大桑村の里山
城山 ジョウヤマ 標 高 中信の里山 山 域 大桑村
登 山 記 録
登山月日 2021年5月12日
登山経路 牧場入口11:00〜1044mピーク〜城山11:40/11:55〜牧場入口12:30
行動時間 登り 40分 下り 35分 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス 大桑村「のぞきど森林公園」の入口付近から分岐する「牧場」への道は2.5キロほど荒れた砂利道
トレイル 牧場最高点に登り牧柵沿いに歩いて正規登山道に合わさった
水場・トイレ 牧場付近にtoilet水場は確認できなかった
その他 牧場は冬季閉鎖中であったので入場できたと思う
山行記


岩場の上の城山山頂


 
牧場最高点の御料局三角点・牧柵沿いから山頂に続く登山道




南木曽町の高曽根山を下りて上山沢砂防ダムから中山道古道と交わり山中の細い道路を野尻に下る途中に「のぞきど森林公園」への道が右に分岐していた。その手前100mほどに左に分岐する道が有り、入口には「北名古屋市民の森」が立っていた。一度はここを通り過ぎて野尻のR19まで下ったが途中に「牧場」へ向う道が無いので5キロほど戻って北名古屋市民の森に向かった。
分岐〜300mほど走ると荒れた砂利道に変わり、道路脇の駐車スペースには山菜採りと思われる車が停まっていたのでそのまま分岐地点から3キロ近く走ると峠状態に着いた。峠に牧場への道が分岐していて道路脇には岐阜ナンバーの車が2台停まっていた。GPSで確認すると、ここが牧場入口であることが確認できた。岐阜ナンバーの車の脇にに車を停めて牧場に向かう。駐車場所からわずか100mほど先に牧場のえさ場と思われる畜舎が有り、その先は牧柵で仕切られていた。牧柵沿いを少し歩くと芝生に寝っ転がる人がいるので声かけると驚いたように飛び起きた。「牧場の奥の城山に登りに来た」と話すと牧柵の有刺鉄線を広げて中に入れてくれた。私はてっきり牧場関係者と思ったが岐阜ナンバーの山菜採りの方であった。「牧場は5月20日頃の会場らしい」と談笑の後牧草地を適当に登って尾根に着き牧柵沿いに歩くと1044mピークで御料局三角点が有った。ここでもGPSで城山を確認した後更に牧柵沿いを歩いて進むと牧柵の外に何処からか来たしっかりした登山道が見えた。牧柵を潜って登山道に出る。登山道は付近の送電鉄塔巡視路を兼ねているようで送電鉄塔からは前衛のピークを超えると踏み跡薄くなり一旦城山の麓の沢に下ってスギ林の中赤布を追うようになる。大きな岩場が現れ100mほどの絶壁を見て岩峰を登りきると城山山頂であった。ここに城が有ったとは思えず、「のろし台の山ではないだろうか」と思いながら休憩した。往路を戻り駐車地点に来ると岐阜ナンバーの山菜採り氏が売るほどワラビが採れたと意気揚々引き上げてくるところであった。荒れた細い道を対向車が来ないことを祈りながら慎重に下った。


阿寺山   標 高 信州の里山 山 域  
登 山 記 録
登山月日  
登山経路  
行動時間 登り 下り 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候  
メンバー  
情   報
アクセス  
トレイル  
水場・トイレ  
その他  
山行記




井出の小路山   標 高 信州の里山 山 域  
登 山 記 録
登山月日  
登山経路  
行動時間 登り 下り 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候  
メンバー  
情   報
アクセス  
トレイル  
水場・トイレ  
その他  
山行記




砂小屋山   標 高 信州の里山 山 域  
登 山 記 録
登山月日  
登山経路  
行動時間 登り 下り 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候  
メンバー  
情   報
アクセス  
トレイル  
水場・トイレ  
その他  
山行記




飯盛山   標 高 信州の里山 山 域  
登 山 記 録
登山月日  
登山経路  
行動時間 登り 下り 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候  
メンバー  
情   報
アクセス  
トレイル  
水場・トイレ  
その他  
山行記




大鈴山   標 高 信州の里山 山 域  
登 山 記 録
登山月日  
登山経路  
行動時間 登り 下り 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候  
メンバー  
情   報
アクセス  
トレイル  
水場・トイレ  
その他  
山行記




    標 高 信州の里山 山 域  
登 山 記 録
登山月日  
登山経路  
行動時間 登り 下り 合計 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候  
メンバー  
情   報
アクセス  
トレイル  
水場・トイレ  
その他  
山行記




山行の記録に戻る