木島平村・中野市の里山
城山(犬飼城址) ジョウヤマ(イヌカイジィウシ) 標 高 864m 日本の山1000 山 域  
登 山 記 録
登山月日 2020年8月24日
登山経路 林道登山口9:40〜城山10:30/11:05〜登山口11:50
行動時間 登り 50分 下り 45分 合計 2時間10分 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス 飯山市瑞穂富田から林道に入る 林道は舗装・砂利道半々ながら普通車でも通行問題なし
トレイル スギ林の中にそれなりの登山道あり、山頂直下は急登の連続
水場・トイレ 水場toilet共に林道登山口から先には無い
その他 犬飼城址の山
山行記


頭部が欠けた三角点・犬飼城の看板


空堀・本廓跡


千曲川右岸の道を走り木島平村から飯山市に入るとカーナビは山中に導き細い林道に入った。林道はしばらくは舗装されていたがやがて轍を除いては全面草の生える道となったが草に腹を擦りながらも走行には問題なかった。カーナビに城山が映し出される付近からはゆっくりと登山口を見落とさないように走った。丁度駐車スペースの有る舗装された地点の手前に崖に上がるロ^プが下がっていたので車を停めた。軽荷を背負って入山口に来ると小さな手書きの案内が付けられてあった。林道下部から上がってきた登山道で崖にかかったロープをつかんでスギ林に入ると細いながらもしっかりとした登山道が付いていた。杉林を登りきると急登の登山道となり所どころロープも下げられていた。標高差150mほどの急登を凌ぐと城山山頂であった。山頂の奥に堀切を二つ越えて道が続いていたので山頂はさらに奥かと思い数分進んでGPSで確認すると最初に登りついたところが城山山頂であった。山頂に戻ると本廓跡と思える平たんな場所に犬飼城の謂れの看板が立っていたが消えかけていてよくは見えなかった。しばし休憩の後三角点を探すと頭部が半分欠けた三角点を草叢の中に発見した。三角点をカメラに収め道迷いに気を配りながら急坂を慎重に下った。


城山(壁田城址) ジョウヤマ(ヘキダジョウシ) 標 高 480m 北信の里山 山 域 中野市
登 山 記 録
登山月日 2020年8月24日
登山経路 山頂直下駐車場〜山頂散策
行動時間 登り 5分 下り 5分 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス 中野・飯山バイパス壁田集落付近から山頂に続く道路ある
トレイル 5分ほど遊歩道を歩く
水場・トイレ 無し
その他 壁田城址の山で山頂には長丘神社が立っている
山行記


壁田城の看板・長丘神社の鳥居


中野市から飯山市に通じる道の壁田付近から千曲川河畔側に連なる山に入り尾根上に走る道路から分岐する道を数分走ると壁田城への遊歩道入口の駐車場に着いた。草の被さる遊歩道を数分歩いて城山山頂に着いた。山頂には長丘神社の社殿が立っていて、付近に三角点を探したが壁田城址の子の山頂には三角点は無かった。石段を少し下ると長丘神社の鳥居が立っていて脇には壁田城の謂れが書かれた看板が立っていた。千曲川を後方に配した壁田城は背水の陣を敷いた堅固な山城であったのだろうと推測された。鳥居の反対側からは参道が登ってきていたので、車は後方からの遊歩道入口に着いたことが分かった。


三ッ子山   標 高 日本の山1000 山 域  
登 山 記 録
登山月日  
登山経路  
行動時間 登り 下り 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候  
メンバー  
情   報
アクセス  
トレイル  
水場・トイレ  
その他  
山行記




飯盛山   標 高 日本の山1000 山 域  
登 山 記 録
登山月日  
登山経路  
行動時間 登り 下り 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候  
メンバー  
情   報
アクセス  
トレイル  
水場・トイレ  
その他  
山行記



山行の記録に戻る