群馬県北部の山(吾妻耶山・三峰山・子持山・小野子山)

吾妻耶山 アズマヤサン 標 高 1341m 関東百名山

山 域

上毛
登 山 記 録
登山月日 2006年11月23日
登山経路 ノルンスキー場管理道路最上部7:40〜山頂8:10/8:25〜管理道路8:40
行動時間 登り30分 下り15分 合計45分(休憩時間を含む)
天  候
メンバー 単独

情  報

アクセス 関越道水上ICからノルンスキー場へ 管理道路は荒れたダート4駆でないと厳しい
トレイル リフト山上駅から整備された登山道伸びる
水場・トイレ スキー場管理棟で(この時期は利用できない)
その他 こちらの登山道は裏口登山道である

山行記


吾妻耶山山頂から谷川岳を望む

関越道水上ICからノルンスキー場へは僅かな時間で到着した。早朝にもかかわらず2名の登山者が支度してスキー場の管理道路に入って行った。私は管理道路に車で入り、入れるところまで進むと、リフト最上部の直下まで入ることが出来た。
ゲレンデを10分ほど登ると登山道と合流し、後は葉っぱを落とした登山道を20分もしないうちに山頂に到着した。祠のある山頂からは峰を白く化粧した谷川連峰が目の前に開けていた。


三峰山 ミツミネヤマ 標 高 1123m 関東百名山

山 域

上毛
登 山 記 録
登山月日 2006年11月23日
登山経路 河内神社駐車場10:05〜河内神社〜パラグライダー基地〜山頂11:40/11:50〜駐車場13:10
行動時間 登り1時間35分 下り1時間20分 合計3時間05分(休憩時間を含む)
天  候
メンバー 単独

情  報

アクセス 月夜野町・河内神社までは最後の1キロはダートであるが心配なく進入できる
トレイル パラグライダーテイクオフ基地を過ぎるとダラダラとした縦走路を5キロ進む
水場・トイレ 水道・トイレともに駐車場にある
その他 山上の縦走はいやになるほど長い

山行記


三峰山頂から眺める谷川連峰


山麓から見る三峰山はパラグライダーの憧れの山

山麓から眺める三峰山は峰が三つあってその一番高いところが山頂と思うと「それほど時間のかかる山ではないな」と高をくくりながら月夜野町の河内神社を目指す。林道をぐんぐん高度を上げて河内神社の駐車場に着く。参道入口の登山案内看板には「三峰山頂まで5.6キロ」と出ていてびっくりする。どうやら山頂は山麓から眺める峰の奥にありそうだ。
参道を10分ほど進むと河内神社に到着する。そのすぐ上がパラグライダーのテイクオフ基地になっていたが今日はまだ誰もいなかった。テイクオフ基地を過ぎて電波塔に着くと山頂稜線となる。そこから先は雑木林の中、小さなアップダウンを重ね、途中三峰沼などを見ながら単調な5キロの稜線歩きとなる。
山頂直下で先行していた東京からの20名を超える団体に追いつく。にぎやかな山頂からは朝霧の晴れた谷川連峰や上州武尊山がくっきりと見て取ることが出来た。
帰路のパラグライダー基地には4名の者が訓練に励んでいた。


子持山 コモチヤマ 標 高 1296m 関東百名山

山 域

上毛
登 山 記 録
登山月日 2006年11月24日
登山経路 高山村小峠登山口7:40〜子持山山頂8:50/9:05〜登山口9:40
行動時間 登り1時間10分 下り35分 合計2時間(休憩時間を含む)
天  候
メンバー 単独

情  報

アクセス 小峠までの入口は分かりづらいが道路は舗装道路(最後1キロは未舗装)
トレイル 急坂は木製階段が続く
水場・トイレ 山中にはない
その他 表登山道は国民宿舎わらび荘・天文台側から

山行記


獅子岩と高山村から見る子持山


子持山山頂

登山口は旧子持村から獅子岩を見ながら登るコースが一番ポピュラーである。高山村からもわらび荘・天文台コースと小峠コースの2箇所ある。そのうちでも一番の短縮登山口小峠に向かう。高山村内には小峠への案内看板は何処にも見当たらない。近くの公衆トイレの清掃をする老夫婦に道を尋ね、小峠に向かう。狭いながらも舗装道路が続き、やがて未舗装道路をになるが1キロも走らないうちに小峠に到着した。
10分ほど車が走れるほどの広い道を進むと木製階段の続く登山道となる。300段ほど登ると見晴らしの聞く高みになり、休憩ベンチが設置されていた。更にヒノキの植林地の中を緩く登ってゆくと天文台方面から伸びる車道と合流した。この道路はその先にある電波塔の管理道路であって車両乗り入れは出来ない。
車道から分かれ、20分ほど急坂をあえぎ山頂稜線に登りきる。最後は稜線を進んで子持山山頂に到着した。
晩秋の群馬県北部の町が霞んでいた。


小野子山 オノコヤマ 標 高 1208m 日本の山1000

山 域

上毛
登 山 記 録
登山月日 2006年11月23日
登山経路 高山村・小野子山林道赤芝登山口14:25〜山頂15:20/15:30〜登山口16:15
行動時間 登り55分 下り45分 合計1時間50分(休憩時間を含む)
天  候
メンバー 単独

情  報

アクセス 小野子山林道は小野子山を巻いている観光周遊道路で舗装されている
トレイル よく整備されていて問題なし
水場・トイレ 麓の青少年自然村キャンプ場で
その他 周辺は高原リゾート地として開発されている

山行記


高原リゾート地として楽しまれている小野子山山頂とその周辺

高山村に入ると形の良い三つの峰を連ねた小野子山が目に入る。山麓はゴルフ場やキャンプ場として開発されて高原リゾート地の様相を呈していて、小野子山を囲む箱庭のようである。
国民宿舎わらび荘から青少年自然村に入り、小野子山に近づいてゆくと、周遊観光道路の小野子山林道に入ることが出来た。林道を適当に走っていると最短登山口の赤芝登山口に着いた。少し時間は遅いが、2時間もあれば山頂往復できるのでカメラと水だけザックに入れて登山道に入る。
ここもヒノキの造林地で近くではチェーンソーの音が聞こえる。間伐と下草刈りをしているのだろうかと思う。森林資源というより観光資源としてこの小さな山を大事にしていることが分かる。
緩い登山道を進んで、更に少しの急坂を登りきると山頂へ続く稜線となっていた。その稜線歩きが意外と長く、山頂までは登山口から1時間かかった。草津白根山や白砂山等の上信国境の山々を見ることが出来たが山座同定には自信がなく、来年はその辺りの再登山を心に決めるのであった。
登山口に戻るころには夕闇迫る時間となっていた。高山村のふれあい温泉で汗を流した。


嵩 山 タケヤマ 標 高 789m 群馬百名山 山 域 中之条町
岩櫃山 イワビツヤマ 標高 803m 群馬百名山 山 域 東吾妻町
登 山 記 録
登山月日 2017年10月28日
登山経路 嵩山 「道の駅 霊山たけやま」東登山口6:30〜嵩山三角点7:05/7:15〜登山口7:40
岩櫃山 平沢登山口8:30〜沢コース〜山頂9:20/9:30〜尾根コース〜岩櫃城址10:10〜登山口10:30
行動時間 嵩山 1時間10分 岩櫃山 2時間 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス 両山共に登山口まで舗装道路
トレイル 嵩山 よく踏まれているが最後は鎖場もある 
岩櫃山 雁量の尾根コースも鎖がある 沢コースは地味な登山道
水場・トイレ 両山共に登山口にtoilet自販機などある
その他 歴史ロマンの山城の山
山行記









山行の記録に戻る