王滝村と岐阜県境の山
(上俵山・白草山・高森山・三国山・高樽山)

上俵山 カミダワラヤマ 標 高 2077m 信州の里山 山 域 御嶽山前衛
登 山 記 録
登山月日 2022年4月6日
登山経路 濁河温泉六合目6:00〜林道入口6:05〜尾根取り付き6:45〜上俵山9:15/9:30〜兵衛谷崩壊地(引き返し地点)10:15/10:30〜上俵山11:15/11:40〜尾根取り付き13:15〜六合目14:20
行動時間 登り 下り 合計 8時間20分 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス 濁河温泉六合目まで一般道
トレイル 林道から先は完全雪山
水場・toilet toiletはトレーニングセンターにあるがこの時期冬季閉鎖中 自販機等温泉内にあると思う 
その他 三浦山までと思ったが今の自分には無理であった
山行記


ブナ林の完全雪山を上俵山頂へ


継母岳←引き返し地点から見る→乗鞍岳





開田高原から長峰峠越岐阜県に入り、チャオスキー場から夜間通行規制されている山岳道路を濁河温泉に走った。温泉入口の六合目にある市営駐車場で車中泊した。
翌朝は夜明け前に起きて6時に出発である。駐車場から濁川に架かる橋を渡って高地トレーニングセンターの手前から分岐する林道に入った。林道は朝の冷え込みで良く締まった雪道である。スノーシューと軽アイゼンをザックに括り付けてきたがこの先完全雪山で下山するまで使用することはなかった。林道は下り基調で兵衛谷に掛かる橋を渡り端からは1キロほど下ってスノーモービルの入山トレースが有ったので尾根に入った。白樺の林の中しばらくスノーモービルのトレースを追ったがやがて消えていた。勾配も緩く歩き易く。シラビソ林に変わった尾根を黙々と進む。残雪たっぷりで雪がつくった造形美を楽しむことも出来た。地形図の標高100mおきにある標高点が良い目安で休憩をとりながら登り、出発地点からは3時間少々・尾根取り付きからは2時間半ほどで上俵山山頂に着いた。山頂は完全な雪で三角点はもちろん山頂標識もなく赤布も下がっていなかった。
実は今回はこの先約2時間と思われる三浦山まで往復と考えてきたが、ここまでの雪上歩きで疲労感も大きく雪上に腰を下ろして暫し黙考した。15分ほど休んで「行けるところまで行こう」と腰を上げた。上俵山からは下り基調ながら2つのポコを超えて継母岳への登りにかかる地点は兵衛谷の崩壊地になっていた。上俵山からは30分ほどの先であるが、樹間に三浦山も見えるがまだまだ遠く、地形図を見ると水平移動の後、三浦山頂直下は約300mほどの急登が待っていることが分かった。「やはり三浦山までは無理だ」と判断し、ここで引き返すことを決断した。崩壊地の縁からは継母岳の荒々しい岩場が望まれて、兵衛谷の源頭部も良く見えた。さらに遠くには乗鞍岳や笠ヶ岳も姿を見せていた。「この景色を見ただけでも儲けもの」という思いで、15分ほど景色を楽しんで引き返した。上俵山頂に戻ってランチ休憩をとって往路のトレースを追いながら下山した。
気温上昇でトレースも途切れがちでその都度GPSを確認しながら林道に下った。林道は登り基調であって緩んだ雪に足を取られ何度も休憩してトレーニングセンターまで戻った。疲労困憊の中舗装道路を5分穂乳お歩いて駐車場に戻った。
上俵山の先引き返し地点までは8時間以上も掛かっていてその先三浦山まではさらに5時間近くかかると思えば引き返したことが懸命な判断であると思いながら濁河温泉を後にした。三浦山まで7時間で往復したという若者の行動が羨ましく思うのであった。


白草山   標 高 信州の里山 山 域  
高森山   標 高 中信の里山 山 域  
登 山 記 録
登山月日  
登山経路  
行動時間 登り 下り 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候  
メンバー  
情   報
アクセス  
トレイル  
水場・toilet  
その他  
山行記




三国山   標 高 信州の里山 山 域  
登 山 記 録
登山月日  
登山経路  
行動時間 登り 下り 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候  
メンバー  
情   報
アクセス  
トレイル  
水場・toilet  
その他  
山行記




高樽山   標 高 信州の里山 山 域  
登 山 記 録
登山月日  
登山経路  
行動時間 登り 下り 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候  
メンバー  
情   報
アクセス  
トレイル  
水場・toilet  
その他  
山行記



山行の記録に戻る