阿智村の里山
蛇垰山 ジャトウゲヤマ 標 高 1664m 南信の里山 山 域 阿智村
登 山 記 録
登山月日 2020年3月27日
登山経路 山頂に続く道のゲート9:40〜狼煙台跡10:15〜蛇垰山10:25〜ゲート10:50
行動時間 登り 45分 下り 25分 合計 1時間10分 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候 霧雨
メンバー 単独
情   報
アクセス 蛇垰山山頂に続く車道ゲートまでまで舗装道路
トレイル 狼煙台跡迄車道を歩きのろし台から遊歩道
水場・トイレ 山中には無い 治部坂峠にレストランtoiletなどある
その他 山頂付近は巨大鉄塔が林立する
山行記




治部坂峠からスキー場や別荘地の奥に続く舗装道路を走ると標高1400m付近でDocomoの中継基地の有る付近で道路はゲートで車の進入規制されていた。駐車スペースもある場所でここに車を停めてゲート脇を抜けて舗装の車道に入った。車道は普通車でも走れるほど整備されていた。途中遊歩道が合わさるところもあったが車道を忠実に歩いて電波塔や雨量レーダーなどの林立する蛇垰山山頂に着いたと思った。車道の最高点の国土交通省の雨量観測レーダー基地の先が最高点で武田信玄の利用した狼煙台であった。霧で付近の展望がなく狼煙台の看板に蛇垰山を確認して狼煙台から遊歩道を少し下ってまだ残雪の残る道を登り返して蛇垰山山頂に着いた。山頂には鉄製の展望台が有り、展望台の脇に三角点と山頂標識が立っていた。展望台からは愛知・岐阜県境の山々が望まれるのだろうと思いながらも霧の中では叶わないので後ろ髪魅かれながら蛇垰山を後にした。林立する鉄塔を確認しながら車道を下った。


日の入山 ヒノイリヤマ 標 高 1073m 南信の里山 山 域 阿智村
登 山 記 録
登山月日 2020年3月27日
登山経路 北青海平の先林道の峠12:10〜日の入山12:35〜峠12:50
行動時間 登り 25分 下り 15分 合計 40分 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス R153阿智村大野橋〜北青海平に向かう山中の道路の峠まで舗装道路
トレイル 尾根上に顕著な踏み跡ある
水場・トイレ 無し
その他 こんな山に布製のKumoを見た
山行記





R158を治部坂峠から阿智村中心部方面に走り大野橋から地道に入って北青見平を目指した。細い道路であるが舗装された道を走り峠状態に差し掛かりスマホで位置確認すると幸運にも日の入山から派生する尾根が高度を落とす峠であった。峠には駐車スペースもあって車を停めた。アカマツ林の尾根には顕著な踏み跡が有り、20分ほどで山頂に登りついた。こんな小さな里山に怪人Kumo氏の登頂赤布が下がっていて驚きとともに同世代のKumoしに親しみを覚えながらの日の入山であった。

    標 高 日本の山1000 山 域  
登 山 記 録
登山月日  
登山経路  
行動時間 登り 下り 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候  
メンバー  
情   報
アクセス  
トレイル  
水場・トイレ  
その他  
山行記




    標 高 日本の山1000 山 域  
登 山 記 録
登山月日  
登山経路  
行動時間 登り 下り 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候  
メンバー  
情   報
アクセス  
トレイル  
水場・トイレ  
その他  
山行記




    標 高 日本の山1000 山 域  
登 山 記 録
登山月日  
登山経路  
行動時間 登り 下り 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候  
メンバー  
情   報
アクセス  
トレイル  
水場・トイレ  
その他  
山行記




    標 高 日本の山1000 山 域  
登 山 記 録
登山月日  
登山経路  
行動時間 登り 下り 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候  
メンバー  
情   報
アクセス  
トレイル  
水場・トイレ  
その他  
山行記



山行の記録に戻る