道南の山
(狩場山・大平山・黒松内岳・長万部岳)

狩場山 カリバヤマ 標 高 1529m 日本三百名山

山 域

道南
登 山 記 録
登山月日 2005年6月17日
登山経路 賀老高原から延びる峰越林道途中に駐車5:05〜千走(チハセ)新道登山口5:25〜山頂8:15/9:15〜登山口10:45〜駐車場所11:00
行動時間 登り3時間10分 下り1時間45分 合計5時間55分(山頂での休憩 1時間を含む)
天  候 曇 山頂はガス
メンバー 単独

情  報

アクセス 賀老高原までは舗装道路 千走(チハセ)新道登山口までは砂利道の林道も,この時期は残雪のため途中までしか入れない
トレイル 80%は残雪歩き、夏道も荒れている
水場・トイレ 賀老高原にはキャンプ場もあり、トイレ水場ともに整備されている
その他 山麓の「賀老の滝」は豪快で圧倒される


賀老高原から狩場山を仰ぐ


南狩場から見る狩場山山頂  写真提供 宮澤和彦氏


山頂スナップ


私の翌日山頂を踏んだ山友・宮澤和彦氏


残雪たっぷりで登山道を隠す


東狩場山と千走川対岸の長万部岳方面


登山道の9合目標識と夏道に咲く花


豪快に水しぶきを上げる山麓の「賀老の滝」

山行記

千歳空港でレンタカーを借り、少しでも倹約しようと一般国道を苫小牧、室蘭と走るがやはり時間が掛かる。
室蘭から高速・道央道には入り長万部まで走って、黒松内町内で買い物をし、日本海岸に抜けて寿都から目的地の島牧村の賀老高原には10時過ぎの到着となった。
千歳空港からは5時間走ったが、さすがに北海道という感じを受ける。駐車場には3台の車が止まっていた。
ビールと酒を飲むとあっという間に睡魔が押し寄せて車内で仮眠をとる。

一番日が長いこの時期北海道の朝は早い。3時頃には薄明るくなり4時には完全に夜が明けた。
山菜採りの車が何台か登って来る音を聞くと、私も起きてきれいなトイレを利用し支度を整え、林道に車を走らせる。昨年9月千走新道登山口まで行っているので安心して車を走らせることができる。登山口1キロ手前で残雪が道をふさいでいた。ここに駐車し、食料と水カメラをザックに入れて登山開始。
曇り空ながら山頂はしっかり見える。天気の好転を期待しよう。
千走新道登山口までは20分歩く。登山道に入るとすぐに残雪が現れる。倒木の間を赤リボンを拾いながら、夏道らしき荒れた道を追う。何回か道を間違えながらも何とか進むと笹藪の中に切られた夏道に出る。馬の背のような緩い傾斜の夏道を15分ほど進むと完全な雪渓に出る。ここで軽アイゼンを装着し、笹藪沿いに道を選びながら進む。やはり日本海に近い北海道の豪雪地帯であることがわかる。危険なクレバスを回避しながら急坂の雪渓を慎重に30分ほど進むとまた笹藪に延びる夏道があった。
少し入ると8合目の看板が掲げられている。ここから9合目までは岩場のある少し傾斜を増した灌木の中の夏道を進む。ここら辺りが南狩場であろうか、ガスの向こうに狩場山頂らしきシルエットを望むことが出来るがまだまだ先に見える。
やがてまた雪渓に出るがこれも笹藪沿いに進み、ホワイトアウト状態の雪渓にステッキを引きずりながらトレースを付ける。東狩場山方面から回り込むように進むと朽ちた鳥居が傾きかけた狩場山山頂に到着した。
山頂は残念ながらガスの中である。
山頂からの展望はないが今日は急ぐ予定もないのでゆっくりすることにする。
朝食をとったり、写真を撮ったり、1日遅れで明日ここを目指している山友・宮澤さんにメールをしながらと1時間の山頂スティを楽しむ。
上空は明るくなるがガスが切れる気配もないので下山に掛かる。
8合目から下の雪渓は登りには気付かなかったほどの急傾斜で緊張しながらも慎重に道を選ぶ。ここまで下がるとガスも切れて周囲の山々が見渡せるるようになる。狩場山の稜線上には東狩場山が、そして千走川の対岸には長万部岳と思われる山容が望まれる。
ダケカンバの幼木と倒木の間を縫って登山口に下ると登るときには気づかなかったカタクリの花が群生していた。
駐車場所に戻り、車で賀老高原まで下ると山菜採りの車が駐車場にあふれていた。

時間に余裕もあり、名漠「賀老の滝」を見に行く。往復1時間半ほどの時間であるが、雪解け水を集め、豪快に水しぶきを上げる滝に圧倒された。

島牧の追分ソーランラインに戻り、ナビに導かれながら、岩内まで走る。倶知安に出て羊蹄山の麓そして支笏湖畔を通って、千歳空港に戻り、レンタカーを返却する。
バスで苫小牧の知人宅に向かい、明日からの難関ペテガリ岳を目指して休養をとることが出来た。


羊蹄山


大平山 オオビラヤマ 標 高 1191m 日本の山1000 山 域 道南
登 山 記 録
登山月日 2015年7月8日
登山経路 河鹿トンネル登山口7:25〜810mピーク9:00〜大平山10:25/10:50〜810mピーク12:00/14:10〜登山口15:15
行動時間 登り 3時間 下り 4時間25分(約2時間のロスタイム)  合計 7時間50分 (休憩時間・ロスタイム間含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス 河鹿トンネルまで4キロ手前から砂利道になるが開かずの道道
トレイル 草付きのピークまで藪被さるがその先は岩稜帯もあるが歩きやすい
水場・トイレ 水場・トイレともに登山口にも無い
その他 オオビラウスユキソウが咲いていた スマホ紛失で出鼻をくじかれる
山行記

1109mピーク← コースの中間点810mピークから →狩場山


1109mピーク直下の岩場・雪食地形が広がる


山頂は一等三角点・遠くに羊蹄山も

2015年夏北海道山行の始まりである。
早朝小樽港に上陸し一気に島牧村まで走って、大平山の登山口には7時過ぎには着いた。横浜ナンバーの車が先着していたが登山者ではないようだ。途中車内で握り飯を食べてきたのですぐに登山道に入った。すぐに入山者カウンターがあった。倒木や藪の被さる掘割状の一本道をぐんぐん上る。やがて樹林帯を抜けると草付きに出て展望が開けてくる。急登の草付きの中、朝露浴びてびしょ濡れになりながらコースの中間点810mピークに着いた。眼前にはこれから登る登山道が見える。後方には狩場山がまだ残雪を被って見える。1109m岩峰に続く登山道は急登であるが、膝丈までの笹が被さるだけで歩きやすい。時々現れる岩場も問題なく超えてゆき、1109mピーク直下は右に巻きながら進み、稜線に出ると大きく左に巻いて最後はまた藪を漕いで山頂に登り着いた。

山頂は一等三角点であって、狩場山や長万部岳などが良く見えて、遠くには羊蹄山も同定できた。軽食をとりながらしばし休憩の後、山頂を後にした。下山の楽しみは花の撮影である。お目当てのオオビラウスユキソウも岩場に可憐に咲いていた。思ったより短時間で山頂に立ててオオビラウスユキソウも撮れたので、ご機嫌で810mピークに戻ってきたのであるが、ここからが修羅場であった。
水を飲もうとザックを下ろすとザックの天袋のチャックが開いたままになっていて、入れておいたはずのスマホがないのである。オオビラウスユキソウをカメラに収めた場所に置き忘れたものと思い、空身で1109mピークの山頂直下の岩場まで登り返した。しかし付近を探してもスマホは見つからなかった。結局往復2時間かけて810mピークに戻った。「どうしようかな〜」と悩みながら傷心の下山となったのである。

スマホは翌日苫小牧のDOCOMOショップで紛失届を出して2日後には同型機を入手することが出来た。保険に入っていたので5000円の手数料で済んだのは幸運であった。


大平山は花の名山


黒松内岳 クロマツナイダケ 標 高 740m 北海道百名山 山 域 道南
登 山 記 録
登山月日 2018年7月15日
登山経路 登山口13:00〜黒松内岳山頂14:35/14:45〜登山口15:55
行動時間 登り 1時間35分 下り 1時間10分 合計 2時間55分 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス 道道から4キロほどよく整備された砂利道を走る
トレイル 倒木多いが六合目まで急登 七合目からは一気の急登もよく整備されている
水場・トイレ 登山口・山中にtoilet・水場は無い
その他 山頂直下の急登が印象的
山行記


登山口と七合目から見る黒松内岳


黒松内岳山頂と登って来た急坂


雨の止むのを待って登山口ぬ向かい、午後から登山になった。登山道は一気の急登になり、倒木などで荒れていた。六合目に着くと尾根道となって七合目まで続いていた。七合目に着くと眼前に黒松内岳が姿を現した。急登の登山道が見えて緊張させられる。草付の急登に取り付くとロープなども下げられていて一気に高度を上げて行き思ったほどの時間もかからずに山頂に登り着いた。雨上がりの山頂からはまだ周囲の山々に雲がまとわりついていて遠望は利かなかった。山頂をカメラに収めた後急坂の登山道わきに咲く草花を見ながら往路を下った。


長万部岳 オシャマンベ 標 高 972m 北海道百名山

山 域

道南

登 山 記 録
登山月日 2013年9月10日
登山経路

林道登山口6:55〜林道終点〜鉱山跡8:25/8:35〜長万部岳9:35/10:05〜登山口11:40

行動時間 登り 2時間40分 下り 1時間35分 合計 4時間45分 (休憩時間を含む)
天  候
メンバー 単独

情  報

アクセス 二股温泉から先の2キロほどは砂利道で荒れている
トレイル 林道・鉱山道の跡は歩きやすくその先山頂までも良く踏まれている
水場・トイレ 水場・トイレともにない
その他 長万部岳は鉱山採掘の爪あとが残る

山行記


五合目鉱山跡から見る長万部岳とその山頂


狩場山方面の展望と登山口付近の植林地

二股ラジウム温泉の道を左に分けて直ぐに林道入り口になっていた。前夜はここで車中泊しようと思ったが、朽ち果てた建物があってあまり良い雰囲気でなかったので、R5付近まで下って休んだ。
砂利道の林道を2キロほど入ると登山ポストがあってゲートで締め切られていた。登山口まで2.3キロの看板がったが、林道終点までの距離だと思い、登山ポストに記入して林道ゲートをくぐる。2,3キロ先はやはり林道終点で以前は山小屋ウスユキ荘が建っていたらしい。林道終点から登山道に入ったがここから先も広い車道跡で大きく山腹を巻きながらジグザグ切ってあった。合目標識もしっかりつけられていて、車道終点に着くと、前方に所々山肌が剥き出しで荒れた長万部岳がよく見える展望台になっていて朽ちたベンチもある鉱山跡であった。朝食をとりながら休憩した。ここが五合目でその先には本格的な登山道が延びていた。沢筋の中潅木を潜りながら進むと鉱山開発の残骸などが所々に放置されていた。七合目を過ぎて草付の斜面に出ると長万部岳の南斜面で、アキノキリンソウやミヤマリンドウなどが咲いていた。ざれた登山道を尾根まで登り尾根を一登りすると長万部岳山頂であった。山頂には大きな山頂標識が立っていて反対側には狩場山?黒松内岳などが見られた。鉱山開発により傷みつけられたのかと思うと少し心が痛む長万部岳であった。
山頂で軽食を取りながら休憩し往路を下った。

2013北海道山行はコレにて終了したのである。

山行の記録に戻る