山道から山頂まで一気の登り道であって、息つく場所もない。3人とも良く踏ん張って25分で山頂を踏み、師走の上田盆地に目をやりながら昼食休憩をとる。下りは滑り落ちそうな急坂である。
1時間ほどの女神岳を楽しんで別所温泉に下り、石湯に浸かる。ゆっくり汗と疲れを落とす。
そして上田市内に戻る。時間も早いので上田城を散策したあと忘年会となるのであった。ああー良き友かな。

 


大明神岳 ダイミョウジンダケ 標 高 1232m 山 域 上田市里山
登 山 記 録
登山月日 2017年12月15日
登山経路 保福寺林道登山口11:00〜大明神岳11:30/12:10〜登山口12:30
行動時間 登り 30分 下り 合計 20分 (休憩時間40分・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス 青木村から鹿教湯温泉に向かう山道から分岐する砂利道の保福寺林道
トレイル 小藪の被さる赤布を追って急坂の尾根を登る
水場・トイレ 山中に水場toiletは無い
その他 保福寺峠への途中
山行記


樹林の中の大明神岳山頂

青木村から鹿教湯温泉に向かい道路を走って、別所温泉からの道を合わせる峠付近から、保福寺峠方面に延びる砂利道の林道に入る。大明神岳の山体を巻くように1キロほど走ると自然観察路の遊歩道案内看板があり駐車スペースもあった。
大明神岳へは遊歩道と別れて尾根を長躯とする踏み跡があり赤布も下がっていた。小藪の被さる煩い道ではあるがこの時期葉っぱを落としていて少しも苦にならない。急坂も続くが30分ほどで樹林の山頂に着いた。三角点に腰を路して昼食休憩を取って往路を転げ落ちるように下った。


飯縄山 イイズナヤマ 標 高 932m 山 域 上田市里山
登 山 記 録
登山月日 2017年12月15日
登山経路 飯縄山林道登山口13:30〜飯縄山14:15〜登山口14:50
行動時間 登り 45分 下り 35分 合計 1時間20分 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス 上田市室賀地区から青木村に抜ける飯縄林道の市村境に登山口有る
トレイル 登山道はないが赤布が下がる踏み跡を追う
水場・トイレ 山中に水場toiletは無い
その他 国宝大法寺の裏山
山行記


縄山山頂

「室賀温泉・ささらの湯」付近から飯縄山林道に入り、青木村境に尾根が延びていて踏み跡があった。マツタケ山で登山の対象の山でないが尾根上に踏み跡と赤布が下がっていた。2回ほどアップダウンを繰り返し最後は伐採された雑木林の中の急坂を登って台上の山頂に着いた。台上を200mほど進むと雑木の幹に赤ペンキで「イイズナ山」と書かれた三角点のある山頂に着いた。

山行の記録に戻る