善光寺周辺の里山
三登山 ミトサン 標 高 長野市の里山 山 域 長野市
登 山 記 録
登山月日  
登山経路  
行動時間 登り 下り 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候  
メンバー  
情   報
アクセス  
トレイル  
水場・トイレ  
その他  
山行記




地附山 ジヅキヤマ 標 高 長野市の里山 山 域 長野市
登 山 記 録
登山月日  
登山経路  
行動時間 登り 下り 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候  
メンバー  
情   報
アクセス  
トレイル  
水場・トイレ  
その他  
山行記




大峰山 オオミネサン 標 高 782m 長野市の里山 山 域 長野市
登 山 記 録
登山月日 2020年2月15日
登山経路 大峰斎場9:45〜大峰山10:10/10:20〜大峰斎場10:40
行動時間 登り 下り 合計 1時間 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス バードライン七曲り上部から大峰斎場迄舗装道路 大峰山駐車場までも車道が続く
トレイル
水場・トイレ 大峰山上駐車場にtoiletある
その他 山頂には観光施設の大峰城が立つが今は廃墟模様
山行記


大峰城の裏にある三角点



往生寺から七曲りのスノーシェッドを登り切り、へピンカーブからバードラインを大峰山方面に進むと地附山への道が頑丈なゲートで閉鎖されていて、ゲートの手前から大峰斎場への道が除雪されていた。大峰斎場の駐車場は除雪されていたが斎場は閑散としていた。友引なので葬儀が無いのだろうかと思ったが寂れた施設で今は利用されていないのではと思わせられた。
駐車場に車を停めて大峰城への車道を歩いた。こちらは除雪されていないので数センチの雪道を20分ほど歩いて大峰城前の東屋も立つの駐車場に着いた。門をくぐって大峰城に入るとここも観光施設として作られたもののようであるが、今は閉鎖されていて利用されていないようであった。城の周りを一回りして三角点をカメラに収めた往路を戻った。善光寺裏の「歌が丘」から遊歩道が延びていて単独女性が登って来た。



葛山 カツラヤマ 標 高 812m 長野市の里山 山 域 長野市
登 山 記 録
登山月日 2020年2月13日
登山経路 笹峰遊歩道入口11:00〜葛山11:30/11:45〜遊歩道入口12:20
行動時間 登り 30分 下り 25分 合計 1時間20分 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス バードラインから笹峰集落の遊歩道入口まで舗装道路 遊歩道の300mほど先に駐車場ある
トレイル 樹林帯の中快適トレイル
水場・トイレ 水場・toiletはない
その他 葛山城跡の山 往生寺側からも遊歩道有る
山行記


葛山城跡から見る飯綱山と大峰山



葛山は大峰山から七曲りを経て遊歩道が延びていたが車を笹峰から葛山城跡への遊歩道入口に移動した。行動から300mほど進むと葛山城跡の駐車場が有り、その先に遊歩道が続いていた。杉林などの中の遊歩道を30分ほど歩いて葛山城跡に着いた。城跡は平たくベンチなども設置されていて善光寺平の南方が開けていた。後方には飯綱山、眼前に大峰山が望まれた。村上義清の部下の山城で、川中島合戦の際は上杉謙信が陣を張った山城であるという看板が立っていた。往生寺側に下る遊歩道を少し下って小高い丘に三角点を探したが、葛山には三角点はなかった。


愛宕山 アタゴヤマ 標 高 890m 長野市の里山 山 域 長野市
登 山 記 録
登山月日 2020年2月13日
登山経路 バードライン駐車スペース〜愛宕山往復12:40〜13:05
行動時間 登り 下り 合計 25分 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス バードライン大座法師池の1キロ手前
トレイル 藪山
水場・トイレ なし
その他 愛宕山城跡
山行記


愛宕山山頂とバードラインから見る愛宕山



バードラインの大座法師池の手前1キロほどにあるヘアピンカーブの脇にある小高い峰が愛宕山である。ヘアピoカーブを登り切り道路わきの駐車スペースに車を停めた。100mほど戻ってカラマツ林に入ると倒木の中を適当に歩いて10分ほどで愛宕山山頂であった。山頂には小さな石祠が有り城跡を思わせられる広場になっていた。三角点も山頂標識もないアタゴヤマであったが、堀切とみられる段差もあってここもまた山城跡を偲ばれた。


大頭山   標 高 日本の山1000 山 域  
登 山 記 録
登山月日  
登山経路  
行動時間 登り 下り 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候  
メンバー  
情   報
アクセス  
トレイル  
水場・トイレ  
その他  
山行記



山行の記録に戻る