鎌ヶ峰・大笹沢山

鎌が峰 カマガミネ 標 高 2121m 日本の山1000

山 域

乗鞍岳周辺
登 山 記 録
登山月日 2007年5月31日
登山経路 野麦峠(5:45)〜(途中ロスタイム30分位)〜中電鉄塔R30(7:00)〜三等三角点峰7:50〜稜線の最終ピーク(9:00)〜鎌が峰(9:55/10:15)〜最終ピーク(10:55)〜三角点峰(11:55)〜R30(12:30)〜野麦峠(12:45)
行動時間 登り 4時間10分 下り 2時間30分 合計 7時間 (休憩時間を含む)
天  候
メンバー 単独

情  報

アクセス 野麦峠まで(岐阜県側は通行止め)
トレイル 中電鉄塔R30までは登山道あるがそこから先は赤布頼りのヤブコギ 尾根道はシラビソやシャクナゲ林の苔むす中、最後は又酷いクマザサを漕ぐ
水場・トイレ 野麦峠「お助け小屋」で
その他 岐阜百山の藪山

山行記


クマザサの中の二等三角点鎌が峰山頂


稜線の最初の峰・三等三角点峰(塩蔵)

 
霧雨の中の山頂付近とシャクナゲ林の尾根道

 野麦峠に来ても鎌ガ峰の案内はどこにもない。お助け小屋から展望台に登る遊歩道の脇に「中電鉄塔L30・R30」の黄色い小さな看板があるのでこれに従う。展望台の手前で左に回りこみ、お助け小屋を下に見ながら少し進むと林道跡と思われる広い道に出る。やがて左にL30の鉄塔を見るがこれをやり過ごして林道を進み、左に大きくカーブを切る広場になったところがR30への分岐となっていて、樹林の中に登山道(遊歩道)が延びている。私はそのまま林道を進んでしまい往復30分近いロスをした。
R30は信州側が開けて展望が良いが今日は遠望が利かなかった。遊歩道はR30から右側に延びている。鎌ガ峰へのルートはR30から30mほど遊歩道を進み、左の藪に入る。ここには先人の着けた赤布が下がっているので見落とさないことだ。ここからはクマザサの中、薄い踏み跡と赤布を頼りに進まなければならない。所々に境界杭の赤白のポールが立っているのも良い目印だ。やがて傾斜をました藪の中を必死でかき分けながら進む。しかし長い距離ではない。藪に入って40分もすると傾斜も緩み三等三角点のピーク(点名・塩蔵)に立つことが出来る。格好の休憩場所で私も一息入れる。
三等三角点のピーク(点名・塩蔵)からは、尾根をはずさないようにただひたすらに稜線を進む。小さなアップダウンが続くがそれほど苦にはならない。やがてシャクナゲ林やシラビソ林の苔むす中を赤布が導いてくれている。しかしやはりその大半はクマザサの中である。赤布を見失っても稜線をはずさなければ心配はない。三角点峰から1時間ほどで稜線が大きく下り始める。ここが鎌ガ峰手前のピークである。少し急坂を鞍部まで下る。再び笹薮が酷くなり、倒木も道を塞いでいる。ここら辺りが一番道を失いやすい場所であるが、赤布があるからしっかりと探すことだ。鎌ガ峰への最後の登りは傾斜のきつい藪につかまりながらやぶを掻き分ける。傾斜が緩んでほっとするまもなく、樹林の下、クマザサを刈り払いした中に、二等三角点が現れる。三角点の上には私の山友が昨年登った時の山頂プレートがおかれていた。天気が悪く見通しの利かない藪の中であったが、迷う心配は一つも無かった。しばらく休憩を取る間に霧雨となり慌てて山頂を辞したのであるが、帰路もまたヤブコギの連続であった。しかしヤブコギも上からかき分けるのは下からよりは楽であり時間も随分と短縮できた。
お助け小屋に戻り、ずぶ濡れになった着衣をスッポンポンになって全部着替えると生気が蘇るのであった。

 


大笹沢山 オオササザワヤマ 標 高 2040m - 山 域 木曽
奥峰 オクミネ 標 高 1711m - 山 域 木曽
登 山 記 録
登山月日 2015年3月21日
登山経路 やぶはら高原スキー場8:408:40〜立峰(ゲレンデトップ)9:05/9:20〜奥峰9:40〜1790mピーク10:20/10:40〜2002mピーク11:45/11:50〜大笹沢山12:40/12:50〜昼食休憩13:10/13:30〜2002p14:05〜1790mp15:10〜ゲレンデトップ15:55/16:05〜スキー場駐車場所16:30
行動時間 ゲレンデトップから 登り 3時間20分 下り 2時間45分 合計 6時間30分 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス やぶはら高原までは観光道路
トレイル 残雪期以外は登山道のない藪山
水場・トイレ スキー場内にある
その他 スノーシューによる雪山登山
山行記

ゲレンデトップから見る大笹沢山・奥峰山頂


1790mピークから御嶽山・大笹沢山方面


2002mピークからスキー場を見る・山頂付近から見る乗鞍岳


大笹沢山は野麦峠から鎌ヶ峰に延びる岐阜県境から派生し境峠・木曽川源流部の右岸側に延ばす支尾根にある山で、鉢盛山とは境峠を隔てて対峙する2000m級の山である。夏山登山の対象にはなっていなく、残雪期に「きそふくしまスキー場」や「やぶはら高原スキー場」から好山家によって登られているマニアックな山である。
やぶはら高原スキー場の下部は奥峰沢沿いに有って、沢の左岸沿いに駐車場や休憩施設が点在している。左岸側には林道が延びていて除雪終点の最上流部の駐車場に車をつけるとリフト1本分を稼ぐことが出来た。

8:30のリフト運転開始に合わせ支度をして国設第1リフトに乗る。3本目のゲレンデトップに延びる国設第3リフトは9:00からの運転で少々待たされた。リフト終点のゲレンデトップは立峰で稜線上に達していた。リフトを下りてスキー板とブーツを脱ぎ、登山靴とスノーシューに履き替えた。目指す大笹沢山は稜線の奥に特定できるが遥か先であり、その右奥には真っ白な穂高連峰も見える。境峠を挟んだ右手前には鉢盛山の山体が大きい。スキー板とブーツをリフト監視小屋付近にデポし、監視員に「大笹沢山を往復してくる」ことを告げて出発する。ゲレンデをわずかに下って、樹林が伐り開かれた尾根に入り、20分ほどで小さなこぶを登り返すと奥峰であったが、標識も三角点もない山頂であった。奥峰からわずかに戻って赤布とトレースに従ってカラマツの植林帯を行く。積雪はたっぷりで、この先藪などもなく快適残雪歩きが続くのであった。緩くアップダウンを越えて行き最初の急登を登りあげ少し左に回り込むと1790mピーク(ピークと云うよりか台地と云った感じである)で、霞みが掛かった御嶽山が見えてきた。王滝山頂方面には煙らしき黒い雲がかかっていたので「噴火活動が続いているのだろうか」と思わせられた。ここでザックを下ろし軽食をとった。

1790mピーク(台地)から先は展望も開け,まさに稜線漫歩を楽しむことができ、急登が続くところもあるがスノーシューでも快適に歩けるのである。シラビソやダケカンバに変わった樹林帯の急登を凌ぎ、1848mピークに登りあげると後方に「やぶはら高原スキー場」の全容が開けてきた。そしてその先の急登を凌げば2002m大笹沢三角点であった。「きそふくしまスキー場」からの尾根が続いていて尾根上にはトレースがついていた。2002mピークは絶好の展望台である。後方の尾根に入ると3回ほど小さなアップダウンがあり、雪原の中ニセピークが何度も現れて面食らう。西面が大きく開けた地点からは乗鞍岳が良く見えていた。これが山頂かと思わせられる樹林帯に入り、尾根の先端まで行ってみたが山頂標識はもちろん三角点も現れない。尾根が下りかける地点でスマホで位置確認すると、大笹沢山山頂を指していた。枯れ木にテープが巻かれていたのでこれが山頂で間違いないと思った。

少し周囲を徘徊したが樹林の中で展望は得られなかったが樹間に乗鞍岳ややぶはら高原スキー場方面が望まれた。15分ほど山頂を戻って開けた雪原で乗鞍岳などを眺めながら昼食休憩をとった。下山も登りとそれほど変わらぬ時間がかかるだろうと思うと長居は無用である。スノーシューでは速足にも成れないが、3時間半かかった往路を2時間半ほどでスキー場のゲレンデトップに戻った。春スキーに切り替えたのか営業時間が短縮されて、国設第3リフトリフト終了時間ぎりぎりの16時前の下山であった。スキー板に履き替えている間にリフト運転は止まり、スノーモービルのパトロール隊員が見守る中、スキー場を滑降した。スノーシューと登山靴を括り付けたザックが重くバランスを崩して2回ほど転倒したのはご愛嬌である。

駐車場所に着いたのは下部リフトも運転終了時刻の16時半丁度であった。やぶはら高原スキー場の今季は積雪豊富のため営業を1週間延ばしたことを知った。



大笹沢山山頂は樹林の中

山行の記録に戻る