烏帽子ヶ岳 ボシガタケ 標 高 2195m 信州ふるさと120山

山 域

中央アルプス


登山道中間点から眺める烏帽子ヶ岳山頂


山腹の紅葉は真っ盛りであった


山頂スナップ

 

登 山 記 録
登山月日 2004年10月23日
登山経路 鳩打峠7:55〜小八郎岳8:35〜烏帽子岳10:45/11:20〜小八郎岳〜鳩打峠13:30
行動時間 登り2時間50分 下り2時間10分 合計5時間35分(休憩時間を含む)
天  候 曇・霧
メンバー 根橋さん・糸賀さん

情  報

アクセス 中央自動車道松川インターから僅かな所に案内看板有る。鳩打峠までは乗用車でも問題なし。
トレイル 小八郎岳までは里山登山道。その先も問題なし。
水場・トイレ 登山口手前に水場有。登山口に仮設トイレある。
その他 中央アルプス南部の好展望台

山行記

中央自動車道を飯田から諏訪方面に車を走らせると、松川インターの左側に屹立する山が中央アルプス念丈岳から派生した尾根に立つ烏帽子ヶ岳である。
松川インターを出て最初の信号を左折し、狭い地道を1キロも走ると左側に小八郎岳・烏帽子岳登山口の看板が立つ。すぐに山中に入り、林道を5〜6キロほど走ると終点につく。ここが鳩打峠らしい。広い駐車場があり、簡易トイレも設置されていた。
今日は3年前から1年に1度、懇親登山を続けているNさん、Iさんと3人でNさんの快気祝い登山である。前2回は北信の里山であったが、今回はもう少し骨っぽい山にと思い、ここを選んだのである。
久しぶりに顔を合わせ話が弾む。
登山道入口には作業用インクラインが設置されていた。小八郎岳の崩壊地のり面工事用のものらしい。小八郎岳までは結局このインクラインが平行していて折角のトレイルも台無しの風情となるのである。小八郎岳をパスする道もあったが小八郎岳直下まで登ると山頂には四阿が立っていた。山頂は下りに踏むことにして烏帽子ヶ岳への道に戻る。緩やかなトレイルをNさんを先頭に歩くとやはりペースが速い。小八郎から1時間で烏帽子ヶ岳が正面に見える崖の上の展望地に着く。先行したパーティがカメラを構えていた。一緒になって烏帽子ヶ岳や岩場や崩壊地に映える紅葉をカメラに収める。山頂に続く稜線が手に取るように見えて先が読める。
少し傾斜のました稜線は一番足の遅い私がしんがりを務めて歩くと、見る見る間にお二人に離される。
山頂直下には大きな岩場があり鎖場となっていた。先ほどの展望台から眺めたときは霧氷と間違えた白い岩である。苦もなく乗り越えて山頂に立つ。上昇気流が上がってきていて、中央アルプス南部の南駒ヶ岳や仙涯嶺、そしてここから延びる念丈岳の峰々を隠していた。
軽食をとりながらガスの晴れるのを待つ。時々風がガスを吹き飛ばしてくれるのであるがカメラに収める時間もない。30分の山頂スティであきらめて下ることにする。足の速いIさんは走るように小八郎岳まで下る。私はNさんとゆっくり下る。
小八郎岳の四阿で実りの伊那谷を見ながら、すっかり体調がもどったNさんの復帰を心から祝福するのであった。

 


本高森 ホンタカモリ 標 高 1890m 信州ふるさと120山 山 域 中央Alps前衛
登 山 記 録
登山月日 2017年9月16日
登山経路 林道登山口5:30〜前高森分岐7:05〜本高森7:50/8:10〜前高森分岐〜登山口9:45
行動時間 登り 2時間20分 下り 1時間35分 合計 4時間15分 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候 小雨/曇
メンバー 吉川さんを案内
情   報
アクセス 高森カントリーの先林道は途中まで舗装されているが、最後の1キロほどは砂利道も普通車でも入れる
トレイル 一部急坂・荒れたところもあるが、とてもよく整備されていて緩い勾配の快適トレイルが山頂まで続く
水場・トイレ 水場・トイレともに登山口、山中にはない
その他 小雨降る中再登山
山行記


本高森山頂

前夜は登山口に近い高森町の研修センターに泊まった。夜明け前に登山口に走ったが小雨舞う中でテンションが上がらなかったが雨傘差して登山道に入った。前回の記憶は「マツタケが採れた」という事と「山頂まで緩く続く登山道」だったが、マツタケはともかく登山道は記憶とは違い急坂が連続していた。登山口から山頂までの標高差が800mほどもあるのだから当然である。
前高森・吉田山分岐から先の尾根に来ると右側が切れ落ちていて、吹き上げる風で寒さを覚えながら必死に歩いて2時間少々で山頂に着いた。山頂手前で先頭を譲ると私より3歳年上の吉川さんは走るように駆け上がって行った。曇り空で展望の利かない山頂は風があったので樹林帯に下って風除けの中で休憩した。下山は雨も上がってゆっくりと本高森を楽しみながら下った。


本高森 ホンタカモリ 標 高 1890m 信州ふるさと120山 山 域 中央アルプス前衛
登 山 記 録
登山月日 2014年9月28日
登山経路 高森カントリーの先林道登山口6:05〜前高森分岐7:40〜本高森8:35/9:00〜前高森分岐〜登山口10:45
行動時間 登り 2時間30分 下り 1時間45分 合計 4時間40分  (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス 高森カントリーの先林道は途中まで舗装されているが、最後の1キロほどは砂利道も普通車でも入れる
トレイル 一部急坂・荒れたところもあるが、とてもよく整備されていて緩い勾配の快適トレイルが山頂まで続く
水場・トイレ 水場・トイレともに登山口、山中にはない
その他 アカマツ林の登山道で登山道わきで松茸採れた
山行記


南東が開けた本高森山頂

高森カントリークラブのクラブハウス入口を見て山中に入ると狭いながらも舗装された林道が続いていて、道路端に前高森・本高森山への案内看板があった。林道はやがて砂利道に変わったがそれほど長くもなく登山口に到着した。
登山道はアカマツ林の中、勾配も緩く広く良く整備された道で驚くほどである。何気なく歩いていると登山道わきにキノコを見つけ手にとるとなんと松茸である。何年振りかに松茸をとることが出来て感動であった。附近を探すとカサの開いたものも1本有った。思わぬ収穫に小躍りしながらさらに登山道わきに目を凝らしながら進んだが結局松茸は2本だけであった。登山道は少し傾斜を増して・・登山口からの道を合わせ、少し細くなったトラバース道を行くと、前高森・吉田山分岐に着いた。ここまでが1時間半ほどかかったが少しも疲れはなく、更に再びよく整備された広い登山道を行く。樹林の間に右前方に10年ほど前に登った烏帽子が岳が見えてくると本高森の山頂はすぐであった。
山頂の後方は樹木で展望はさえぎられていたが、南東面が開けていて、南アルプスの峰々が全容を見せていた。朝食をとり展望を満喫しながら30分ほど滞頂し往路を下った。往路もアカマツ林に松茸を探したがそうは問屋がおろさなかった。マツタケ山であるのに入山規制されていないことには驚かされた本高森ではあった。


本高森山頂から見る南アルプス中部から南部主脈


陣馬形山 ジンバガタヤマ 標 高 1445m 信州ふるさと120山 山 域 伊那山地
登 山 記 録
登山月日 2014年9月28日
登山経路 山頂はキャンプ場などのある観光地
行動時間 山頂周遊12:30〜13:00 合計 30分 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス 折草峠から一部舗装工事中の林道を行くと車横付けの山頂キャンプ場に着いた
トレイル 山頂はキャンプ場と展望地になっている
水場・トイレ トイレは山頂キャンプ場にあるが水は持参か
その他 信州には珍しい山頂車横付けできる山
山行記


陣馬形山山頂からの中央アルプスの展望・中央は南駒ヶ岳

駒ケ根市菅沼から陣馬形山の東側から回り込むように折草峠に着いた。折草峠から陣馬形山に通じる林道は舗装工事のためバリケードで進入規制されていた。日曜日であるから休工中と思いバリケードを開けて進入した。工事中の約1キロの区間も重機が道の端によけられていて、通行は可能で、その他は山頂まで舗装された快適林道が続いていた。山頂直下で西側から登ってきた林道を合わせ山頂キャンプ場に着いた。キャンプ場には数張のテントが張られ、家族連れ寛いでいた。キャンプ場の先に陣馬形山の山頂があり、ここでも家族連れやアマチュアカメラマンが眼前の中央アルプスや眼下に流れる天竜川や伊那谷の展望を楽しんでいた。後方を見ると少し樹木に阻まれるところもあるが、南アルプスの仙丈ケ岳・北岳・塩見岳を見ることが出来、陣馬形山が絶好の山岳展望台であることを知った。
山国信州にも一つくらいはあってもよい山頂車横付け可能な陣馬形山ではある。


山頂はキャンプ場と牧場の陣馬形山


鬼が城山 オニガジョウヤマ 標 高 1482m 信州ふるさと120山 山 域 伊那山地
登 山 記 録
登山月日 2014年11月8日
登山経路 鬼ヶ城林道奥の院入口9:20〜三十一丁10:00〜鬼ヶ城山10:40/11:20〜道迷い(30分)〜奥の院入口12:50
行動時間 登り 1時間20分 下り 1時間30分(ロス30分) 合計 3時間30分 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス 奥の院入口参道まで舗装道路
トレイル 登山道は丁石があり、迷うことはないが山頂直下は踏み跡薄く激急坂が続く
水場・トイレ 水場は林道途中で取れるが登山口から先にはない トイレはない
その他 鬼ヶ城神社奥の院への参道と云う登山道
山行記

登山口の奥の院入口・十一丁石から尾根を歩く


中間点の三十一丁石の大山祁祠・岩陰に安置された石像

喬木村の上氏乗から舗装道路の鬼ヶ城林道に入り、獣除けのゲートを開け林道終点まで走ると、右側山中に「鬼ヶ城奥の院入口」の小さな案内看板があった。林道の下方には鳥居があって、林道開通前はその鳥居をくぐって登られていたようだ。登山道に入りすぐに尾根に取りつくと大山祇の祀られた「十一丁石」があった。林道の下方に見えた鳥居が「十丁」で、登山道と言うよりは鬼ヶ城神社奥の院の参道のようだ。この先にある丁石の間隔はまちまちである。

入口看板から40分ほど緩い尾根道を歩いて「三十一丁石」に着くと、ここにも大山祇を祀った崩れ落ちた石祠があり、ここら辺りから傾斜が増してきた。(三十一丁石が中間点)そして「四十丁石」を過ぎるころになると一気の急登になった。急坂の途中の岩場に怪しげな石像もあったが、足場が悪く転げ落ちそうなので、何を祀っているのか確認できなかった。
三十分ほどの急坂凌ぎですが、落ち葉が被さる参道は先を見失いがちで、足の踏ん張りもままならず、木の根・草木に掴まりながら、滑り落ちないようにして両手両足を使って登った。「下りがたいへんだな〜」と思うのである。

そして「五十丁石」を見ると、朽ちた鬼ヶ城神社奥の院が立っていた。氏乗に住む人たちの氏神様を祭ってあるのだろう。
奥の院の先に小広い広場があり、焚火跡やベンチもある鬼ヶ城山山頂であった。四等三角点の鬼ヶ城山だが、山頂標識も見当たらない。後方には鬼ヶ城よりは標高が高い氏乗山が見えるが、そこに至る尾根はとても峻険な岩稜が続いているようだ。

樹林の山頂からは展望もなく、木漏れ日がわずかに当たる暗い山頂だ。丸木で作ったベンチに腰をおろし、軽食を取っていると杉の大木からリスが降りてきて、一鳴き鳴いて藪に駆け込んでいった。「きっと餌をねだったのだろう」と思い、藪の中にリンゴの皮を少し分けてやった。


40分ほど滞頂のあと、登りに気遣った通りの一気の急坂を滑り落ちないよう、木の枝や幹に掴まりながら下ったが、「こういうところは私の十八番」とするところである。しかし10分ほど下ったところで落ち葉に隠された道を見失い、急坂の中トラバースを繰り返しながら道を探すが見つからない。結局尾根を間違えて10分ほど下ってしまい、気付いて元の位置に登り返すまで30分ほどロスしてしまった。正規ルートの落ち葉の中に横たわる「四十一丁石」を見ると安堵した。急坂を少し下ると12〜3人のパーテイが登ってきて驚いた。更に驚いたのはパーテイの中に知り合いの方がいたことだ。

「急坂での滑落に気を付けてね」とアドバイスした。「三十一丁石」の大山祇の祠まで下れば一安心、後は緩んだ参道をゆっくりと下った。


鬼ヶ城神社奥の院が立つ山頂

天龍峡

2014年11月8日

天龍峡遊歩道を散策し景観を楽しんだ


天竜峡・36伊那谷豪雨の氾濫水位の標識


遊覧船が行く天竜峡


展望台からの眺め

山行の記録に戻る