北信の山―4
(明覚山。柴子萩山・中倉山)

明覚山 ミョウカクサン 標 高 958m 山 域 須坂市里山
坂田山 サカタヤマ 標高 900m 山 域
登 山 記 録
登山月日 2019年11月28日
登山経路 天徳寺登山口9:50〜坂田山11:00〜明覚山三角点11:30〜雨引城址11:45/12:00〜坂田山12:30〜天徳寺13:20
行動時間 雨引城址迄 登り 1時間55分 下り 1時間20分 合計 3時間30分 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス 天徳寺は須坂市公営霊園がある
トレイル 坂田山までは赤松林の中快適トレイル その先は雑木林の中一部岩場交じりの尾根を行く
水場・トイレ 公営霊園の駐車場にtoilet水道ある
その他 坂田山は善光寺平の好展望台 明覚山三角点は通過点で雨引き城址が最高点
山行記


明覚山の三等三角点 ・ 最高点の雨引城址



坂田山は善光寺平の好展望台



須坂市坂田の天徳寺が登山口である。天徳寺には公営墓地があり墓地の駐車場に車を停めて石段を上がって天徳寺に手を合わせて後方に延びる遊歩道に入った。獣除けのゲートを開けて樹林帯に入ったが落ち葉で隠されがちの遊歩道であった。やがて左側からしっかりした登山道が合わさっていたが、こちらが正規登山道であったのかもしれないと思った。合流点にはクマ除けの板木が吊るされていた。登山道はアカマツ林の中緩く登って行き、茸山ではないと思うがトラロープが張られていた。1時間少々歩いて坂田山三峰神社の坂田山に着いた。眼下に須坂市や千曲川を隔てて長野市方面の展望が広がっていた。
坂田山で一息入れた後30mほど鞍部に下り雑木林に変わった尾根を行く。所どころに岩場が現れ急登の尾根を越えて馬の背状の尾根に三等三角点があった。尾根の先にさらに高見が見えたのでそのまま進み、三角点から二つ目のピークに雨引城址の祠が立っていて樹木に手製の山頂プレートがつけられてあった。一つ手前のピークに戻ってランチ休憩を取ったが、ここにも手製の山頂プレートがつけられてあった。



柴子萩山 シネハギヤマ 標 高 1113m 山 域 高山村
登 山 記 録
登山月日 2019年12月10日
登山経路 柴子萩林道送電鉄塔「#85」11:00〜柴子萩山11:55/12:05〜鉄塔12:50
行動時間 登り 55分 下り 45分 合計1時間50分 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス 柴子萩林道は延長約2.2キロ 内1.5キロくらいまで舗装道路その先にも未舗装の林道続く
トレイル 鉄塔巡視路沿いに巡視路あるが山頂へは林業作業道
水場・トイレ 無し
その他 林道最高点付近から藪漕ぎして尾根に登りついた
山行記



柴子萩山山頂


柴祢萩山と書かれたプレートと山頂の三角点


高山村黒部集落後方に柴子萩林道が有り、獣除けゲートを開けて2.2キロ走ると林道終点であったが、その先にも未舗装の林道が延びていた。送電鉄塔と交わる地点に車を停めてさらに林道を最高点まで歩いた。数十m上方に尾根が見えるが尾根に上がる踏み跡はなかったので笹薮の薄い所を選んで「尾根に登ると尾根上には細いながら作業道があった。山頂直下は傾斜の増した道であったがそれほどの距離でもなくあっけなく山頂に着いた。山頂も笹薮の中で手製のプレートが下がり石祠もあった。山頂をカメラに収めて下山に掛かると単独の若者が登ってきて、お互いこんな山で他人と会うことに驚きであった。下山は尾根を忠実に下ると鉄塔巡視路に入り林道途中に続いていた。


中倉山 ナカクラヤマ 標 高 1687m 山 域 志賀高原前衛
登 山 記 録
登山月日 2019年12月10日
登山経路 山田牧場車道ゲート13:45〜林道鎌田入線分岐登山口14:05〜中倉山14:25/14:30〜山田牧場15:05
行動時間 登り 40分 下り 35分 合計 1時間20分 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス 山田牧場まで舗装道路 笠ヶ岳方面に続く道は冬季閉鎖中
トレイル 車道を20分歩いて登山口からは良く整備された道であったが新雪踏んだ
水場・トイレ 山田牧場にあると思われるが確認できず
その他 志賀高原前衛の山 YAMABOKUスキー場が眼前に開ける
山行記


中倉山山頂とYAMABOKUスキー場と笠ヶ岳



笠ヶ岳方面に延びる舗装道路は山田牧場のキャンプ場から先は冬季閉鎖中であった。舗装道路を20分ほど歩くと林道鎌田入線が分岐していたがこちらもゲートが締められていた。ゲートのわずか先が中倉山登山口で「中倉山700m」の標識が付いていた。北側斜面に登山道には雪が積もり先行者のトレースが付いていた。山頂直下の急坂には階段も設けられていて山田牧場からは40分登山口からは20分で2等三角点の山頂に着いた。山田温泉側の展望は樹林に阻まれていたが来し方を振り返ると山田牧場の後方に笠ヶ岳や草津白根山が見えた。この時期まだまだ雪不足の山田牧場であった。

山行の記録に戻る