有明山・鍬ノ峰・白沢天狗山

日本二百名山 有明山 アリアケヤマ 標 高 2268m 山 域 北アルプス


山頂の鳥居

登山月日 2001年9月22日
登山経路 中房温泉9:40〜有明山12:40/14:10〜中房温泉16:40
行動時間 登り3時間 下り2時間30分 合計7時間(休憩1時間30分含む)
天  候  曇
メンバー 親子二人連れ

情  報

アクセス 中房温泉線終点有明荘から
トレイル 急登に次ぐ急登 足場悪い 落石危険注意
水場・トイレ 登山口から先にはない
その他 下りたら有明荘の温泉で汗流せる
山行記

松川村の馬羅尾(バロオ)高原から目指しましたが何処を探しても登山口案内が見当たらない。
登山道崩壊により閉鎖中のようです。急遽変更して中房温泉に向かいました。
時間が遅かったせいか中房温泉駐車場は、燕岳登山者で満杯の様子、随分と手前に車を停める事にまりましたが、これが正解のようで登山口の村営有明荘のすぐ前でした。
登山口からしばらくは良く整備された道を中房温泉分岐まで進みますが、整備されているのはそこまでで、そこから先は滑りやすい笹薮の中、胸を突くようなの急登をロープにつかまり、木の根を頼りに高度を稼ぎます。笹薮を越えてトラバースを繰り返しますが、頭上には降りかかるような岩場が迫り、落石の恐怖を感じました。尾根道に出ると傾斜も緩み、乳白色のガスの中の山頂へ。
安曇野の最高の展望を期待してきたのにがっかりでしたが、北岳〜中岳越えて山頂神社の前に立つと安曇野の鎮守様の風情がしっかり残っていて、楢山節考の姨捨山のようでした。
幽玄的な山頂でたった二人だけで1時間半も過ごすと、今年の夏の山行の思い出が蘇り、オヤジはムスコを頼もしく思い胸を熱くするのでありました。
下りも二人だけの足音しか聞こえない中、何回も足を滑らしながら、ゆっくりゆっくり下りました。
この山であった人は4パーティー7人でした。
登山口に有る村営有明温泉で汗を流して、餓鬼岳に向かうべく、大町に移動しました.。

 


鍬ノ峰 クワノミネ 標 高 1623m 山 域 大町市
登 山 記 録
登山月日 2016年10月2日
登山経路 仏崎観音寺7:40〜鐘衝堂7:50〜鍬ノ峰11:00/12:10〜常盤登山口13:10
行動時間 登り 3時間20分 下り 1時間 合計 5時間30分 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 村重さん・水谷さん・rommyさん
情   報
アクセス 観音寺まで舗装道路・常盤登山口までも舗装された林道
トレイル 一部笹藪被さるところもあるが概ねよく踏まれた快適トレイル
水場・トイレ 観音寺登山口に水・toiletある
その他 大町市西方にある北アルプス前衛の山
山行記


仏崎鐘衝き堂登山口


鍬ノ峰山頂

仏崎の登山口観音寺は大町運動公園の少し先であった。2回ほど走った大町マラソンのCOURSEに脇にあって懐かしいばかりである。
村重さんの車を鍬ノ峰の反対側の「常盤登山口」にデポし、3人が乗る車で私の待つ仏崎登山口に着いた。登山口は鍬ノ峰標識はなく「鐘衝き堂登山口」となっていて獣除けのゲートを開けて入って行く。少し急坂を登りきると大きな梵鐘が下がる鐘楼があった。標高50mほど上がった高台で鐘の音が遠くまで届くようにと設けられたものと思う。またここまで登らなくても鐘が衝かれるようにリモコン装置が付いていて興味深かった。
鐘衝き堂まではしっかりした道があったがそこから先は少々荒れた道になっていて急登が続いていた。急登を登りきると1296m標高点で尾根は大きく左に方向を変えていた。踏み跡は鮮明だが雑木や笹藪も被さる尾根道が続き1526m標高点に着いた。1526m標高点からは露を含んだ笹藪被さる煩わしい道を少し下ってわずかに登り返すと鍬ノ峰山頂であった。草露でズボンや登山靴はびしょ濡れである。笹原が切り開かれ明るい山頂からは天気が良ければ展望が開けていることが分かるが、周囲はガスで展望が得られなかったのは残念である。久しぶりに同行登山を楽しんだ気の置けない仲間で山談義に花が咲き1時間以上も山頂ステイを楽しんで山頂を後にした。
下山は常盤コースに下ったが一部岩稜帯もあったが急坂の連続で1時間ほどで登山口に下り着いた。デポしてあった車で仏崎に戻り観音寺を見学して、再会を約してお別れした。



鍬ノ峰山頂と下山した常盤登山口


仏崎観音寺
「犀川をせき止めていた山清路の岩山を穿って安曇平野を作ったと云う泉小太郎伝説の寺」


白沢天狗山 シラサワテングヤマ 標 高 2036m 標高2000m超峰 山 域 北アルプス前衛
登 山 記 録
登山月日 2017年10月8日
登山経路 爺ヶ岳スキー場駐車場7:00〜ゲレンデトップ7:50頃(ロスタイム約1時間30分)〜登山道入口8:50〜山頂稜線12:05〜天狗山山頂12:35/13:05〜稜線下降点13:30〜登山道入口15:15〜駐車場15:35
行動時間 登り 5時間35分(ロスタイム約1時間30分) 下り 2時間30分 合計 8時間15分 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス 爺ヶ岳スキー場まで問題なし
トレイル 標高1500m付近までは刈り払いされているがその先は腰丈の笹が被さる尾根の急登が続き、山頂稜線は木の根絡まる岩稜交じりで最後は大きく切れ落ちるキレットを超える
水場・トイレ 登山口に自販機レストランあるtoiletはスキー場の物で普段は閉鎖か
その他 山麓から見上げると楽勝に見えるが結構登りがいがある山
山行記


白沢天狗山山頂と後方の爺ヶ岳


木の根絡まる山頂稜線と山頂直前のキレット


稜線直下の梯子場と登り着いた稜線から見る爺ヶ岳

爺ヶ岳スキー場に車をつけるとモトクロスの「WEX爺ヶ岳」の大会で大勢のバイク野郎が集っていた。
リフト脇の管理道路を歩きリフトトップに着くと「白沢天狗山」の標識があった。案内看板に従ったつもりであるが、先行する3人組に釣られて後に続いてしまいスキー場のゲレンデトップまで来たがその先に登山道は無かった。先行の3人組はキノコ採りであろうか姿は見えなかった。スマホで山行記録を見て、ゲレンデ途中に天狗山に続く登山道があることを確認した。8時にモトクロスの大会が始まり轟音に包まれるゲレンデを下って登山道に入った。行動開始から既に1時間50分ほど過ぎていたので1時間半近くのロスタイムである。
登山道は刈り払いされていて快適に高度を上げて行くが、標高1500m付近の「ブナコブ林」から先は刈り払いされていなく、腰丈の笹が登山道に被さっていた。笹をかき分けながら尾根を直登する登山道は急登の連続で、随所にロープも下げられていた。何とか踏ん張って山頂稜線近くまで来ると、岩稜帯となって朽ちた梯子がかけられていた。慎重に2カ所の梯子場を登りきって山頂稜線に登り着くと爺ヶ岳の雄姿を見ることができた。すでに正午過ぎで少々焦りを感じたが、木の根絡まる岩稜交じりの稜線を山頂に向かう。山頂直前は大きく切れ落ちたキレットになっていて、アルミ梯子が2基懸けられていた。アルミ梯子を下ってキレットを回り込み最後は草付を緩く登って白沢天狗山の山頂に立った。
山頂からは爺ヶ岳や針の木岳方面の展望を期待していたが樹林に阻まれてそれほどの展望ではなかった。眼下に見えるはずの爺ヶ岳スキー場もガスに阻まれて展望は今一ではあった。30分ほど昼食休憩を取って山頂を後にした。下山は急坂を足を踏ん張りながらも転げ落ちるように下って2時間半ほどでスキー場の駐車場に下った。


爺ヶ岳スキー場から見る白沢天狗山

山行の記録に戻る