乗鞍岳 ノリクラダケ 標 高 3026m 日本百名山

山 域

北アルプス
登 山 記 録
登山月日 2012年5月13日
登山経路 三本滝8:30=バス=位ヶ原山荘8:55/9:20〜肩の小屋10:50〜剣が峰11:55/13:00〜三本滝14:35
行動時間 登り(位ヶ原山荘〜)2時間35分 下り(三本滝まで)1時間35分 合計5時間15分 (休憩時間を含む)
天  候 快晴
メンバー 単独

情  報

アクセス 乗鞍高原三本滝まで乾いた林道・三本滝からは一般車通行規制されている
トレイル 位ヶ原から雪原を行く
水場・トイレ 三本滝のレストランと位ヶ原山荘で
その他 この時期はバスは位ヶ原山荘まで

山行記


位ヶ原から大雪原をハイクアップして乗鞍岳直下へ


肩の小屋方面から回りこんで剣が峰へ

2012年のバックカントリースキーの滑り納めは乗鞍岳を滑った。当初はこれもまだ未滑走の白馬ノリクラを予定していたが、栂池高原の春山ゴンドラリフトの運転はゴールデンウィークで終了だった為に急遽変更した。
ビギナー山スキーヤーに毛が生えた程度の私が「乗鞍岳を単独で果たして大丈夫だろうか」という危惧を抱いてではあるが、この時期の日曜日天気も良いのを確認できれば、間違いなく大勢の山スキーヤーが乗鞍岳目指すだろうと思い、「他のスキーヤーの後を追えばよい」と決行した。

三本滝のバス乗場に並んだ入山者は150名くらいで、バス4台連なって乗鞍エコーラインを位ヶ原山荘まで走った。位ヶ原山荘に入山届けを出して残雪の位ヶ原をハイクアップする。殆んどが山スキーヤー&ボーダーであるが、中にはアイゼン・ピッケルの登山者も見える。スキーヤーもボーダーも思い思いに位ヶ原の雪原をハイクアップするが結局は朝日岳と蚕玉岳の鞍部に登り上げて剣が峰山頂へのコースに集結する。私は肩の小屋経由で朝日岳を巻きながら蚕玉岳に登り上げた。山スキーヤーの中では先頭集団までとは言わないまでも割りと早い方で、位ヶ原山荘から2時間半ほで剣が峰山頂に立つことが出来た。
絶好の天気で大展望が開けている。そして風も無い。穂高連峰方面の展望を楽しみながら昼食休憩をとる。1時間近く滞頂の後滑降準備に入る。蚕玉岳と剣が峰の間にデポしたスキーを履いて登り上げた朝日岳と蚕玉岳の斜面に戻る。大概のスキーヤーは剣が峰と蚕玉岳の斜面を滑降するが、この傾斜を滑るのは私には少々荷が重いので、安全を見て易しく優しい斜面を選ぶ。ドキドキしながらも斜面に入りターンを1回決めれば後は滑り降りるしかないのである。5回ほどターンを決めては脚を休め、滑降後を振り返る。そんな事をくりかえしながら乗鞍岳の山頂斜面を滑降すると何ともいえない感動である。傾斜の緩んだ下部に来て大斜面を振り返り、名残を惜しみつつツアーコースへトラバース気味に滑り込む。

ツアーコースに出れば私でも安心して滑ることが出来る樹間の快適なコースが続いていた。2回ほどザックを降ろし息を入れ水を補給しながら滑る。ツアーコースの末端は一番の難所であるが横滑りを交えながらも何とかスキーを履いたまま下ってMt乗鞍スキー場のカモシカゲレンデトップに滑り下る事が出来た。スキーを外してエコーラインを2回横断してわずかに残るゲレンデの残雪上を滑って三本滝に着いた。


7年ぶりの乗鞍岳山頂はまさかのスキー登山・笠が岳〜穂高連峰方面


69歳の春乗鞍岳の大斜面を滑る

 


乗鞍岳(大日岳) ノリクラダケ 標 高 3014m 3000m超峰

山 域

北アルプス
登 山 記 録
登山月日 2005年6月5日
登山経路 畳平8:40〜肩の小屋9:15〜剣ヶ峰10:05/10:15〜大日岳10:45/11:15〜剣ヶ峰11:35〜肩の小屋〜畳平12:40
行動時間 登り2時間05分 下り1時間25分 合計4時間(休憩時間を含む)
天  候 晴・ガス
メンバー 単独

情  報

アクセス 乗鞍スカイラインはマイカー規制中 平湯からは1時間おきにシャトルバスが出る
トレイル 一部雪渓も残るがそれほど危険なところは無い 剣ヶ峰から先は立ち入り禁止区域
水場・トイレ 肩の小屋にある
その他 花には少し早い


乗鞍スカイラインを疾走するマウンティンバイクと山スキーを楽しむ一団


稜線と剣ヶ峰から見る大日岳


剣ヶ峰山頂と大日岳山頂


大日岳山頂で遭ったライチョウ君


山行記

平湯を6時45分発の一番バスで畳平に向おうとしていたのであるが、ちょっとした手違いで乗り遅れてしまう。自分のミスではあるが案内人の不手際もあり、忌々しい気分になるが、何が幸いするかわからないと気分を入れ替えて1時間遅れの2番バスを待つ。
朴の木平を経由して平湯峠に着くとマウンティンバイクの乗鞍スカイライントライアルレースが出発したばかりであった。標高差1000mを越える畳平までに健脚を競う若者に声援を送りながらバスはスカイラインを進む。これが一番バスに乗り遅れた引き換えの幸運というものかと理解する。若者の心意気を見ながらのスカイラインは気分を取り戻すには十分であった。
畳平からは剣が峰を目指す。6年前に息子と二人日本百名山を目指して歩いたときの記憶が鮮明に蘇える。
コロナ測候所分岐を過ぎて肩の小屋までは砂利道である。肩の小屋では雪の片づけをする管理人と情報交換する。念のためアイゼンを持ってきたのであるが雪が腐っていて、キックステップで問題なく山頂を踏めるようだ。
肩の小屋から少し登るとは雪渓歩きとなり、山頂直下まで進むと位ヶ原方面から来た30人ほどのスキーヤーの一団と遭遇する。雪の状態もあまりよくないが、今時山スキーを楽しめるのはここしかないのだろうか。
山頂へ続く稜線に出ると夏道が現れていた。天候も今ひとつで、遠望は利かないが火口を囲む外輪山はよく見える。目指す大日岳も剣が峰の先に見えて一安心する。剣ヶ峰山頂には畳平から1時間半で到着した。ちょうど30人ほどの団体さんが下山を始めるときであった。
山頂写真を撮った後、大日岳に向かう。剣ヶ峰から先の立ち入り禁止のロープを跨ぎ雪渓を下ると露岩に赤ペンキを拾うことが出来て、鞍部に下る。そしてまた大日岳への小さな雪渓を登るとあっさり3014m(日本の山3000m超峰)の大日岳山頂に立つことができた。剣ヶ峰からは30分の時間であった。食事をしながら休憩をとっているとライチョウが現れる。懸命にカメラに収めるのである。
ガスも掛かってきては長居は無用とばかり下山に掛かる。剣ヶ峰の下部は落石危険地帯である。慎重に通過して剣ヶ峰に戻り、休む間もなく雪渓を下り、肩の小屋を経由して畳平に戻ったのである。

山行の記録に戻る