北信の山ー5
(堀切山・熊窪山)
堀切山 ホリキリヤマ 標 高 1158m 長野市の里山 山 域 長野市若穂
登 山 記 録
登山月日 2020年1月27日
登山経路 松代町桑根井10:00〜林道終点10:20〜雑木林直登〜林道11:20〜尾根取り付き〜堀切山12:00/12:25〜林道下降店12:50〜林道終点13:30〜桑根井13:50
行動時間 登り 2時間 下り 1時間25分 合計 3時間50分 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス 桑根井林道入口まで舗装された農道
トレイル 桑根井林道終点からは雑木林を直登 上部林道0.5キロ 最後は小灌木藪の尾根歩き
水場・トイレ 雑木林の前に立石沢で水とれるが飲用は?toiletは登山口には無い
その他 滝本集落から山頂付近まで供用中の林道が延びる
山行記


松林の堀切山山頂


山頂直下← 山頂へのプロローグ →林道分岐


堀切山は若穂側から登られている報告が多いが、山頂直下まで林道が通じているのを知り、松代側から登ることにした。この時期山頂直下までの林道は冬季閉鎖中と思い、桑根井からの林道を終点まで歩き。立石沢を詰めて上部の林道に上り上げようとした。
桑根井林道は20分ほどで終点に着き、その先に登山道はなかった。立石沢を少し遡上したが倒木多く沢の右岸側のカラマツ林に入って上部林道から派生する小尾根にとりついた。急坂の尾根であるが所どころに石尾根も見えてワイルドな気分で1時間少々で上部の林道に登りついた。この林道は松代から奇妙山・堀切山の山麓を撒いて保基谷岳から菅平に通じる林道で、この時期でも解放されているのか新しい轍も見えた。林道を500mほど進むと左側の尾根に分岐する踏み跡があった。林道と並行する尾根には境界杭沿いに薄い踏み跡が有り、小灌木の藪などの藪をかき分ける少々煩い所もあったが、前衛の1250mピークまで歩くことが出来た。前衛ピークからはいったん鞍部に下りアカマツの巨木の中を進んで堀切山山頂に着いた。山頂は樹林の中で展望はなかった。周囲は茸山でシーズンには止め山になるようである。



    標 高 日本の山1000 山 域  
登 山 記 録
登山月日  
登山経路  
行動時間 登り 下り 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候  
メンバー  
情   報
アクセス  
トレイル  
水場・トイレ  
その他  
山行記



山行の記録に戻る