志賀高原前衛の山
(三沢山・箱山・鴨ヶ嶽・臂出山・竜王山・丸山・小丸山)
三沢山 ミサワヤマ 標 高 1505m 日本の山1000 山 域 志賀高原前衛
登 山 記 録
登山月日 2020年6月29日
登山経路 山ノ内町菅ノ入林道終点11:55〜稜線13:25〜三沢山13:45/14:10〜登山口15:25
行動時間 登り 1時間50分 下り 1時間15分 合計 3時間30分 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス 山ノ内町菅集落の再奥から菅ノ入林道に入る 菅ノ入林道は未舗装も一般車通行可能
トレイル 沢筋の登山道は崩落激しく倒木も多いが沢の源頭から先稜線上にはしっかりした登山道ある
水場・トイレ 沢水とれるがtoiletはない
その他 沢歩きに悪戦苦闘
山行記


三沢山山頂


倒木地獄の沢を詰めて稜線上には快適トレイル



R292湯田中のバイパス角間佐野ICから山ノ内町南部の菅集落の再奥まで走ると大きく右カーブする左側に小さな神社の鳥居が見える。神社脇に分岐する舗装道路が有り、ここに入って数分進むと右カーブの脇に広い空き地が有ったて左に「菅ノ入」林道が分岐していた。空き地に車を停めて菅ノ入林道を歩こうかと思ったが、路面状態も良さそうなので車で進入した。砂利道ながら思った通りの路面状態で普通車でも1,2キロの終点まで走ることが出来た。
登山道は沢沿いを行くがすぐに崩壊していて水量の少ない沢を倒木をよけながら遡上して行く。所どころに登山道も現れるのでそれほど道迷いの心配はなかった。やがて沢の源頭部に着くと一気に傾斜が増して急登を直登して行く。稜線間近になるとトラバース気味に切られた登山道が続いていた。1時間もあれば稜線に達するだろうと思ったが腰痛と脚力の衰えもあって1時間半もかかっていた。稜線からは緩く切られた快適トレイルを20分ほどで三沢山山頂に着いた。山頂には小さな石祠が有り脇の雑木に手製の山名プレートが付けられていた。石祠の後方の草叢に三等三角点が有った。三角点付近に腰を下ろして軽食取りながらゆっくりと休憩し三沢山山頂を後にした。


鴨ヶ嶽 カモガタケ 標 高 688m 北信の里山 山 域 中野市・山ノ内町
箱山 ハコヤマ 標 高 698m 山 域
登 山 記 録
登山月日 2020年6月30日
登山経路 箱山トンネル9:15〜箱山峠9:25〜鴨ヶ嶽城跡9:50/10:00〜遊歩道〜箱山トンネル10:35
箱山稲荷神社11:15〜箱山11:50〜稲荷神社12:35
行動時間 鴨ヶ嶽 登り 35分 下り 35分 合計 1時間20分 (休憩時間・ロスタイム含む) 
箱山  登り 35分 下り 45分 合計 1時間20分   
天 候 曇/雨
メンバー 単独
情   報
アクセス 中野市・山ノ内町境の箱山トンネル迄は一般道 稲荷社は箱山入口バス停の近く
トレイル 鴨ヶ嶽は中野市側から遊歩道有るが旧道箱山峠から尾根を直登して遊歩道下った
箱山は稲荷神社の脇から赤布を追った 下山は尾根を歩いて車道に下った 
水場・トイレ 付近に水場toiletはない
その他 高梨氏の城跡鴨ヶ嶽 箱山にも支城が有った
山行記


箱山峠・鴨ヶ嶽山頂


鴨ヶ嶽城跡と中野市街地方面


山ノ内町側から箱山トンネルに向かいトンネルの手前の右側道に入って空き地に車を停めた。車道を少し戻って旧道箱山峠までは10分ほどであった。箱山峠は切通になっていて箱山側は巨岩の岩壁が屹立していた。腰痛が出て登山は無理かなと思ったが鴨ヶ嶽を目指して崖を駆け上がると樹林帯にしっかりした踏み跡と赤布が続いていた。尾根にとりつくと急登を直登するようになり所どころにロープも下げられていた。急坂の尾根を登りきると右側・中野市側からしっかりした遊歩道が合わさり大きな堀切を越えてかもがたけ山頂の三角点に登りついた。三角点をカメラに収めた後反対側の堀切をこえて高梨氏の城跡鴨ヶ嶽城跡に着いた。東山神社の鳥居・鴨ヶ嶽城跡の謂れを記した看板やベンチも設置された鴨ヶ嶽城跡からは中の市街地を見下ろすことが出来た。城跡を後にして尾根道分岐まで戻るとトレランの若者が追い付いて「尾根道を下るのは危険だから遊歩道を下った方が良い」と云うアドバイスが有った。アドバイスに従い遊歩道を下ると旧道の箱山峠には戻ることなく箱山トンネルの中野市側坑口の車道に下りてしまった。箱山峠から箱山も登ろうという目論見であったので騙されたという思いで箱山tunnelを歩いて駐車場所に戻った。

箱山トンネル付近の駐車地点から稲荷神社まではわずかな距離である。「箱山入口」のバス停から農道に入って鳥居の石段前に車を停めた。鳥居をくぐって石段を登ると稲荷神社の社殿が有った。社殿の後方に登山道が有るものと思っていたが、山中に踏み跡と赤布が下がるのが見えるが登山道と云ったものはなかった。急坂を雑木に掴まりながら高度を上げて行き、少し高度を上げると雨が降って来て素早く雨着を付けた。尾根に登り上げてもしっかりした登山道は現れず、時々現れる岩稜を巻きながら赤布を追った。山頂付近になってようやくしっかりした登山道に合わさることが出来た。山頂には数基の石碑が立っていたが碑銘を読むことはできなかった。ア面降る中では休憩もままならず尾根上のしっかりした踏み跡を追うと入山場所からは1キロほど離れた場所に下ってしまい、車道を痛い足と腰をかばいながら歩いて駐車場所に戻った。





石碑が数基立つ箱山山頂・稜線上には岩稜帯もある


臂出山 ヒジデヤマ 標 高 1424m 北信の里山 山 域 志賀高原前衛
登 山 記 録
登山月日 2020年6月30日
登山経路 三日月池林道入山口4:45〜稜線登山道合流5:40〜臂出山6:00/6:10〜稜線下降点6:30〜入山口7:15
行動時間 登り 1時間15分 下り 1時間05分 合計 2時間30分 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス 竜王スキーパークの奥三日月池に延びる舗装道路の林道途中
トレイル 藪を漕いで稜線に登るとどこからか確かな道が山頂に続いていた
水場・トイレ 水は入山口で取れるがtoiletはない
その他 藪漕ぎも短い距離と時間
山行記


入山地点から藪を漕いで


稜線上には確かな道が山頂に続いていた



 北志賀高原「竜王スノーパーク」の巨大ロープウエイ山麓駅からゲレンデ内を走って、三日月池へ通じる林道に入った。狭いながらも舗装された快適山岳道路が続いていて、臂出山の入山個所を通り過ぎて舗装道路の終点三日月池遊歩道入口に車を付け、さらに奥に延びる未舗装の林道を10分ほど走ると湯田中方面からの林道と合わさっていた。この林道はもしかしたらロープウエイの山頂駅に通じるのではと思ってきたのであるが、竜王山に近い山頂駅には通じていなかった。林道を地図上、臂出山に最も接近するヘアピンカーブに戻った。幸いにもカーブ地点に草地の空き地が有り、ここに車を停めて車中泊した。
 翌朝夜明けを待って4時半過ぎには行動開始である。朝露で濡れるのを嫌って雨着のズボンを履き、手には草刈り鎌を持っての入山である。ヘアピンカーブの中心部から沢水が流れる場所に入り、樹木に掴まりながら山中に入った。根曲がり竹の密藪であったら入山を諦めようと思っていたが山中には大きな葉っぱの草の被さる中で、草の茎に掴まりながら高度を上げて行く。草地の先には笹薮が現れるが行く手を阻むほどの藪ではなく、時々はスマホのGPSを頼りに進み標高差150mほどの稜線の平坦地に登りついた。藪の中を臂出山山頂方面に進むと顕著な尾根が見えて、尾根に向かうと確かな道があって小躍りした。登山道に腰を下ろして一息入れた後、緩い勾配の尾根道を20分ほど歩いて臂出山山頂に着いた。山頂には三角点も山頂標識もなかったがGPSで臂出山山頂を特定して持参のホワイトボードに山名記載してカメラに収めた。怪しい天気の終われるようにして山頂を辞して往路を戻り藪山は適当に下って入山口に戻った。


    標 高 日本の山1000 山 域  
登 山 記 録
登山月日  
登山経路  
行動時間 登り 下り 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候  
メンバー  
情   報
アクセス  
トレイル  
水場・トイレ  
その他  
山行記




    標 高 日本の山1000 山 域  
登 山 記 録
登山月日  
登山経路  
行動時間 登り 下り 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候  
メンバー  
情   報
アクセス  
トレイル  
水場・トイレ  
その他  
山行記



山行の記録に戻る