達磨山 ダルマヤマ 標 高 1429m 山 域 上田市
登 山 記 録
登山月日 2017年12月20日
登山経路 真田氏本城址9:20〜送電鉄塔10:10〜達磨山11:45/12:30〜分岐〜達磨堂14:00〜本城址14:50
行動時間 登り 2時間25分 下り 2時間20分 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 水沼さんと二人
情   報
アクセス 真田本城址まで舗装道路
トレイル 雑木林の急登・岩場・痩せ尾根もあるがバリエーションに富んだ快適トレイル
水場・トイレ 山中沢水取れるが飲用は?登山口に快適toilet飲料水取れる
その他 達磨山と言う山名は国土地理院の地形図にも記載無い
山行記


達磨山山頂


達磨堂の岩窟・北Alpsの展望

山友水沼さんとの2017年の忘年登山である。
真田氏本城跡の登山口は昨年の真田丸ブームで、観光客用に駐車場や公衆toiletが整備されていて、場違いの雰囲気である。
登山道は林道を進み、石灯籠がある終点から本格的登山道になり、樹林の中を登って送電鉄塔に着いた。展望が開け一息入れるには格好の場所である。送電鉄塔からは雑木林の中の急登が続いていて、所々に大岩も見ることが出来る。急登を凌ぐと尾根に出て遠く北アルプスの全容が開けていた。ここも絶好の休憩ポイントである。稜線上は小さなアップダウンを3度ほど繰り返し岩場や痩せ尾根もあって里山とは思えないような風情を楽しむことができる。少し雪の残る山頂には真田本城跡から2時間半ほどかかって登り着いた。山頂の反対側にも登山づは伸びていたがどこに続いているかはわからなかった。
快晴無風の山頂で昼食摂りながら1時間ほど休憩した。
雑木林の急坂では足を突っ張りながら送電鉄塔に下ったが登りにかかなかった汗をかきながら下った。送電鉄塔を少し下った達磨堂分岐から修行僧が座禅を組んだという岩窟の達磨堂まで足を延ばした。


登山口の真田本城址から見る根子岳・四阿山

山行の記録に戻る