西上州の山
(荒船山・妙義山・谷急山・浅間隠山・諏訪山.・鼻曲山・留夫山
・角落山・地蔵岳・日暮山・崇台山・天狗山・天狗岩)

日本二百名山 荒船山 アラフネヤマ 標 高 1423m

山 域

西上州
登 山 記 録
登山月日 2001年11月10日
登山経路 内山トンネル西口9:40〜内山峠10:30〜艫岩11:40〜行塚山12:15/12:30〜艫岩13:00〜内山トンネル西口14:40
行動時間 登り2時間35分 下り2時間10分 合計5時間(休憩時間含む)
天  候 曇・霧雨
メンバー 単独

情  報

アクセス R254下仁田側から内山牧場方面から入ると内山峠登山口まで入れる
トレイル 途中岩場もあるが問題はない
水場・トイレ 水場なし、トイレは峠にある
その他  
山行記

 
 
荒船山山頂の行塚山山頂    

内山トンネル西口から峠への旧道は災害の為通行止めであった。
下仁田側の神津牧場の案内標識を入るのが正解である。
峠からの登山道は駐車場の奥から伸びているのでこれも間違わないようにしたい。艫岩までは途中一ヶ所の岩場があるが1時間もあれば十分である。艫岩からの展望には恵まれなかったが絶壁には肝を冷した。すっかり葉っぱを落とした中ガスがかかり幽玄的な荒船山の山頂登山道を。行塚山までは35分の散策は気分の良いものである。
この山は上州の山のように見えるが、山頂の祠などは信州佐久市のものである。ここもまた姨捨伝説が有るのだろうか。
帰りは走るように下った.。

 


日本二百名山 妙義山 ミョウギサン 標 高 1104m

山 域

西上州
登 山 記 録
登山月日 2001年11月16日
登山経路 妙義神社9:20〜妙義中間道・タルワキ沢〜相馬岳11:05/12:00〜妙義神社13:15
行動時間 登り1時間45分 下り1時間15分 合計3時間55分(休憩時間含む)
天  候
メンバー 単独

情  報

アクセス  
トレイル なし
水場・トイレ 登山口以外なし
その他  
山行記


  相馬岳山頂から中岳荒船山方面

妙義神社本殿で安全登山の祈願をして中間道へ、
大の字を回る予定も時間がないのでタルワキ沢〜最高点の相馬岳を目指す。中間道を30分も進めばタルワキ沢の分岐に出る。急登を1時間あえいで相馬岳分岐へ途中1ヶ所の鎖場も恐怖感はないが、頭上に迫る岩場のほうが恐怖である。分岐からは10分で山頂へ。
中岳の鷹返しや裏妙義の奇岩を堪能出来たが.手抜き登山の妙義山でした。下りはバラ尾根を下り始めたが踏み跡不鮮明で相馬岳に戻り往路を下った。

 


裏妙義・谷急山 ヤキュウサン 標 高 1162m 日本の山1000

山 域

裏妙義山
登 山 記 録
登山月日 2008年4月3日
登山経路 裏妙義・女道登山口9:45〜大遠見峠11:00〜前衛峰11:45/11:50〜谷急山12:20/12:50〜大遠見峠13:40〜女道入口14:35
行動時間 登り 2時間35分 下り 1時間45分 合計 4時間50分(休憩時間を含む)
天  候
メンバー 単独

情  報

アクセス 「国民宿舎裏妙義」まで舗装道路その先は少し荒れた未舗装の林道
トレイル 余り登られていないようで踏み跡薄いところあるが赤布頼りで問題はない
水場・トイレ 途中沢水取れる トイレは「国民宿舎裏妙義」で
その他 裏妙義の最高峰も岩場の核心部からは外れている

山行記

 
二等三角点の谷急山山頂と前衛峰から見る谷急山


丁須の頭など裏妙義の奇岩と前衛峰のキレット

碓氷峠を越えて群馬県に入ると特異な岩峰が連なる裏妙義山が目に飛び込んでくる。約12年ほど単身赴任していたときに毎週月曜日の朝必ず目にしてきた景色である。谷急山は裏妙義の岩峰から少し離れた西の端に立つこの山塊の最高峰である。
碓氷峠を下った恩賀からの登山道を目指すが谷急山へのはっきりした案内看板も見えない。(三方境への登山道はR18殻少し入ったところにある)表妙義と裏妙義山の間を流れる中木川沿いに入り国民宿舎「裏妙義」に車をつける。更に未舗装の林道を2キロほど進むと女道登山道入口の看板があった。登山口は崩壊していて崖を駆け上がると杉林に続いていた。余り歩く人はいないのだろうか一つの尾根を越えて沢筋に入ると踏み跡薄く、立ち木につけられた赤布便りになる。しかし間違えるようなことはない。雑木林の中を1時間ほどで稜線の大遠見峠に着く。右に行けば裏妙義の岩場の核心部であるが、目指す谷急山は尾根を左に取る。傾斜の増した尾根道を一汗かくと、見晴らしの良い前衛峰である。漸く谷急山の山頂が望まれる、来し方を振り返ると裏妙義の岩峰が特異な姿を見せている。前衛峰を下るとスパッと切れ落ちたキレットに付くやはり谷急山も岩の妙義の一座を思い知ることが出来る。慎重にキレットを越えて稜線に登り返す。前衛峰からは30分で谷急山山頂に立った。

 


日本二百名山 浅間隠山 アサマカクシヤマ 標 高 1757m

山 域

西上州
登 山 記 録
登山月日 2001年12月1日
登山経路  倉淵登山口8:10〜浅間隠山頂9:20/10:00〜登山口11:00
行動時間 登り1時間10分 下り1時間 合計2時間50分(休憩時間含む)
天  候  晴
メンバー 単独

情  報

アクセス R406二度上峠の先に登山口ある
トレイル 最初は沢の中を歩き後は雑木林のトレイル
水場・トイレ なし
その他 浅間山の展望随一
山行記

   
 麓から浅間隠山頂

初冬の快晴の中、冠雪した浅間山を目の前に見てきた。一人だけの山頂かなと思っていたが続々と後続が登ってきた。
1時間少しで登れるので、天気を確認してからくる夫婦登山隊が多いのだろうか。眼前のゴルフ場も箱庭のようで特に違和感はない。

 


日本三百名山 諏訪山 スワヤマ 標 高 1549m

山 域

西上州
登 山 記 録
登山月日 2003年3月31日
登山経路 浜平7:45〜湯ノ沢の頭9:35〜三笠山(ヤツウチグラ)11:30〜諏訪山12:10/12:40〜湯ノ沢の頭14:30〜浜平15:40
行動時間 登り4時間25分 下り3時間 合計7時間55分(休憩時間含む)
天  候
メンバー 単独

情  報

アクセス 浜平登山口までは問題ない
トレイル この時期は凍結していた、三笠山直下は岩場がある
水場・トイレ 湯ノ沢の頭までは沢水ある トイレはない
その他  
山行記


雪の諏訪山山頂と帳付山・両神山方面

日航機墜落事故で一躍悲劇の村となった群馬県上野村であるが、今はここに東京電力の地下発電所が建設されていて、山の中の小さな村に建設車両がうなりをあげて大土木基地となっている。工事用に開けた道路を三岐から古い道に入って浜平に向かう。諏訪山への登山口がある。さびれた部落はこの工事の保証金をもらって村の中心部に下ったのであろうか人気が感じられない。 

浜平の登山口から川を渡ると湯ノ沢沿いの登山道に入る。諏訪山まで5653M(?)の標識があり、どうしてこんなに詳しく距離を調べたのだろうかと不思議に思う。5分も進むとあれた廃屋が立っていた。登山用の小屋であったのだろうか、崩れ落ちそうな佇まいは哀れを誘う。小屋を過ぎると登山道は川原に下り、その後は何回か徒渉を繰り返しながら高度を上げてゆく。徒渉と言ってもこの時期水量が少なく、苦もなく渡れる。小さな滝を高巻くところも有るが、登山道は良く整備されている。このごろ続いているマラソントレーニングの疲れがピークの状態でなかなかペースがあがらなくて息ばかりが激しくなる。「今日はこの山だけだからゆっくり登ろう」と焦ることは一つもないのである。最近は低山のハシゴ登山が多く先を急ぐ登山が続いていたのだ。湯ノ沢の頭に着く直前は登山道に雪が現れて、尚更ペースがあがらない。1時間40分のコースタイムを2時間近く掛かって湯ノ沢の頭に到着した。樹間越しに目指す諏訪山が見えてきた。鋭い岩峰が3つ連なっている。ここで小休止をはさみ、諏訪山にのびる尾根道を1時間ほど歩くと前衛の三笠山への岩登りが始まる。アルミのはしごを2段登って鎖場も越えると、オーバーハングの岩に肝を冷やしながら右に回り込んで一登りすると三笠山の山頂に到着した。
ヤツウチグラと呼ばれる山頂には祠が建っていて眼前には帳付山や両神山などの奥秩父の山々が開けていた。西上州の山などと呼ばれているが、ここはれっきとした関東山地の最奥部である。どの山頂も特徴的な姿を見せていて眺めていても飽きないのである。
湯ノ沢の頭からここまでも随分と時間が掛かり、諏訪山山頂への登頂をあきらめようかと思うほど疲れてしまった。「泣き言を言うくらいなら山登りなど止めてしまえ」と叱咤し、三笠山を一旦鞍部に下り、またまた雪と凍結した急坂を上って、諏訪山山頂には浜平から4時間半もかかって12時過ぎに到着した。

山頂は樹間の中で展望は得られなかったが、木の間越しに甲武信岳や三国山方面が望まれるが山座を同定することは出来ない。雪に覆われた山頂には野鳥のさえずりも響き、柔らかな春の日差しが差し込んでいた。大きな木の根に座り込んで昼食をとりながら30分ほど休憩した。
ヤツウチクラの急坂を下るにはアイゼンをつけなければとアイゼンを装着する。山頂を辞して下り掛けると、なんと後続の同年輩氏が登ってきてびっくりする。「この方も登山に生き甲斐を持っておられる方だろう」と思いながら挨拶を交わす。三笠山に登り返し、岩場の急坂を慎重に下って尾根道までくるとほっと一息ついた。湯ノ沢の頭から沢筋に下り、沢水で喉を潤すと生きた心地がするのであった。疲労困憊の中、朝から8時間後の16時近くに浜平の登山口に帰還した。里山程度と高をくくって登った諏訪山には新しい発見が有ったものである。

 


信州百名山 鼻曲山 ハナマガリヤマ 標 高 1629m

山 域

上信国境
登 山 記 録
登山月日  2002年4月6日
登山経路 小瀬温泉8:20〜鼻曲山山頂10:00/10:35〜小瀬温泉11:50
行動時間 登り1時間40分 下り1時間15分 合計3時間30分(休憩時間含む)
天  候 薄曇
メンバー 単独

情  報

アクセス 軽井沢町小瀬温泉から
トレイル 雑木林の中
水場・トイレ 登山口から先にはなし
その他  
山行記

 
鼻曲山(小天狗)山頂      

長野マラソンのトレーニングも700キロ近い走り込みを済ませ、大会まで1週間と迫った4月6日、帰宅の途中いつも見慣れた鼻曲山に登って気分転換を図った。
大事な大会の前に足の怪我・故障だけは避けなければならない、という気持ちからハイキング程度で済む山を選んだのである。

軽井沢と横川の上信国境にあるのが鼻曲山である。
軽井沢から見て、どこにあるのか分からない東山の稜線の一部でしかないこの山も、群馬県の特に横川周辺から北東部を眺めると、浅間山の前衛に位置し、頂上直下がしゃくれた正に鼻が曲がったように見えるユニークな山、これが鼻曲山である。この山は信州百名山にも数えられている。
3月に霧積温泉に回って下調べをした時、結構登り甲斐があることを知り、軽井沢の小瀬温泉からの省エネコースを選んだ。小瀬温泉は軽井沢の中でも更に奥深い場所にあり、隠れたリゾートとして由緒ある温泉である。小瀬温泉ホテルに駐車して鼻曲山を目指すが、どこを見渡してもその案内看板は出ていない。どうやら野暮なものは自然に似合わないと言う環境と景観保護の為であろうか、歓迎である。
温泉宿の裏手の道に見当を付けて登り始め、10分も行くと林道に出る。右に行くか左に行くか迷ったが方角的に右側と判断し緩やかに下りながら歩を進めるが、15分も進めば下っていることに気づき、砂防ダムの脇から林道の支線らしき道を左に入る。途中から藪をかき分けながら進むと、又林道に出た。どうもこれが最初の林道の左側を来た道のようである。まだ芽吹き前で藪こぎも大した苦労もしなかったので損した気分はしない。
落葉松の植林の中の道を振り返れば浅間山が樹間に聳える中、緩やかなトレイルは快適である。頂上直下の級登もあえぐほどのこともなく、心地良い汗をかきながら、鼻曲山小天狗の頂上へ到着した。
今日も一番乗りの山頂である。
薄曇ながら、正面に浅間山・右側に四阿山・そしてそれに続く白銀の志賀高原から谷川連峰まできれいに見える。左側に目を転ずれば、中信の山々・佐久から奥秩父の山々がこれも遮るものがない。昨年秋から重点的にこの山々を登ったので感慨も一入である。
残雪で縞模様の浅間山をカメラに収め、一息ついていると霧積からの登山者が到着した。聞けばゆっくり登って3時間かかったとのことである。
しばし展望をたのしんだ後、鼻曲山に回れば絶壁に近い頂上からは関東平野が一望のもとである。芽吹き前の高原の景色を楽しんだ後往路を下り、昼前に小瀬温泉についた。
お手軽登山を楽しんだつもりも、結構な時間がかかり気分は上々の鼻曲山ではあった。

 


留夫山 トメフヤマ 標 高 1590m 一等三角点高度順百座

山 域

上信国境
登 山 記 録
登山月日 2006年1月30日
登山経路 中仙道碓氷峠・熊野神社11:10〜一の字山12:00〜留夫山13:00/13:15〜一の字山〜熊野神社14:25
行動時間 登り1時間50分 下り1時間10分 合計3時間15分(休憩時間を含む)
天  候
メンバー 単独

情  報

アクセス 熊野神社までは何も問題ない舗装道路
トレイル 緩やかな雑木林の中を歩く
水場・トイレ 熊野神社の休憩所で
その他 この時期思ったほどの積雪も無く

山行記


一等三角点留夫山山頂


雑木林のトレイルと熊野神社

群馬県と長野県境にある熊野神社には中学2年生以来であるから50年近い年月を経て訪れることが出来た。これも山登りをしているからの事と思う。両県に跨って建てられた社殿にお参りして登山口に向かう。群馬県側に少し下ったところに鼻曲山の登山口があった。雑木林の中の道を進み緩やかな稜線に出る。ことの他雪が多い年であるが少しも多いとは思えない雪道を歩いて一の字山につく。山頂標識を探すが見つからないので道を急ぐ。
一旦少し下って木の間越に見える留夫山を目指す。昨年12月10日以来一月半ぶりの登山とマラソン練習の疲れの為少しもピッチが上がらない。何回か息を整えながらヘロヘロ状態になりながらようやく留夫山に到着した。
一等三角点標石は雪の下にありピッケルで掘り出してカメラに収めた。2006年の初登りは少し厳しいがそれでいて思い出の残る登山であった。

 


角落山 ツノオチヤマ 標 高 1393m 日本の山1000

山 域

浅間山周辺
登 山 記 録
登山月日 2006年4月22日
登山経路 赤沢林道途中に駐車12:05〜女坂登山口12:45〜鞍部13:20〜角落山13:45/14:15〜登山口14:55〜林道途中15:30
行動時間 登り1時間40分 下り1時間15分 合計3時間25分(休憩時間を含む)
天  候 薄曇り
メンバー 単独

情  報

アクセス 二度上峠への道を走りはまゆう山荘の前から林道に入る。林道は荒れている女坂の登山口まで40分の地点で土砂崩壊のため通行止めとなっている。
トレイル 涸沢の中を歩き鞍部へ。鞍部からは急坂をよじ登る。
水場・トイレ 女坂登山口のすぐ上に水場あるがトイレは無し
その他 林道途中、白沢から荒れた男坂の登山道がある。

山行記


二度上峠付近からの角落山


山頂〜見る鼻曲山・浅間山・浅間隠し山


山頂

二度上峠を下ると先端が尖った、特徴ある山が見えてくる。これが角落山とすぐ分かる。
はまゆう山荘前に小さな案内看板があり、林道へ導いてくれる。荒れた林道を少し入ると二股に分かれた場所で両方向とも通行止めになっていた。ここに車を停めて案内に従い、左側の赤沢林道を歩く。やがて大きな崩壊場所がある。
女坂の登山口までは40分ほどであった。昨年までここまで車が入れたのだろうか。駐車スペースもしっかり整備されている。
登山道は涸れた沢をしばらく歩き剣ノ峰との分岐までは30分である。ここで一休みしていると剣ノ峰を登った夫婦が下りてきた。剣ノ峰のほうがわずかに高いのであるが迷わず急坂の登山道を角落山に向かう。
30分ほどあえぐとさえぎる物のない山頂に到着した。
今冬登った留夫山、鼻曲山や浅間隠し山が目の前で浅間山の露払いをしている。そして左側には上信越の山々が真っ白い峰を見せていた。

 


地蔵岳 ジゾウダケ 標 高 1674m 一等三角点百名山

山 域

赤城山
登 山 記 録
登山月日 2004年11月25日
登山経路 小沼峠15:20〜地蔵岳15:40/15:45〜小沼峠16:00
行動時間 登り20分 下り15分 合計40分(休憩時間を含む)
天  候
メンバー 単独

情  報

アクセス 小沼峠は観光地で問題なし
トレイル 木製階段と整備された道
水場・トイレ 小沼峠にはエコトイレ有る
その他 改めて登りたいほどの山では無い

山行記

 
地蔵岳山頂と大沼の先の黒檜山

粕川村から赤城温泉郷を抜けて小沼峠に登る道は傾斜がきつく、細い道ではあったが整備が行き届いていて、気持ちの良い観光道路であった。
小沼湖畔の駐車場で地蔵岳への道を探すが見当たらない。来た道を少し戻ると駐車場があり、そこから木製の階段の登山道がついていた。しかし地蔵岳の看板は一つもない。見上げれば電波の反射塔やアンテナが林立するそれは間違うことのない地蔵岳である。
夕日傾く中、木製の階段を上り始めると20分で山頂に到着した。北風吹きすさぶ山頂からは大沼をはさんで黒檜山が山頂にガスをまとって対峙している。山頂まで伸びたスキー場のリフトは、運転を止めて残骸のように哀れな姿を見せている。電波塔が北風を受けてビュービューうなっていた。
大沼や小沼の素晴らしい景観をもってしても開発された山の痛ましさだけが心に残る地蔵岳であった。

 


日暮山 ニックラヤマ 標 高 1207m ぐんま百名山 山 域 南軽井沢
登 山 記 録
登山月日 2016年11月17日
登山経路 下仁田町小平〜林道途中8:45〜登山口9:15〜日暮山9:50/9:55〜林道途中10:50
行動時間 登り 1時間5分 下り 55分 合計 2時間5分 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス 小平集落から舗装道路の林道に入り最後は砂利道を1キロほど走った
トレイル 林道を30分歩き、登山道は雑木林の中に急登が続く
水場・トイレ 水場toiletは山中には無い
その他 軽井沢レイクニュータウン方面からの登山道もある
山行記


登山口の道標・雑木林の中急登が続く


前衛の石祠・山頂の石祠

下仁田町の小平集落に車を付さらに集落の奥に延びる林道を進むと小型トラックが停まっていた。「日暮山へは林道をどこまで入れるか」尋ねると「2キロほど入れる」という事で舗装林道を進むとやがて砂利道になって急坂が続いていた。小平集落から2キロくらい入ったところで空き地に車を停めた。その先にも入れたが荒れが酷いのでこの辺りに停めたのは正解であった。
軽荷のザックを担いで林道を行くと分岐には古びた道標もあって迷う事は無かった。30分ほど林道を進むと本格的登山道になっていて樹林帯を少し入ると「日暮山・山頂まで急斜面」の道標があった。雑木林の中一気の急登が続いていて木につかまりながら登りあげて行く。30分ほど急登を凌ぐと「石古利仕命」と彫られた石祠の立つ稜線に着いた。一息入れた後すぐ先の日暮山山頂に立った。山頂から10mほど先の樹間の開けた展望地で南軽井沢の先に浅間山、眼下に上信越道を見ることができた。下山は急坂は登山道から外れ樹林につかまりながら林道に下った。


浅間山← 山頂からの展望 →上信越道


崇台山 ソウダイサン 標 高 299m ぐんま百名山 山 域 富岡市
天狗山 テングヤマ 標 高 667m 山 域 甘楽町
天狗岩 テングイワヤマ 標 高 1200m 山 域 上野村
登 山 記 録
登山月日 2017年6月29日
登山経路 崇台山 登山口 8:00〜8:15
天狗山 登山口 9:05〜9:30
天狗岩  登山口 11:05〜山頂11:50/12:10〜12:55
行動時間 登り 下り 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー Yさんを案内
情   報
アクセス 崇台山 富岡市の桜の名所の遊歩道を車で入る
天狗山 甘楽町小幡郷GCのの先荒れた林道終点
天狗岩 上野村湯ノ沢♨の先舗装道路が延びる
トレイル 3山ともによく整備された遊歩道・登山道
水場・トイレ 3山共toilet水場はない
その他 地元民に里山として親しまれているのかな
山行記

【崇台山】

山頂公園の崇台山

高崎からR18wo北上安中市境の岩井の交差点を左折してレイクウッドゴルフ場からカーナビに導かれて崇台山に近づき桜並木の遊歩度をゆっくりと走ると崇台山山頂直下の駐車場に着いた。カメラだけ持って遊歩道を5分も歩くと公園風の崇台山山頂であった。桜咲く頃は名所として知れれる崇台山もこの時期は誰もいない。山頂標識をカメラに収めて下った。



【天狗山】


天狗山

甘楽町の小幡郷GCの先に「お天狗山」の看板が立っていた。看板を見ながら山道に入るとやがて未舗装の林道に入って行く。荒れて急坂の林道をゆっくり進み終点が天狗山登山口になっていた。登山口からは植林地のカヤトの中を一登りすると天狗山の標識が立て三角点であった。拍子抜けするほどの天狗山でさらに高みを目指してみたが岩稜を超えた場所で引き返した。これがぐんま百名山に選ばれていることに首を傾げる天狗山ではあった。



【天狗岩】


天狗岩山頂・展望台


ぐんま百名山完登のYさん・関東百名山烏帽子岳

下仁田町から湯ノ沢トンネルを抜けて上野村に入りトンネルの先を左折すると旧道に出て休養施設の「やまびこ荘」がある。やまびこ荘から舗装道路を数キロ走ると天狗岩の登山口であって、地元の古老が登山道整備をしていて快く迎えてくれた。登山口から少し上の駐車場に車を付け小さな沢沿いの登山道に入る。緩く登って行くと20分ほどで林業の休憩小屋と思われる避難小屋に着いた。ここにも登山道整備の古老が3人ほど休憩していた。休むことなく進んで稜線近くに烏帽子岳への道を分けると天狗岩山頂であった。同行のYさんこれにてぐんま百名山完登である。山頂に腰を下ろして暫し休憩の後後方に回ると鉄桟橋の先に展望台があって尾根続きに関東百名山の烏帽子岳を見ることができた。往路をゆっくりと駐車場に下った後上野村に出てR299を下久保ダム方面に走った。

山行の記録に戻る