上松町の里山
(愛宕山・加瀬木山・鳥捕山
・甚太郎山・台ヶ峰・卒塔婆山・西股山)

愛宕山 アタゴヤマ 標 高 910m 信州の里山 山 域 上松町
登 山 記 録
登山月日 2021年10月4日
登山経路 山頂へ延びり道路途中から山頂往復 15:20〜15:50
行動時間 登り 下り 合計 30分 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス 愛宕山山頂に通じる道路は未舗装
トレイル 山頂まで車横付けできる
水場・toilet
その他
山行記


愛宕山山頂の通信施設と三角点



愛宕山はR19上松第三トンネルの上の山である。市街地から北東方向の高山への道を走って峠から分岐する道が愛宕山山頂に延びていた、砂利道で所どころ洗堀され荒れた所もあった。山頂に近い0.5キロ付近に車を止めて道路を10分ほど歩くと通信施設の立つ愛宕山山頂であった。とても山頂らしくないので何処に三角点が有るのかと見渡すと通信施設の建物を囲むfenceの脇に三角点が有った。


加瀬木山 カセキヤマ 標 高 1114m 信州の里山 山 域 阿寺山地
登 山 記 録
登山月日 2021年10月4日
登山経路 灰沢入山地点12:40〜加瀬木山13:40/13:50〜入山地点14:40
行動時間 登り 1時間 下り 50分 合計 2時間 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス 入山場所まで一般道
トレイル 藪の無い急斜面の尾根を登る
水場・toilet
その他
山行記


岩場もある尾根を登って加瀬木山山頂へ


入山口・急登の尾根


上松町から赤沢美林への道に入り木曽川を渡って数分走り、左に分岐する灰沢への道に入った。集落終点から山中に入って灰沢を渡る地点に車を止めた。
草の被さる林道が分岐している地点であるが、林道には入らずに崖に入山したと思われる足跡が有ったのでそれに続いた。雑木林の中に入って適当に高度を上げて行くと尾根が張り出していた。尾根上には藪もなく適当に歩くことが出来たが、所どころに岩場が現れそして急斜面が続いていた。やがて左側からの尾根が合わさって踏み跡も顕著になって山頂まで続いていた。巨岩が積み重なった中に三角点が有った。山頂をカメラに収めて往路を下ったが尾根末端で道を間違えて少々ロスタイムが有った。


鳥捕山 トリホヤマ 標 高 1271m 信州の里山 山 域 阿寺山地
登 山 記 録
登山月日 2021年11月26日
登山経路 林道ゲート9:25〜尾根取り付き10:00〜1230mピーク11:20〜鳥捕山11:55/12:20〜1230mピーク12:50〜林道13:40〜林道ゲート14:10
行動時間 登り 2時間30分 下り 1時間50分 合計 4時間45分 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス 天竜川右岸道路「ねざめトンネル」の先「隠滝」から山中に入る 林道ゲートまで舗装道路
トレイル 登山道はないが登った尾根には金網沿いに薄い踏み跡 下山に使った尾根には少しマシな踏み跡あった
水場・toilet 林道途中で沢水取れる toiletは無い
その他 野鳥捕獲文化の山
山行記


小藪の尾根を登り・稜線上に登山道


鳥捕山山頂


糸瀬山方面・下りた林道




上松町から大桑村への天竜川右岸道路に入ってねざめトンネルの先隠れ滝から山中に入る道に入り10分ほど走って舗装道路の終点が林道入口であった。林道入口にはゲートが有ったが開放されていて「工事中立入禁止」の看板が立っていた。林道に入ってすぐ先に広い待避場が有ったので車を止めた。
林道を数分進むと工事会社の詰め所が有り標高900mの三角点の白杭が立っていた。付近に三角点を探したが三角点は見当たらなかった。林道を30分約2キロほど進むと肥沢の災害復旧工事中で重機が止まっていて工事関係者が測量作業をしていた。付近に張り出した尾根が鳥捕山前衛ピークからの尾根を確認して植林地に入った。尾根伝いに高度を上げて行くと古びた金網フェンスが現れて金網沿いに薄いながらも踏み跡が続いていた。しかし灌木の小藪が被さる煩い道であった。小藪を掻き分けながら1時間ほど格闘し前衛の1230mピークに登りついた。漸く眼の前に鳥捕山山頂が見えてきた。前衛ピークで一息入れて鳥捕山への稜線を行くと顕著な登山道ともいえる踏み跡があり、鳥捕山山頂に続いていた。鳥捕山山頂に三角点は無く山頂標識もなかった。時雨気味の山頂からは樹間に御嶽山や中央Alps方面も望めたがすっきりした展望は得られなかった。暫し休憩の跡1230m前衛ピークに戻って金網沿いに下ったのであるが、すぐに登って来た尾根とは違うことに気付いたがこちらの尾根には登って来た尾根よりは少しはましな踏み跡が有ったので林道の迷うことなく下ることが出来た。下りついた林道には赤テープが下がっていたのでこちらの尾根が鳥捕山への正式登山道と思われた。


甚太郎山 ジンタロウヤマ 標 高 1332m 信州の里山 山 域 阿寺山地
登 山 記 録
登山月日 2021年10月8日
登山経路 分渡沢白川林道ゲート6:05〜甚太郎歩道入口6:45/6:55〜甚太郎山7:35/7:45〜歩道入口8:20〜林道ゲート8:55
行動時間 登り 1時間30分 下り 1時間10分 合計 2時間50分 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス 県道436から才児牧場への砂利道約1.5キロ
トレイル 林道3キロ歩いて甚太郎歩道は笹が被さる
水場・toilet 沢水取れるが飲用は? toiletは無い
その他 ヒノキの美林の山頂
山行記


伐採地の先の美林の甚太郎山


分渡沢白川林道を歩いて甚太郎歩道入口へ





上松町から木曽町三岳に通じる県道(上松御嶽道)を才児に走り、砂利道の才児牧場への道に入って1.5キロほどに分渡沢白川林道のゲートが有った。ゲートの手前の駐車スペースに車を止めて林道に入った。
林道は勾配も緩く快適であり3キロポストの先に左に分岐する林道を分けるとすぐ先に「甚太郎歩道」と書かれた標識が立っていた。甚太郎新道に入ると笹が刈り払われて伐採地の縁に続いていた。伐採地を過ぎるとヒノキ林に入り巨木の森を歩いて甚太郎山山頂に着いた。山頂はヒノキの大木が有るだけで三角点も山名標識もなかった。


台ヶ峰 ダイガミネ 標 高 1503m 信州の里山 山 域 阿寺山地
登 山 記 録
登山月日 2021年11月29日
登山経路 才児林道入口7:05〜浄水施設〜7:151220mコル7:40〜1401mピーク9:40〜台ヶ峰10:55/11:30〜1401mピーク12:20/12:40〜1220mコル14:05〜林道入口14:45
行動時間 登り 3時間50分 下り 3時間15分 合計 7時間40分 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス 上松町才児迄一般道
トレイル 浄水施設までは道路 1220mコルまでは廃林道 その先は踏み跡も無い膝から腰丈の笹原
水場・toilet 入山地点にもtoiletは無い 水場は入山地点で沢水も飲用は?
その他 往復8キロのとにかく時間のかかる山
山行記


台ヶ峰山頂


樹間に御嶽・1401mピーク


浄水施設・1220mコル





一月半前に甚太郎山に登った時に来た道を才児まで走った。木曽町三岳の村境に近い場所に才児集落の浄水場が有りここが入山地点である。御嶽上松街道とも呼ばれる県道の脇に車を止めた。浄水場への道に入ると地元の古老がまきづくりをしていた。浄水場の脇に赤布が下がっていたので雑木林の中に入るっとすぐに廃林道に出た。笹の被さる廃林道を30分ほど進んで1230m小ピーク残るに着いた。ここからは上松町と木曽町の境界の尾根を辿る。笹原の中ケモノ道と思われる踏み跡が時々現れるが殆ど踏み跡はない尾根である。1326mピークへは高度を100mほど上げて少し下ると旧三岳村方面からの林道が合わさっていた。林道を横切って再び笹薮の尾根に取りついた。このコースで一番藪の濃い所で胸丈の笹を掻き分けて登り上げると1400mピークであった。ここまで既に2時間以上もかかっていて少々ナイーブな気分になった。さらに笹原の尾根は続き台ヶ峰手前の大地に登り笹原を進んで台ヶ峰山頂には入山地点から4時間近くかかって到着した。苦労して登りついた台ヶ峰山頂であったが樹林の中で展望はなかった。樹間に御嶽と木曽駒ケ岳が望まれたが良い写真は撮れなかった。三角点は笹◇されていたので子の山頂に立つものはあまりいないものと思われた。持参した鎌で笹を刈り払って三角点を日の目に合わせることが出来た。30分ほど休憩し下山しようと支度をしたが手袋が見当たらなくて探すのに10分以上かかってしまったが手袋を探し当てることは出来なかった。スペアの軍手をして往路を下った。1400mピークで才児峠に下る尾根を少し下ってみたがこちらにも踏み跡がなく更に笹薮が濃いのでピークに戻って往路のGPSトラックを確認しながら廃林道に戻った。廃林道をゆっくりと歩いて入山地点に戻ったが往復5時間もあればと思った台ヶ峰は往復8時間近くもかかっていた。


卒塔婆山 ソトウバヤマ 標 高 信州の里山 山 域  
登 山 記 録
登山月日  
登山経路  
行動時間 登り 下り 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候  
メンバー  
情   報
アクセス  
トレイル  
水場・toilet  
その他  
山行記




西股山 ニシマタヤマ 標 高 信州の里山 山 域  
登 山 記 録
登山月日  
登山経路  
行動時間 登り 下り 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候  
メンバー  
情   報
アクセス  
トレイル  
水場・toilet  
その他  
山行記



 

山行の記録に戻る