北Alps前衛の山
(雨引山・唐沢山・富士尾山・浅川山・角蔵山)

雨引山 アメビキヤマ 標 高 1371m 山 域 北Alps前衛
唐沢山 カラサワヤマ 標 高 1575m 山 域
登 山 記 録
登山月日 2019年11月23日
登山経路 馬羅尾高原雨引山登山口8:00〜雨引山9:40/10:00〜下山道分岐〜送電鉄塔「#36」10:20〜唐沢山11:50/12:20〜鉄塔13:10〜雨引山登山口14:00
行動時間 登り 下り 合計 6時間 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス 馬羅尾高原キャンプ場の先登山口まで狭いながらも舗装道路
トレイル 雨引山登山道はよく整備されているが唐沢山は笹原や岩場の急登に赤布を追う
水場・トイレ 馬羅尾キャンプ場にtoilet水場ある
その他 里山と岩山の醍醐味をを味わうことが出来る
山行記


里山風情の漂う雨引山山頂



松川村の馬羅尾高原キャンプ場の休養施設の林遊館に駐車して登山道に入ろうと思ったが、登山口の近くに駐車スペースがあったので車を停めた。雨引山登山口には「最初は急登が続くのでゆっくりと」の看板も立っていた。登山道に入ると杉林の中、看板通りの急坂が続いていたが、しっかりとジグザグ切って有り、距離も時間もそれほど苦になるほどではなかった。尾根に登りつくと送電鉄塔が立っていて、その先にも鉄塔巡視路を兼ねた快適トレイルが続いていた。やがて巡視路を分けた登山道は小さなピークをいくつか踏みながら尾根を忠実に進む。大岩が現れ巻く道もあり、ロープの下がる急坂や崩壊地の縁を進む所もあったが危険を感じるほどではない。大きな目印となるコメツガの大木を見て下山道分岐に着き、最後は少し傾斜の増した登山道を歩いて雨乞い神社の鳥居が立つ雨引山山頂に着いた。
山頂は絶好の展望台で眼下に松川村や池田町が広がっていたが、周囲の山々には雲がかかっていたのは残念であった。それでも後方の鹿島槍ヶ岳が白く輝いていた。軽食とりながらしばし休憩の後往路を下り、下山道分岐から下山道に入り東京電力高瀬線の兄妹鉄塔#36に下った。まだ時間も早いので送電鉄塔から唐沢山に登ることにした。
唐沢山への道は送電鉄塔の一角から笹薮の中に続いていた。背丈ほどの笹薮を突破すると腰丈から膝丈に変わり、薄いながらも笹の下に踏み跡がついていた。やがて急登の尾根を直登するようになり、笹をつかみながら高度を上げて行く。笹原を過ぎると樹林帯に入り岩場が連続するようになった。唐沢山の核心部の尾根直登は巨岩を縫うように赤布を追って高度を上げて行き、勾配が緩むと山頂稜線に出て再び低い笹原の道となった。山頂稜線を20分ほど進んで最後は巨岩に突き当たり、巨岩を巻くようにして後方から唐沢山山頂を踏んだ。唐沢山の山頂には巨大な岩峰で山頂には登れなかった。岩峰の風穴をくぐって前門に出てランチ休憩を取った。ランチ休憩の後は滑落道迷いに気を付けながら慎重に急坂を下った。巨大鉄塔からは下山道を道標に導かれながら歩いて登山口に下った。




岩場の急登を直登して巨岩の唐沢山山頂へ


富士尾山   標 高 日本の山1000 山 域  
登 山 記 録
登山月日  
登山経路  
行動時間 登り 下り 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候  
メンバー  
情   報
アクセス  
トレイル  
水場・トイレ  
その他  
山行記




浅川山   標 高 日本の山1000 山 域  
登 山 記 録
登山月日  
登山経路  
行動時間 登り 下り 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候  
メンバー  
情   報
アクセス  
トレイル  
水場・トイレ  
その他  
山行記




角蔵山   標 高 日本の山1000 山 域  
登 山 記 録
登山月日  
登山経路  
行動時間 登り 下り 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候  
メンバー  
情   報
アクセス  
トレイル  
水場・トイレ  
その他  
山行記



山行の記録に戻る