小川路峠付近の山
金森山 カナモリヤマ 標 高 1703m 南信の里山 山 域 伊那山地
小川路峠 オガワジトウゲ 標 高 1670m 山 域 伊那山地
登 山 記 録
登山月日 2021年3月31日
登山経路 R256越久保ゲー5:40ト〜13番観音6:50〜堂屋敷〜火いる場〜姫隠し岩〜小川路峠9:15/9:35〜金森山10:40/10:55〜小川路峠12:00/12:10〜火いる場13:20〜越久保ゲート14:50
行動時間 登り 5時間  下り 3時間55分 合計 9時間10分 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス 越久保の先R256は車道ゲートまで冬季閉鎖中も車両進入可能であった
トレイル 13番観音付近までは砂利道の車道歩く 小川路峠まで崩壊地の縁など危険地帯もある
金森山までは灌木帯の中薄い踏み跡追うが迷うことは無い
水場・トイレ 水場は8番観音の先で沢水取れるがその先は取水難しい toiletは途中簡易トイレ1ヶ所あった
その他 小川路峠は公職の職員が「遠山郷へ行くのなら職を辞したい」と云った辞職峠と呼ばれた
山行記


堂屋敷の集落跡・ 番観音石像


「火いる場」・小川路峠間近


小川路峠と33番観音石像


樹間の金森山・金森山山頂


小川路峠に通じるR256は飯田市上久堅の配水施設から先は冬期通行止めであるという情報であったので前日下見に走った。配水施設のすぐ先にカラーコーンで進入規制され、「冬期通行止」の看板もあったが入場でき、観世音堂からその先の車道ゲートまでの約2.5キロほどが走れることを確認した。ゲート脇には小川路峠までの行程案内などの看板もあり「この先車進入不可」の看板もあった。
翌朝5時半には車道ゲート前に車をつけ、素早く支度してゲートを開けて車道に入った。最初のポイントが6番観音石像で秋葉街道古道と合わさっていた。(この先33場bb観音の小川路峠まで石像が有ってよい目安であるが、小川路峠が33番と云うことを知らなかった)更に8番観音で右に分岐する支線が有り間違って入ってしまい15分ほどのロスタイムであった。車が走れるのもここら辺りまででこの先に車道が続いていたが落石などで通行不能であった。8番観音の先で大きく曲がってこの秋葉街道唯一の水場が有り、12番観音で車道終点になっていた。13番観音から先は谷側の崩壊が激しく崩壊地の縁に人がやっと歩けるような危険地帯もあり、尾根上に迂回路が設けられているところもあった。「往時はここを人馬がどうして通ったのか」と首を傾げるところでもある。
その先には「堂屋敷」・「火いる場」などの人家跡の場所を行くが、人が住んでいたとは思われない程の狭い場所である。「火いる場」を過ぎると傾斜をまして落葉に隠されがちの道を行く。「姫のかくれ岩」の岩場を過ぎると小川路峠も間近になり緩く快適な道を歩いて小川路峠に着いた。
峠にあった「茶屋・花菱屋」跡の広場と33番観音石像が迎えてくれた。峠と云うから鞍部にあるのかと思うのだが、小川路峠は山頂に近い場所にあって驚きである。標高は1670m伊那山地を超える場所である。ここまで1時間に一度の休憩を挟みながら3時間半の行程であった。峠で往時を偲びながら軽食摂り一息入れた。
小川路峠の南側の高見には反射板が有ったという名残のコンクリートの基礎が有って、この大自然の中少々つや消しである。金森山へはこの基礎から少しわかりづらい所もあったが尾根に乗り一旦50mほど高度を下げる。しばらく高低差の小さいシラビソや雑木林の尾根を行き最後は再び高度を下げて、金森山には100mほどの樹林の中の急登を登り上げて山頂に着いた。標高1700mを超える樹林の中の金森山山頂で展望が得られないのが残念であった。昼食を摂りながら休憩し、山頂をカメラに収めて往路を戻ったが休憩を含めても2時間半ほどの往復時間であって、正午には小川路峠に戻った。帰りの時間も読めるので余裕の小川路峠でもあった。
帰路も火いる場・堂屋敷・水場と適当に休憩を挟みながら小川路峠からは2時間40分で越久保の車道ゲートに戻った。


曽山   標 高 日本の山1000 山 域  
登 山 記 録
登山月日  
登山経路  
行動時間 登り 下り 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候  
メンバー  
情   報
アクセス  
トレイル  
水場・トイレ  
その他  
山行記



山行の記録に戻る