富士山 フジサン 標 高 3778m 日本百名山

山 域

富士山
登 山 記 録
登山月日 2005年7月23日
登山経路 河口湖五合目駐車場4:30〜六合目〜七合目6:10/6:30〜八合目8:10〜本八合8:50〜八合五勺9:40〜久須志神社10:30/10:45〜剣ヶ峰11:30/11:50〜白山岳〜久須志神社12:55〜八合五勺13:35〜下山道〜六合目14:50〜五合目15:30
行動時間 登り6時間(久須志神社まで) お鉢廻り1時間25分 下り2時間35分 合計11時間(休憩時間を含む)
天  候 曇・ガス
メンバー 親子二人連れ登山隊

情  報

アクセス マイカー規制の前に五合目まで入る
トレイル 厳しい登りだが登山道は問題なし
水場・トイレ 水場はないがトイレは山小屋で
その他 日本一標高の高い観光地


登山者でにぎわう剣ヶ峰と対照的な白山岳山頂


胸突き八丁を登りきると山頂の一角久須志神社に着く


日本一の山を目指して今日も老若男女が行く

山行記

深夜11時過ぎ富士スバルラインに入り、五合目を目指す。
五合目駐車場が満杯になったので1キロ手前の駐車場に案内される。後続の車が案内を無視して次々と五合目を目指して進入するのを見て、再度五合目の駐車場に向かう。何とか駐車できて後部座席でビールを飲みながら周りの様子を伺う。夜間登山を決行するか迷っていたのであるが、運転の疲れもあって夜が明けるのを待って登ることにする。
眠ってしまっては朝起きられなくなるので眠るわけにはいかないので毛布にくるまって時間の過ぎるのを待つ。
車のドアーの開閉音が気になり始めると3時過ぎていた。しっかり寝込んでいる息子を起こし、支度を始める。ライトをつけて歩き始めた登山者を見ると急がなければと思う。
支度をすませ、いざ出発という4時になると雨が落ちてきて、出足をくじかれる。30分ほど車の中で待機して4時半に五合目を出発する。30分ほどの待機時間の間にすっかり明るくなった登山道に入ると再び雨が落ちてきて雨着を着用する。怪しい天気の中、なかなか気合いが乗らない。しかし六合目の登山口までは緩い傾斜で寝起きの体のアイドリングにはちょうど良い1時間である。雨は上がったが山頂にはガスが掛かっている上、山麓もガスの下で五合目から八合目あたり迄が雲の合間になっていて展望が開けている。
登山指導センターで注意書を渡されるが何が書いてあるのか読む気もしない。後は一合通過所用タイムを1時間と設定して、ただひたすら山頂を目指す。
世界遺産登録を悲願としている富士山にあって、一番のネックは、一夏30万人が訪れるという登山者のトイレ問題だ。そのせいか山小屋のトイレが随分ときれいに改造されていてうれしい限りであって、これでは登山者も山の美化に協力しようという気持ちにもなるというものである。登山道にはゴミも目立たないが、以前に廃棄された瓶類の粉砕されたガラス片が登山道脇に露出していて気になるところだ。
追い抜くパーティも有れば追い抜いて行く単独行者もあり、回りを歩くものはほとんど同じペースで登っている。今日は4年前と同じ外人パーティである。皆、金剛杖に焼印を押してもらうのが楽しみのようである。七合目までは疲れもなく快調に登り、小屋前で朝食休憩をとる。前回はこれから上でシャリバテを起こしているのでしっかりと腹ごしらえをする。
標高3000mを越えるあたりでガスが上がってきて視界がなくなる。上方を見上げそのつど「まだ先だなー」と、ため息をつきながら登るより、先を気にせず一歩一歩登るこの方が良さそうである。本八合目を過ぎると酸素が薄くなるのが実感としてわかるようになると息が続かなくなり、足が重くなるのである。
八合五勺の小屋を過ぎ鳥居を越えるといよいよ胸突き八丁へさしかかる。一歩一歩・ゆっくりゆっくり歩を進める。回りのもの皆があえいでいるので少しも焦りはない。それも前回よりはずっと楽に歩が進むからである。息子は今回も私を離してずっと先に行っているようだ。胸突き八丁も山頂直下の鳥居が見えればもうすぐ山頂だ。
五合目から6時間、6合目から5時間かけてようやく久須志神社の建つ山頂の一角へ登り着くことができた。残念ながら山頂はガスで展望は何もない。俗化した小屋前のテラスでしばらく休憩し、お鉢回りに出発する。
御殿場口登山道を合わせ、登山客でにぎわう浅間神社は急いで通過する。最後の登りをよく凌いで写真撮影で賑わう日本最高所の看板が立つ剣が峰には11時半に到着した。
測候所跡の片隅で昼食を取り、更にお鉢を回って久須志神社に戻る。
上空が時々明るくなってガスが切れるだろうかと期待を持たせるが、結局最後までガスの中の山頂であった。
実は今日の主目的はお鉢回りのコースから外れた白山岳である。登山道には案内看板がなく戸惑うのであったが、ガイドブックをよく見て、久須志神社の手前100m地点からコースを外れた稜線上にあることを確認する。息子を待たせて一人で白山岳山頂を目指す。ガスの中でも迷うこともないほど踏まれた道を10分も登ると荒涼とした中に何の標識もない三角点が現れた。紛れもなく白山岳山頂である。
日本の山3000m超峰28座完全登頂を果たして感激であるがガスの中ではそれも薄い。
久須志神社に戻って休む間もなく下山に掛かる。
胸突き八丁を登ってくる者に道を譲りながら下る。八合五勺の小屋で下山道に入る。
後はジグザグに切られた下山道をひたすら下る。オーバーペースになるのは仕方がないが、アキレス腱をやられないようにと時々休憩を挟む。息子は委細かまわず走るように下って行く。私も追い抜かれるのは何人もいないほどのピッチで下り、登り客で賑わう六合目登山口には久須志神社からちょうど2時間で下り着いたのである。
五合目の駐車場までの道は登り返しもあり厳しいものであったが15時半には帰り着き、2回目の富士山登山は11時間を要して無事完了したのである。

 

山行の記録に戻る