信越トレイル
天水山 アマミズヤマ 標 高 1083m 信越トレイル 山 域 信越
三方岳 サンポウダケ 標 高 1139m 信越トレイル 山 域 信越
登 山 記 録
登山月日 2018年8月1日
登山経路 深坂峠9:45〜三方岳10:10/10:15〜天水山11:05/11:40〜三方岳12:40〜深坂峠13:15=車=野々海池
行動時間 登り 1時間20分 下り 1時間35分 合計 3時間30分 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 𠮷川さんと
情   報
アクセス 深坂峠まで舗装道路 新潟県側には抜けられない
トレイル 樹林帯の中よく整備された快適トレイル
水場・トイレ 山中には水場ないが深坂峠付近小テントサイトで水取れる toiletは無い
その他 信越トレイルの北の起点
山行記


深坂峠から見る新潟県側と天水山


三方岳と信越トレイルの銘板


ブナの巨木の中を歩いて天水山へ

新幹線飯山駅で𠮷川さんと合流しR117を栄村に走った。飯山線平滝駅から狭いながらも舗装された道路を10キロほど走ると山上湖の野々海池分岐について、さかえ倶楽部スキー場からの道が合わさっていた。あまり利用されてはいないと思われる寂れたキャンプ場を過ぎると天水山への登山道入り口の信越国境の深坂峠であった。峠の先に道は延びていたが砂利道でゲートがあって通行止めであった。峠からは天水山方面がよく見えた。峠の長野県側に駐車スペースがありその先には信越トレイルのテントサイトへの案内看板も見えた。右肩の腱を傷めている吉川さんは大きなウェストコーチを腰に付け、私は軽荷のザックを担いで登山道に入った。登山道は緩く登って行きすぐに稜線に出て草原上を行く。30分もかからずに三方岳の三角点い到着した。給水した後は三方岳を下って雑木林の中アップダウンを繰り返しながらの快適トレイルを行く、所々に樹木の幹に「信越トレイル」の小さな銘板が取り付けられている。天水山に近付くころになるとブナの巨木の中の登山道に代わり深山の雰囲気が漂っていた。最後は少しの急登を凌いで天水山に登り着いた。山頂らしからぬ天水山であるが6本の株立ちのブナの巨木が印象的で、ここが信越トレイルの北の起点である。軽食をとりながら暫し休憩の後往路をゆっくりと戻った。正午頃には気温上昇し汗びっしょりかいた。1000mをわずかに超える信越トレイルはやはり真夏に歩くコースではない。秋には関田峠から深坂峠まで歩こうと思う。

深坂峠から野々海池の堰堤に回って野々海池を見ることができた。登山で長野県内を隈なく回っているいるがこの辺りは初めて出会って新鮮な感動を覚えた。


山上の人造湖野々海池

山行の記録に戻る