未丈が岳 ミジョウガタケ 標 高 1553m 越後百山

山 域

越後山脈
登 山 記 録
登山月日 2007年10月3日
登山経路 奥只見シルバーライン泣沢出口7:40〜三ツ又登山口8:20/8:40〜974mピーク9:35〜未丈が岳11:35/12:50〜974mピーク13:55〜泣沢出口15:20
行動時間 登り 3時間55分 下り 2時間30分 合計 7時間40分(休憩時間を含む)
天  候
メンバー 単独

情  報

アクセス シルバーラインの13号・14号トンネルの間のシャッターを開けると登山道に続く
トレイル 974mピークまでは良く踏まれているが、その先は藪が煩い
水場・トイレ 三ツ又登山口までは沢水取れる トイレはない
その他 マムシだらけの登山道

山行記


藪が刈り払いされた未丈が岳山頂


山頂からは荒沢岳・中ノ岳・越後駒ケ岳が目の前に見える


山頂の南面は明るい草原だ

奥只見シルバーラインには夜明け前に着いたが、登山口の泣沢出口が分からずに奥只見ダムまで行きすぎたり、何回もトンネル内を行き来した。結局1時間近くもロスし、泣沢出口のシャッターを開けることができた。
シャッターを開けて僅かに進むと登山口で、先着の車が1台停まっていた。登山口からは泣沢に沿って下って行く。泣沢の徒渉地点は水量少なく飛び石伝いで渡ることができた。登山口から30分ほど下ると黒又川に掛かる結構高度差のある赤い橋を渡る。ここが三ツ又登山口であろうか。
三ツ又登山口から藪の煩い急坂を少し登ると尾根道に出る。目指す未丈が岳が見えてくるがまだまだ先である。明るい尾根道はそれほどの急坂でもなく、やがて荒沢岳や越後駒ケ岳が右側に見えてくる。1時間くらい歩くと遭難慰霊碑が立つ974mの小ピークに着いた。丁度中間地点で見晴らしもよく休憩ポイントになっていた。
尾根道を少し下ると松ノ木ダオで、ここからが本格的な登りになる。そして登山道に頻繁にマムシが出没する。余り気持ちのよい登山道ではない。しかし最近藪が刈り払いされたばかりで安心して歩くことができる。何回も息を入れながら、あえぎあえぎ高度を稼ぐ。隣の尾根を見ながら高度を確認できるのがありがたい。山頂直下まできれいに刈り払いされた登山道を974mピークから2時間かけて未丈が岳山頂に到着した。山頂には寸前に登りついていた先行者が休んでいた。私よりは6歳も上の高齢登山者であった。
頭を雲に隠した越後駒ケ岳や荒沢岳を見ながら1時間以上も山談義を楽しむ。お互い元気に山登りを楽しめる体力に恵まれたことを誇りに思うのであった。山頂南面は草原になっていたが私は足を踏み入れることはなかった。残雪時に毛猛山や銀山平に縦走するものが多いようである。
下りもマムシに辟易しながら急ぎ下った。結局登山道で遭遇した赤マムシは7匹であった。
「未丈が岳は巳丈が岳」の思いであった。

山行の記録に戻る