火打山・妙高山の登山記録

火打山 ヒウチヤマ 標 高 2462m 日本百名山 山 域 頚城山塊
妙高山 ミョウコウサン 標 高 2454m 日本百名山 山 域
登 山 記 録
登山月日 2017年7月30日〜7月31日
登山経路 7月30日
笹ヶ峰(6:20)〜黒沢橋(7:10/7:20)〜富士見平(8:50)〜高谷池(9:50/10:00)〜火打山(11:50/12:25)〜高谷池14:00)〜茶臼山(14:30)〜黒沢池ヒュッテ(15:00)
7月31日
黒沢池ヒュッテ(5:20)〜大倉乗越(5:40)〜長助池分岐(6:20/6:30)〜妙高山(7:50/8:40)〜赤倉温泉源泉〜燕温泉(11:40)
行動時間 1日目 8時間40分 2日目 6時間20分 合計 15時間 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候 1日目 曇 2日目 晴
メンバー ほろしり氏・佐々木女史
情   報
アクセス 笹ヶ峰まで快適観光道路 燕温泉までも舗装道路
トレイル 火打山・妙高山は人気の百名山トレイルも岩ゴロ・泥濘もある 
燕温泉の下りは山頂直下は鎖場 岩ゴロ泥濘の連続
水場・トイレ 水は高谷池・黒沢池ヒュッテ共に煮沸が必要である 黒沢池ヒュッテの飲料水は500ml500円 
長助池分岐付近で沢水取れるがその他は飲用不適
toiletは登山口と各小屋にある
その他 北海道の山友も満足してくれたかな
山行記

1日目


高谷池ヒュッテ・天狗の庭を俯瞰


天狗の庭


火打山山頂




北海道から遠征の山友萱野さんと佐々木さんとの同行登山である。早朝5時前に信濃町の道の駅で合流し、燕温泉に走って一台の車をデポした。今回は笹ヶ峰から火打山〜黒沢池〜妙高山を歩いて燕温泉ん下るコースである。
笹ヶ峰の火打山登山口は6時20分の出発した。樹林帯の木道を進むとすぐに先行した中学生の学校登山隊に追いつくと、道を譲ってくれた。黒沢池までは木道が続いていて50分で到着し、少し登って登山道脇の岩に腰を下ろして朝食を摂った。その先の十二曲がりは思ったほどの急坂でも無く快適に登りあげたが、その先の岩ゴロの急坂は泥濘もあって閉口した。遠征のお二人を先導で来たのは富士見平までであった。富士見平から黒沢山を巻く道は私が後方に回った。やはりまだ足の調子が思わしくない。笹ヶ峰からは予定通り3時間半で着いた。像直工事中のヒュッテの前で暫し休憩し、天狗の庭に向かう。今年は雪解けが遅くこの時期でも木道脇に雪渓が残り、キヌガサソウやハクサンコザクラなどが見頃であった。天狗の庭の木道を写真を取りながらゆっくりと進み小灌木の中に入って火打山を目指す。登山道脇にはヤマオダマキが咲き、コウリンカやキンポウゲ・シナノキンバイなどが斜面を黄色に染めている。下山してくる登山者が山頂で雷鳥が待っていると云うので久しぶりの雷鳥が見られるかと楽しみである。雪渓の残る雷鳥平から霧に巻かれながら急登を凌いでお二人には初めて、私は5年ぶり5度目の火打山に立った。
残念ながら展望は無し。広い山頂の一角に腰を下ろして昼食休憩を取った。期待した雷鳥も姿を見せてくれなかった。往路を写真を取りながらゆっくりと下ったが、天狗の庭や高谷池を見下ろすポイントでは幻想的に見ることができたのは幸いであった。高谷池まで下って黒沢池分岐に入り緩く登って茶臼山を踏んで今日の宿黒沢池ヒュッテには15時の到着となった。八角形の特異な造りの小屋は中も清潔であった。小屋前のベンチでビールなどを飲みながら山談義を楽しんだ。小屋飯は不評であるという事を知っていたので夕食は持参したものを食べた。飲料水は煮沸しないと吞めないという事であって、500mlのペットボトルが500円と高いのは驚きであった。日が暮れる頃になるときりさめが舞いだして小屋に逃げ込んで早めに布団に潜り込んだ。



黒沢池ヒュッテ

2017年夏 高谷池の花





2日目



長助池分岐〜400mを直登


一等三角点の北峰と最高点の南峰


岩稜の山頂・火打山方面


林道終点の登山道入口・燕温泉の登山ポスト前

黒沢池ヒュッテの夜は鼾をかく客もなく静かで快適な一夜であった。食料持参してきたのでヒュッテの朝食タイム前の5時20分には小屋を出ることができた。まずは緩く登って大倉乗越には20分で着き、ロープも下がる急坂を下って、長助池を見下ろしながら急斜面をトラバースして雪渓の残る・・沢に来た。雪渓の下部に流れる流水を1リットルほど確保し、すぐ先の長助池分岐で朝食を摂った。ここにも雪渓の残る登山道を妙高山に取り付いた。雪渓を過ぎると岩ゴロの急登が山頂まで続いていた。二人に先に行ってもらい私は自分のペースを守りながら登った。私のペースは100mを20分で登ることである。ブナ林がダケカンバに変わるころには山頂も近い。長助池から予定通り1時間20分かけて標高差400mを登りきり、祠に手を合わせて妙高山北峰に立った。
ここも5年ぶり3回目の山頂であるが、前2回ともに展望はなかったので南峰の岩稜帯は何処の山かと間違えるほどであった。昨日登った火打山や焼山・金山などの頚城山塊の展望も開けていて、今回天気に恵まれなかった北海道のお二人には良いプレゼントになったというものである。展望を楽しみながら大休止して岩稜の南峰に回った。こちらが妙高山の最高点であり3度目にして初めて踏んだ。南峰の岩稜帯を下る場所には鎖場も連続していたがそれほど危険を感じるほどでもなくやがて樹林帯に入った。樹林帯を下ると下方から中学生の団体が登って来た。更に下ると高校生の団体も登って来た。八合目の風穴、赤倉温泉口に分岐する六合目で休憩しこちらも岩ゴロの悪路を下って雪渓の残る北地獄谷に下った。そこここに硫黄州の漂う道を下り急斜面をトラバースして下りきると「称名の滝」であった。称名の滝までは谷沿いに古い石段の脇にコンクリートの遊歩道が続いていて少し下ると「光明の滝」を見ることができた。更に遊歩道を下ると「赤倉温泉源湯」の施設があった。ここで登山靴の汚れを落とし岩から染み出す清水でのどを潤した。さらに地獄谷の絶壁につけられて遊歩道を下った林道終点の登山道入り口に下り着いた。林道を20分ほど下って燕温泉には正午前の下山となった。登山ポストの近くの店でアイスクリームを口にしてすぐ下の駐車場所に下った。
笹ヶ峰に走って私の車を回収し信濃町の蕎麦屋に向かった。


上段称明の滝・下段光明の滝


火打山 ヒウチヤマ 標 高 2462m 日本百名山

山 域

頚城
妙高山 ミョウコウサン 標 高 2454m 日本百名山

山 域

頚城
登 山 記 録
登山月日 2010年7月9日〜7月10日
登山経路 7月9日
笹ヶ峰8:00〜黒沢橋9:00〜黒沢分岐10:40〜高谷池11:40/13:10〜火打山14:40/14:50〜高谷池16:20
7月10日
高谷池6:20〜黒沢池ヒュッテ7:05/7:20〜大倉乗越7:45〜長助池分岐8:10〜妙高山9:20/9:30〜大倉乗越11:00〜黒沢池ヒュッテ11:15/11:30〜黒沢湿原〜黒沢分岐12:30〜黒沢橋13:45〜笹ヶ峰14:20
行動時間 7月9日 6時間50分 7月10日 8時間 合計 14時間50分 (休憩時間を含む)
天  候 7月9日 曇・雨 7月10日 曇・晴
メンバー 単独

情  報

アクセス 笹ヶ峰まで舗装道路の観光道路
トレイル 人気の百名山良く踏まれて入るが巨石・急坂・泥濘あり
水場・トイレ 各小屋と沢水随所にあるが飲用は?
その他 花の時期の休日は高谷池&黒沢ヒュッテ共大満員 高谷池テント場は快適

山行記

第一日目


天狗の庭からの眺め

 
高谷池ヒュッテ


今年も霧の火打山山頂と高谷池テント場に幕営

昨年に続いての火打ち山高山植物観賞登山である。
今回は高谷池にテントを張って翌日妙高山に回る計画である。テントと自炊道具が入ったザックは重く、昨年のコースタイムよりは大分時間が掛かったが急ぐ山旅ではないので、慌てる事は無かった。高谷池ヒュッテには正午前の到着となり、テントを張り、昼食をとり、サブザックでの火打山へのお花見登山は丁度良い時間となった。
天狗の庭からも火打山が覗けて昨年見られなかった、天狗池に映る「逆さ火打」も見ることが出来た。いつ降り出すか分からない怪しい天気であるが、ここまで来て火打山を踏まないわけには行かない。火打山への登山道脇もミヤマオダマキなどが可憐に開くフラワーロードである。
テント場から1時間半ほどで山頂に到着したがまたしても霧の中で展望は開けなかった。
誰もいない山頂写真をとった後登山道脇の花々をカメラに収めながら下る。30分も下ると突然雨が降ってきて慌てて雨着をつける。しかし15分ほどで雨は上がった。天狗の庭に下って花々を観賞した。
高谷池のテント場に泊まるものは私一人であった。お酒を飲みながら夕食を食べ終わる頃には再び雨が降ってきて夜半までテントを叩いた。

2010年高谷池の花


第二日


黒沢池湿原と黒沢ヒュッテ


大倉乗り越しから見る妙高山と外輪山の巻き道


長助池


長助池分岐〜400mを直登する。稜線直下は明るいダケカンバ林の中を行く


14年ぶりの妙高山は展望開けず

カッコウとホトトギスの鳴き声で高谷池テント場の夜は明けた。朝日を浴びて火打ち山が輝いていた。
素早く朝食をとり、朝の用事を済ませて高谷池を立つ。徐々に上昇気流が上がってきて霧が深くなった。黒沢池ヒュッテへの道は高谷池畔から緩く登っていて20分ほどで最高点の茶臼山についた。そして右側に黒沢池と広大な黒沢湿原を見ながら又緩く下ってゆく。高谷池〜35分ほどで黒沢ヒュッテに到着した。
サブザックに必需品をつめ妙高山に向かう。外輪山の大倉乗越には20分で到着、眼前に妙高山が姿を現した。眼下には長助池の湿原が神秘的である。外輪山をロープを伝いながらしばらく下り、トラバース道を長助分岐まで進む。普段ならこの時期雪渓が残るところであるが今年は僅かに残すのみで、用意してきた軽アイゼンもピッケルも必要なかった。
長助池分岐からは標高差400mを一気に直登する。100mほどは雪渓を登り、沢筋に巨石の悪路が続いていて息が上がる。それでも稜線付近に来ると、ダケカンバの巨木の中の明るい登山道となっていた。稜線に登りつくと更に巨岩の中をわずかに進むと日本百名山・一等三角点の妙高山山頂に飛び出した。

先着していた燕温泉側から登ってきた単独の女性は佇んでいた。山頂写真を撮り少し休憩の後、往路を下る。急坂でひざが笑い始める。長助分岐から外輪山をトラバース、大倉乗越まで登り返すとさすがに疲労を覚えるのであった。
黒沢池ヒュッテに戻り、ヒュッテでポカリスェットを飲み一息入れる。小屋には飲料水も無く、「大倉乗越からの途中の沢水を補給して置けばよかったな〜」と思うのであった。パッキングを確認の後、黒沢池コースの木道を下る。
こちらも高谷池や天狗の庭に負けず劣らずのフラワーロードであった。ハクサンコザクラ・ワタスゲが見事で木道に寝転んで写真を撮りながらゆっくりと進んだ。高谷池からの道を合わせる分岐に来ると大勢の登山者が休んでいた。そして続々と後続の登山者が続いていたのである。黒沢橋に下ると私が2日で歩いたコースを朝4時半から日帰りした登山者が下ってきて談笑する。トレイルランニングを楽しんでいるようだ。黒沢橋からは殆ど木道に変わった登山道を急いで笹ヶ峰の登山口に下ったのである。

 

黒沢湿原とそこに咲く花々






 


火打山 ヒウチヤマ 標 高 2462m 日本百名山

山 域

頚城

登 山 記 録
登山月日 2012年10月21日
登山経路

笹ヶ峰6:25〜黒沢7:10〜富士見平8:35〜高谷池9:30/9:45〜天狗の庭10:00〜火打山11:15/12:20〜高谷池13:25/13:45〜黒沢15:05/15:15〜笹ヶ峰15:50

行動時間 登り 4時間50分 下り 3時間30分 合計 9時間25分 (休憩時間を含む)
天  候
メンバー たかちゃん・rommyさん・anomaloさんご夫妻

情  報

アクセス 笹ヶ峰までは快適な観光道路
トレイル 黒沢までは木道が続く 妙高山分岐までは巨石の中の急坂 高谷池までは泥濘もある水平道
天狗の庭までは巨石と木道 火打山までは木道と木階段があり整備されている
水場・トイレ 登山口と高谷池ヒュッテにある
その他 笹ヶ峰の紅葉と火打山の晩秋の佇まいを満喫できる

山行記


錦秋の笹ヶ峰〜十二曲がり付近


高谷池と天狗の庭は晩秋の装い


華の山ガールに祝福されて

火打山には3回登っているが、今回は山友とのグループ登山である。
早朝6時過ぎに笹ヶ峰の登山口に集合したのは、rommyさんとたかちゃん、そしてたかちゃんの友人アノマロさんと平さん夫婦である。アノマロさん夫婦とは初めての対面で少し緊張気味であるが登山道に入れば打ち解けて山談義を楽しみながら進む。4回目ともなると勝手知ったる登山道であるが、黒沢を過ぎてからの「十二曲がり」やその上の急坂では息を弾ませる。紅葉も笹ヶ峰〜富士見平付近まではまだ見ごろであった。足が揃ったメンバーで、富士見平には2時間少々で到着し一息入れる。
黒沢山を巻きながら高谷池を目指と、前方に火打山が見えてきたが、既に紅葉は過ぎて晩秋の佇まいである。高谷池ヒュッテに着くと昨日の宿泊者や今日先行した登山者がベンチで休憩していた。高谷池もススキが揺れて枯葉色に変わっていた。ベンチで軽食を取りトイレ休憩の後火打山を目指す。夏にはハクサンコザクラが咲き乱れた高山植物の宝庫「天狗の庭」もすっかり冬待ち色である。少しの急坂を凌いで予定通りの時間で火打山山頂に立ち、展望を楽しみながら昼食休憩である。今まで3回の登頂はいつもガスが上がってきて展望が得られなかったが、今日は絶好の好天の下大展望が広がっていて火打山の素晴らしさを実感する事が出来た。特に大好きな焼山が陰火打ちの先に噴煙を上げているのを見るともう一度登って見たいと思うのであった。少し風があったが寒さを感じることもなくメンバーで持ち寄った昼食で満腹である。隣で山頂ステイを楽しむ山ガールと軽口叩きながら1時間近く滞頂し下山した。

下山も高谷池ヒュッテ・富士見平・黒沢と休憩しゆっくりと秋の火打山を楽しんだ。このメンバーでの登山はこれからも楽しみである。


←妙高山  山頂から  →焼山


火打山 ヒウチヤマ 標 高 2462m 日本百名山

山 域

頚城
登 山 記 録
登山月日 2009年7月04日
登山経路 笹ヶ峰7:00〜黒沢7:45〜妙高山分岐9:10〜高谷池9:50/10:00〜天狗の庭〜火打山11:20/12:05〜天狗の庭13:00/13:40〜高谷池14:10〜分岐14:50〜笹ヶ峰16:20
行動時間 登り 4時間20分 下り 3時間35分 合計 9時間20分 (休憩時間を含む)
天  候 曇・霧
メンバー 単独

情  報

アクセス 笹ヶ峰まで舗装道路
トレイル 黒沢までは木道が続く 妙高山分岐までは巨石の中の急坂 高谷池までは泥濘もある水平道
天狗の庭までは巨石と木道 火打山までは木道と木階段があり整備されている
水場・トイレ 登山口と高谷池ヒュッテにある
その他 女性に人気の百名山

山行記


ハクサンコザクラがピンクに染める天狗の庭と高谷池から見る火打山


霧の中の火打山山頂と高谷池

火打山は10年前の秋登っているが、この山塊は隣の妙高山を含めても花の時期の登山は始めてである。
ハクサンコザクラが咲き始めたという便りを聞いて、笹ヶ峰には7時前には着いた。登山口を入ると緩い傾斜のトレイルが続き、最初のチェックポイント黒沢までは70%位は木道が設置されている。途中で地元中学校のクロカンチームのトレーニングを兼ねた集団が凄い勢いで追い越して行った。黒沢に着くと20名くらいの団体が休憩を取っていて、私も一息入れようと思ったが、団体さんの後ろについたら悲劇であるのでそのまま橋を渡り歩き続ける。

やがて登山道は傾斜を増して巨石の中の道となる。「十二曲がり」と名付けられていて一気に汗が噴出す。しかし最近はこの程度の登山道は殆ど苦にならない。「十二曲がり」の標識が立つ地点でブヨが煩いので蚊取り線香に火をつけて腰にぶら下げる。
妙高山への分岐を過ぎて富士見平に出るが山腹には霧が巻いて展望は得られない。富士見平から高谷池ヒュッテまでは黒沢山の山腹を巻く水平道になっていて、少々泥濘もある。登山道脇には漸くオオバミゾホウズキなどの高山植物が顔を見せ始める。三角屋根の高谷池ヒュッテには3時間弱で到着した。先着のパーテイが思い思いに休んでいる。

私も行動食をとりながら10分ほど休憩し、高谷池の周囲を歩いて「天狗の庭」に向かう。
ゴーロ沢を越えると木道が設置されている。周囲はキヌガサソウ・ミズバショウ・イワイチョウなどが咲き乱れている。そしてお目当てのハクサンコザクラも群生して辺りをピンクに染めている。正に「花の楽園・天狗の庭」に着いたのである。火打山には霧が立ち込めて姿を見ることが出来ない。花の撮影は帰りの楽しみとして火打山を目指す。
霧の中で何処を歩いているのか判らないので山頂までは長い道のりに感じる。馬の背状の道を越え、再び急坂を登るとハイマツ帯となり、最後は雪渓を登りきると火打山山頂であった。

二組5人ほどが休憩していたが周囲はガスの為展望はない。私も広い山頂の一角に腰を下ろして昼食休憩をとる。先日、浅草岳に登ったときに会った同年輩氏が山頂で美味そうにビールを飲んでいるのを見たので、今回はクーラーバックに冷やしたビールを持参してきた。ビールを飲みながらムスコと勤務先で知り合った女性を連れて、三人で登った10年前を回想するのであった。霧の晴れる気配はないので40分ほど滞頂して下山に掛かる。

雪渓を下りすぎて慌てる場面もあったが、続々と上がってくる後続パーテイに道を譲りながら、そして登山道脇に咲く花々をカメラに収めながら下る。
山頂付近はミヤマキンバイが群生し黄色に染めている。ミヤマタンポポも大きな花びらを広げている。ミネザクラやナナカマドの潅木も花をつけている。ヤマオダマキは初めて観る花だ。登りと同じくらいの時間をかけてハクサンコザクラがピンクに染める「天狗の庭」に下る。木道に腹ばいになりながら何枚も写真に収める。その内に霧がサーと晴れて火打ち山が一瞬天狗池に映し出された。しかしカメラに収めることは出来ない。
霧の晴れるのを待つことにする。40分ほど待ったが結局火打山は姿を現してはくれなかった。ベニバナイチゴやキヌガサソウなどをカメラに収めながら高谷池ヒュッテに下ると、
「天狗の庭」で、あれほど待っても姿を見せなかった火打山が漸く雲が切れて姿を現した。素早くカメラに収める。
「まー火打山が見えたのだから」と納得し帰路を急いだのである。
しかし火打山の素晴らしさを知り、日本百名山の中でも屈指の山であることを思い知らされて満足の火打ち山であった。


花の名山・火打山を彩る花々


キヌガサソウ・ハクサンコザクラ


ミヤマキンバイ・ミヤマタンポポ・コバイケイソウ


イワハタザオ(?)・ミヤマセンキュウ(?)・イワカガミ


ハクサンコザクラ・サンカヨウ


カラマツソウ・ミネザクラ・ナナカマド


ヤマオダマキ・ベニバナイチゴ


テガタチドリ・カラマツソウ・イワイチョウ


ハクサンチドリ・ミズバショウ


オオバミゾホウズキ・コバイケイソウ・ツマトリソウ


ニョイスミレ・ベニバナイチヤクソウ

 

山行の記録に戻る