木曽駒ヶ岳 キソコマガタケ 標 高 2956m 日本百名山

山 域

中央アルプス
麦草岳 ムギクサダケ 標 高 2721m 日本百高山・番外

山 域

中央アルプス
登 山 記 録
登山月日 2011年9月15日〜16日
登山経路 9月15日
木曽駒高原親和スキー場跡13:00〜幸ノ川登山口13:50〜四合半14:50〜七合目避難小屋16:40
9月16日
避難小屋6:05〜麦草岳7:10/7:15〜牙岩8:45〜木曽前岳9:30〜玉ノ窪山荘9:40〜木曽駒ケ岳10:15/10:40〜玉ノ窪11:00/11:05〜八合目11:45〜避難小屋12:30/13:00〜四合半14:05〜幸ノ川14:35〜スキー場跡15:00
行動時間 第1日目 3時間40分 第2日目 9時間 合計 12時間45分 (休憩時間を含む)
天  候 第1日目 晴 第2日目 晴
メンバー 単独

情  報

アクセス 木曽駒高原親和スキー場跡のゲレンデまで舗装道路
トレイル 木曽福島Bコースは避難小屋まではよく踏まれているその上も少々荒れているが問題なし
避難小屋〜麦草岳は新しく拓かれた道で少々薮が被さる
麦草岳〜木曽前岳は大崩壊地を巻きながら進む廃道に近い悪路
水場・トイレ 四合半と八合目に湧水ある トイレは避難小屋に水洗トイレ完備
その他 癒しの登山道から悪路の大崩壊地そして人気の百名山を巡る好ルート

山行記


四合半の力水・七合目避難小屋


避難小屋の内部

1日目

木曽駒高原の別荘地を過ぎ、親和スキー場に車をつけると、スキー場は閉鎖廃止されていて、ロッジやレストラン棟などの廃墟が林立していた。今日は七合目避難小屋までの3時間行程で、午後からの登山である。
登山口はゲレンデ跡の途中にあり、「福島Bコース」の標識があって間違える事は無い。ゲレンデ跡を歩き、幸ノ川沿いの林道をぐんぐん進む。40分ほどで大きな砂防堰堤に出て幸ノ川を飛び石伝いに徒渉すると本格的な登山道が延びていた。緩く15分ほど登ると尾根に取り付く。尾根の入口に「四合目」の標識があり、一息入れていると日帰り登山者が下ってきて水場などの情報を交換する。尾根道も程よい傾斜でとても歩きやすい。30分ほど登ると「四合半」の標識が立つ「力水」の水場で絶好の休憩ポイントである。此処から先、八合目まで水場がないので2リットルほどの水を補給する。
ぐんと重くなったザックを背負い傾斜のました登山道を行く。しかしシラビソとコメツガの樹林帯の登山道は落ち葉でクッションが利いたとても歩きやすいトレイルで快適そのものだ。休憩ポイントも随所にあってそのたびに腰を下ろして休む。五合目・六合目の標識も等間隔で50分くらいである。少し傾斜が緩み、御嶽山方面の展望が開けた岩場の展望台を過ぎると「七合目小屋まで直ぐそこ」の看板が立っていた。そして今日の宿、七合目避難小屋には元スキー場のゲレンデ跡をでて、3時間半の16時40分の到着となった。殆んど疲れを覚えることの無い一日目である。最近新築された避難小屋は素晴らしいもので、土間にはストーブもあり、トイレは水洗である。ザックを降ろし、ストーブに火を入れて、担ぎ上げたビール・酒を飲みながら一人で快適な夜を過ごしたのである。

 

二日目
五時に起床してラーメンに野菜・ハムなどを入れた朝食をとり、ザックに食料・飲料・貴重品を入れて軽いザックで避難小屋を出る。小屋の前が福島Aコース・木曽駒ケ岳・麦草岳直登ルートの分岐点になっている。最近拓かれたばかりと思われる麦草岳直登コースに入る。作業道を広げた登山道らしく、少々細く薮の被さるところがあるがダケカンバやシラビソ林の中の快適なトレイルである。
やがて大きな的岩が見えてくると麦草岳山頂はハイマツ帯に変わった直ぐ先であった。3年前、上松の芦島から登って記憶に新しい山頂で、御嶽山や乗鞍岳が朝日を浴びていて懐かしかった。山頂で少し休憩し直ぐに上松Aコースに入って木曽前岳を目指す。ハイマツの被さる登山道を分け入ると、眼前に大崩壊地が見えてきた。大きくキレ落ちた先に木曽前岳が見える。ガイドブックでは途中の牙岩まで45分、そこから前岳までは30分となっていたが、とてもそんな時間では届きそうも無い。
ハイマツ帯を下り、崩壊地の縁に立つと踏み跡も薄くなり心細くなる。それでも慎重に赤布と踏み跡を追い草原を下る。ここは最近殆んど手入れがされていない登山道で背丈まで延びた草叢の中を進むと道は崩壊地を避けて山腹を巻いていた。そして何回かアップダウンを繰り返し、道を失う事もしばしばながら崩壊地の縁にも何回か出て進む。やがて崩壊地に50mはあろうかと思う屹立した牙岩に着くと、そこが麦草岳〜木曽前岳間の最低鞍部で、玉ノ窪の九合目と木曽前岳への分岐になっていた。麦草岳からコースタイム45分のところ、1時間30分掛かっていた。しかし分岐に立つ標識を見ると、「麦草岳まで1時間30分」の表示があり、ガイドブックが古い為ということが分かって、一安心である。
木曽前岳への登り返しは、麦草岳から下ってきた道に比べればそんなには荒れていなかったが、それでも手入れがされていないために道を失う事しばしばであった。牙岩からは45分で木曽前岳につくと、上松Aコースに下る尾根が此処から続いていた。(木曽駒ケ岳から下る場合は前岳を経由しないで玉ノ窪山荘〜前岳を巻いて尾根に出る道がある)木曽前岳の最高点に来ると木曽駒ケ岳から空木岳・南駒ケ岳に続く中央アルプス北部主脈が全貌を現した。そして木曽駒ケ岳を眼前に見ながらザレタ道を10分ほど下ると玉ノ窪山荘である。既に今年の営業を休止していた。
休む間もなく木曽駒ケ岳への登り返しである。周りにはハイマツなども無い荒涼とした登山道は巨石を縫うように高度を上げてゆく。「頂上木曽小屋」を過ぎて玉ノ窪山荘から30分ほどで木曽駒ケ岳山頂に着いた。ここまで誰にも会うことの無い道で有ったが、山頂にはロープウエイ利用して登ってきた登山者が30名くらいいて賑わっていた。山頂からは360度の大展望が開けていたが雲海の彼方の南アルプスや北アルプスは遠くに見えていた。私にとっては3回目の木曽駒ケ岳であったが、初めての展望で新鮮な感動を覚えたものである。さすが2956mの山頂は吹く風も涼しさを通り越して肌寒さを感じて、岩陰でリンゴを一つかじるだけであった。
30分ほど休憩と展望を楽しんだ後、誰も下るものがいない木曽側への往路を下る。「頂上木曽小屋」に来ると手持ち無沙汰のヒゲの老管理人が人懐っこく声をかけてきて、暫し立ち話をする。その昔は木曽側からの登山者が主流で賑わった「頂上小屋」・「玉ノ窪山荘」も、今は駒ヶ根側に登山者が移り、不遇をかこっている様である。
玉ノ窪山荘前の日溜りで昼食をとり、木曽福島Bコースに道をとってグングン下る。ハイマツ帯を過ぎ樹林帯に入ると巨石群の自然庭園も時々現れ目を楽しませてくれる。40分ほどで八合目水場に着き、水場に行くと、ここから七合目避難小屋のトイレ洗浄用の水がポリパイプで引水されていた。そして麦草岳の山腹を巻きながら下ると、ときどき岩壁につけられ少し朽ちた桟道を越えてゆき玉ノ窪山荘〜1時間20分ほどで七合目避難小屋に着いた。
デポしておいた寝袋や炊事道具をザックに納め、小屋の清掃をして13時に避難小屋を後にした。登りには快適に思えた下山は、足を速めるためか、木の根が絡まる登山道であってそれほど時間を短縮する事が出来なかったが、途中2回ほど休憩を挟んでも1時間5分で幸ノ川の徒渉点に下り、林道・ゲレンデ跡を急ぎ足で下って小屋からは2時間程で15時には車の駐車場所に下り立った。
標高3000m近い木曽駒ケ岳から標高差1800mくらいを小屋での滞在時間を除くと4時間くらいで下ったと言う事はやはり登山道がよく整備されているからだと思わせられたのである。


麦草岳に直登する道が拓かれた・山頂間近の的岩


御嶽山・乗鞍岳   麦草岳から   木曽駒ケ岳


麦草岳〜大崩壊地を越えて前岳へ・途中の牙岩


大崩壊地の先の御嶽山と木曽前岳


木曽前岳から観る中央アルプス南部主脈


玉ノ窪山荘に下り木曽駒ケ岳に登り返す


一等三角点の山頂〜南アルプスを望む


振り返ると歩いた稜線の先に御嶽山を見ながら七合目避難小屋に下る

 


麦草岳 ムギクサダケ 標 高 2721m 日本百高山・番外

山 域

中央アルプス
登 山 記 録
登山月日 2008年6月7日
登山経路 上松町・芦島の木曽駒荘6:05〜林道終点7:40〜奇美世ノ滝7:55〜五合目8:45〜七合目10:20〜麦草岳11:30/12:30〜五合目〜奇美世ノ滝〜林道終点14:20〜木曽駒荘15:40
行動時間 登り 5時間25分  下り 3時間10分 合計 9時間35分(休憩時間を含む)
天  候
メンバー 岐阜・愛知・長野・東京・大阪の有志による親睦登山隊

情  報

アクセス 木曽駒荘まで舗装道路 その先林道は5分ほどでゲート閉鎖されている
トレイル 今年はまだ歩くものが少ないせいか少し荒れていた
水場・トイレ 木曽駒荘の前に公共トイレある 水場はリンドウ途中沢水取れる
その他 木曽駒が岳上松Bコース

山行記


木曽駒荘出発前の集合写真


奇美世ノ滝を過ぎると本格的登山道に入る


五合目見晴台で一息入れる


森林限界を抜けるとハイマツ帯にでて三の沢岳が稜線の先に見える


麦草岳山頂での記念写真 三等三角点の前で休む


山頂から見る木曽駒ケ岳

ネットで知り合いになった山画新内(蕎麦)太夫さんを囲んでの親睦登山である。
前夜は営業休止中の山小屋・木曽駒荘で懇親会を楽しんだ。その余韻もあって少しけだるい朝であるが、岐阜県大垣山岳協会の女性が朝食を作ってくれてありがたく頂戴する。このグループのZさんと私が仕掛けた親睦山行である。ZさんとIさんは2003年北海道の手塩岳登山で知り合い、その後も錫杖岳や北陸の御前岳等を一緒に登っている山友である。2年前に山画新内(蕎麦)太夫さんにアクシデントがあり、早く全快登山をと思っていたのであるが、皆の都合がついた今日、木曽駒が岳の前衛峰麦草岳を目指したのである。

木曽駒荘の再建を目指している「木曽駒JOY」のNさんがナビゲートしてくれると言うありがたい申し出に感謝する。
林道を1時間半かけて「木曽駒が岳・上松Bコース」の登山口に着く。ここでZさんに体調不安が発生して「奇美世ノ滝」で登山を断念する。残念なことだが他のメンバーを慮っての潔い決断であった。
「奇美世ノ滝」から本格的な登山道になるが、今年はまだこのコースを歩くものが少ない為だろうか、登山道には倒木や落石も多く、踏み跡薄い登山道の趣である。急坂が連続し、滑落危険場所にはトラロープも張られている。合目標識は木曽駒が岳が十合目である。最初の休憩ポイントの五合目は見晴台になっていて、木曽谷を隔てて御嶽山や乗鞍岳が良く見える。今日はガスが上がってきて、御嶽山は姿を隠す直前であった。
案内看板には一合が一時間の所要時間で記載されていたがそれほどは時間が掛からない。七合目を過ぎると樹林帯に残雪が現れるが腐れ雪で踏みぬきに注意が必要であるが、滑落などの危険は殆どない。八合目を過ぎると標高2500mを越えて森林限界を抜け、ハイマツ帯の緑のジュウタンの中を行く。登山道の一部には岩稜もあるが大した障害にはならない。
木曽駒荘を出て、5時間半後の11時30分には総勢18名の登山隊が麦草岳の山頂に立つことが出来た。薄曇の空の向こうに木曽駒が岳が大きく聳えていた。麦草岳山頂は木曽駒ケ岳登山コースの九合目に当たり、木曽駒ヶ岳までは牙岩・木曽前岳を越えて1時間というところであろうか。
大垣山協のKさんの発声で山画新内(蕎麦)太夫さんの完全復活と全員の登頂を祝って万歳三唱をする。この登山を段取りした私はウルウルするのであった。木曽駒ヶ岳を見ながら山頂ステイを楽しむ。休憩中に後続パーテイが登りつき大垣山協のOさんと知り合いの方が邂逅を果たし、大喜びしていた。
1時間の山頂ステイの後、名残を惜しんで往路を下った。

山麓に下りた後、寝覚ノ床付近の「ねざめホテル」で汗を流し、再会を約して解散した。

 


鳥居峠・峠山 トウゲヤマ 標 高 1416m 信州ふるさと120山

山 域

木祖村

登 山 記 録
登山月日 2013年6月24日
登山経路

鳥居峠12:20〜峠山13:10/13:30〜鳥居峠14:10

行動時間 登り 50分 下り 40分 合計 1時間50分 (休憩時間を含む)
天  候
メンバー 単独

情  報

アクセス 鳥居峠までは狭く荒れた旧道(車道)が通っていた
トレイル 鳥居峠〜先にも車道が延びていて山頂まで続いていた
水場・トイレ 鳥居峠の峠の茶屋に水場トイレある
その他 ここは中山道の最大難所・山頂も電波塔が立つ

山行記


鳥居峠の峠の茶屋・峠山山頂

木祖村のふるさと名山鳥居峠・峠山であるからR19の鳥居峠を越えて中山道薮原宿からの信濃路自然歩道を歩いて登ろうと薮原宿に来た。鳥居峠に延びる旧道を進むと信濃路自然歩道と中山道の分岐に看板が立っていて鳥居峠まで車が入れそうである。
狭い砂利道の怪しい旧道をゆっくりと進み鳥居峠に上りついた。切り通しの峠を奈良井側に抜けると「峠の茶屋」があった。車は旧道の路肩に停めて今は休憩施設に変わった「峠の茶屋」の板敷きの部屋で昼食をとった。小屋の脇には湧水が引水されて昔の風情をかもし出している。10分ほど休んでいると奈良井宿から歩いてきたという旅人が到着した。やはりここは奈良井から・薮原から歩いてくるのが正解である。

旅人に席を譲って峠山への道に入る。茶屋の脇に登山道があり、少し進むと「明治天皇駐蹕所」跡の石碑が立ち、すぐ先で車道と合流した。どこまで続く車道かと思いながら進むと、やがて山頂稜線に達し、大きく左に曲がって300mほども進むと電波等や無線中継施設の立つ峠山山頂であった。山頂まで車道が続く峠山は交通の要所でもあり電波の要衝でもあることが実感された。これらの施設管理のために車道はよく整備されている。
電波塔が立つ場所からは午前中登った坊主岳などの展望が得られた。雑木林の山頂稜線で電波塔も隠されがちであったのが救いであった。峠山の反対側に足を伸ばしてみたが、新しい電波塔が建設中で木曾駒ケ岳方面は見ることができなかった。

山行の記録に戻る