小海町・北相木村・南相木村


阿登久良山 アトクラサン 標 高 1241m 東信の里山 山 域 小海町
登 山 記 録
登山月日 2020年10月11日
登山経路 林道茂来線7:20〜阿登久良山7:30/7:35〜林道7:45
行動時間 登り 10分 下り 10分 合計 25分 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス 小海町一ノ沢からの林道茂来線は舗装道路
トレイル 薄い藪の中尾根伝いに踏み跡ある
水場・トイレ
その他
山行記


阿登久良山山頂


カーナビを阿登久良山にセットして走ると、R141小海町の馬流橋で千曲川を渡って一ノ沢への地道に入り、笠原を過ぎて一ノ沢付近で林道茂来線に案内された。細いながらも舗装された林道を1キロほど走ると峠状態に着き阿登久良山がカーナビに表示された。峠付近は道幅も広く車を停めるには支障が無かった。
長靴履いて付近に踏み跡・赤布を探したが見当たらないので適当に草の被さる山中に入り、すぐに尾根に乗ると薄いながらも踏み跡が有った。尾根を忠実に歩いて岩場を超えると林道駐車地点から10分ほどで阿登久良山山頂に着いた。樹木には立派な手製の山名プレートが付けられていた。


大通嶺 ダイツウリョウ 標 高 1496m 東信の里山 山 域  
登 山 記 録
登山月日 2020年10月11日
登山経路 よしんだ峠9:45〜岩場〜大通嶺10:40/10:50〜(ロスタイム約1時間)〜よしんだ峠12:50
行動時間 登り 1時間25分 下り 2時間 合計 3時間05分 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス よしんだ峠までは小海町の山頂うを走るが舗装道路
トレイル 完全藪山もアカマツ林・岩場にはそれなりのルートが有った
水場・トイレ
その他
山行記



大通嶺山頂


よしんだ峠・岩場に道を探す



登山口のよしんだ峠を探すのに時間がかかってしまった。峠付近の野菜畑の農夫によしんだ峠を確認して車を停めた。すぐに獣除けのゲートが有り中に入り薄い踏み跡を追ったがすぐに草木の被さる中で消えていた。シダの茂る谷地を少し歩いて張り出したアカマツの尾根にとりつくと尾根上には薄い踏み跡が有った。踏み跡を追うと岩場に出て見上げると数十mはあろうかと云う岩壁が聳えていた。踏み跡を離れて岩場に取り付き割れ目に道を探したが危険地帯で安全な道が無い。いったん下って登り場所を探したがなかなか見つからず適当に岩場の割れ目にとりつくとそれとなく人の歩いた跡が有ったので灌木に掴まりながら岩場をよじ登り岩場の上部に出ることが出来た。岩場の上部は続林が続いていてすぐに尾根に着いた。尾根上でGPSで大通嶺の位置を確認して30分ほど尾根を歩いて大通嶺の山頂に達した。大通嶺には三角点が無くアカマツに見慣れた手製の山名プレートが付けられていた。
しばし休憩の後往路を下り、岩場では滑落に気を引き締めて下りよしんだ峠にはわずかな場所に来たのであるがシダの谷地で往路を踏み外して下りすぎてしまい、最後はGPS頼りによしんだ峠に戻ったが、峠の反対側のピークに上り上げる羽目になり約1時間ほどのアルバイトを強いられた。



新三郎岳   標 高 東信の里山 山 域 北相木村
ぶどう岳   標 高 山 域
登 山 記 録
登山月日  
登山経路  
行動時間 登り 下り 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候  
メンバー  
情   報
アクセス  
トレイル  
水場・トイレ  
その他  
山行記




    標 高 東信の里山 山 域  
登 山 記 録
登山月日  
登山経路  
行動時間 登り 下り 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候  
メンバー  
情   報
アクセス  
トレイル  
水場・トイレ  
その他  
山行記



    標 高 東信の里山 山 域  
登 山 記 録
登山月日  
登山経路  
行動時間 登り 下り 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候  
メンバー  
情   報
アクセス  
トレイル  
水場・トイレ  
その他  
山行記



山行の記録に戻る